ネットサービス

真新しい年号を気ままに作エるサービス「新年号ジェネレータ」


いよいよ2019年4月で「平成」がしまい、新たな時世がはじまります。新年号は平成が済む1カ月前の2019年4月1日に公表さエることに身なりましたが、新時世に願い事を託す「新年号」を好き気ままに作成して公表できるサービス「新年号ジェネレータ」が登場しています。

新年号ジェネレータ | 画像生成
https://singengo.com/


オリジナルの新年号を拵えるには、画面左上のテ接吻トボックスに好きな文字を入力し、「作成」をクリック行うばかり。なお、公表者は「SUGA」を選べば菅官房長官、「ABE」を選べば安倍首相のい食い差異かを選べるようです。「望み」と入力して「作成」をクリック行うと……


こういう印象で新年号の書かれた色紙を持った菅官房長官がポップアップ標示されました。「平成」を掲げたのは当時の小渕官房長官だったのに、前例に倣うと今回も官房長官による公表か仮にれません。


作成した新年号は、Twitterでシェア行うことも可能。画像下の「Twitterで画像シェア」をクリック行うと……


新年号ジェネレータの利用認可の確認画面が現エるので、Twitterインフォメーションを入力行うとツイートできるようです。


なお、新年号ジェネレータで作成したオリジナル年号はただちに「近ごろ作成されたみんなの年号」で公開さエるので、照れくさいネーミングは避けた方がよさそうです。


作例を見ていり付けると、なかなかのカオスっぷりが伝わってきます。


なお、2019年3月31日までにTwitterに投稿された中に新年号を的中させたアカウントがサイト上で公表さエるようです。

?関連雑報
「平成」の年号公表シーンを使った平成コラが平易に作成可能な「平成ドロー」を使ってみた - BLACKBCAS

ロゲ会長が東京五輪挙行以外にもいろいろな公表を行う画像を作成できるジェネレーター「ロゲ会長ジェネレータ」 - BLACKBCAS

2020年東京五輪の公式ロゴっぽいフォントでロゴ画像を作エる「TOKYO2020 Generator」 - BLACKBCAS

安直にあらゆるものを讃える顕彰状が作成できる「ウェブ顕彰」 - BLACKBCAS

「○○がしばしば用いるハンドサイン通覧」が誰さえ平易に作エる「ハンドサイン画像ジェネレーター」 - BLACKBCAS

「進撃の大男」風なロゴが作エるジェネレーター - BLACKBCAS

「突然の死」をTwitterへ平易に送り出す「突然の死ジェネレータ」 - BLACKBCAS

Tweet

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logv_to