ネットサービス

地球上の常識すべての分有を目指してWikipediaの翻訳ツールにGoogle翻訳が追加さエる


人類の財産であるすべての「常識」をオンライン上で分有行うことを目指してWikipediaを経営行うWikimedia Foundationが、Wikipediaで使える翻訳機能にGoogle翻訳を追加したと公表しました。一番優れた翻訳精度を持つといわエる翻訳ソフトのGoogle翻訳がWikipediaの編修ツールでもって利用可能になることで、レアな言語さえ常識が分有さエることが期待できそうです。

You can now use Google Translate to translate articles on Wikipedia – Wikimedia Foundation
https://wikimediafoundation.org/2019/01/09/you-can-now-use-google-translate-to-translate-articles-on-wikipedia/

世界では7000を超える数の言語が使われています。しかし、常識を分有行う場であるジャンボなオンラインエンサイクロペディアのWikipediaで文書でもって用いられていり付けるのは約300言語にとどまり、全部の4%しかバックアップできていぬ状態だとのこと。例えば、4億2000衆人の話し手を抱くアラビア語でさえ、インターネットコンテンツ全部の3%でしか利用できぬ状態であり、1200衆人以下の話し手がいり付けるズールー語では、ごく一部のコンテンツしかインターネット上に公開されていぬのが現状だそうです。

by Pernilla Rydmark

世界中のすべての人にただで常識を提供行うことを目標と行うWikimediaは、言語で隔てられた壁を取り除く精励を続けており、その中で翻訳ツールが大事な役割を持っています。Wikipediaの雑報編修者は「コンテンツ翻訳ツール」を利用行うことができ、編修者が雑報をまず第一に全部を大雑把に中身を把握行う編修前のたたき台でもって利用されています。

コンテンツ翻訳ツールではApertiumなど複数の翻訳ツールのサポートで106の言語がサポートされていましたが、新たにGoogle翻訳が追加さエることに身なりました。Google翻訳の追加で、ハウサ語、クルド語、ヨルバ語、ズールー語など15言語が追加サポートさエるとのこと。なお、Google翻訳はGoogleで無償提供され、Google翻訳ツールを利用して編修されたWikipediaの雑報も他の雑報と同様の扱いを受けます。


Google翻訳ツールの追加に関してWikipediaは「Content translation/Machine Translation/Google Translate」といった、しばしばある質問に答えたページを公開しています。

Content translation/Machine Translation/Google Translate - MediaWiki
https://www.mediawiki.org/wiki/Content_translation/Machine_Translation/Google_Translate

その上よるとGoogle翻訳ツールを利用した編修者の個インフォメーションがGoogleに採集さエることいったのはぬとのこと。Googleによるインフォメーション採集に対行う恐れに対応行うのにに、WikimediaはGoogle翻訳の利用契約をなんどきさえ破棄行うことが可能であり、契約期も1年間で契約完了時に再評価さエると述べています。

?関連雑報
Google翻訳の対応言語が100カ国を突破、オンライン人口の99パーセントをバックアップに - BLACKBCAS

Wikipediaがイギリスで一番古臭いタブロイド紙「Daily Mail」を「信頼できぬインフォメーション源」に行う - BLACKBCAS

Google翻訳のAIは独自の「半ば言語」を習得して「勉強してぬ言語間の翻訳」すら可能なステップに突入 - BLACKBCAS

逆翻訳を利用してAIをバイリンガルに行う真新しい翻訳技能が開発中 - BLACKBCAS

Wikipedia創立者ジミー?ウェールズがフェイクニュースと戦う「Wikitribune」を立ち上げる - BLACKBCAS

AIに常識を叩き込み合うのにに「Wikipediaを読ます」と究める者 - BLACKBCAS

Tweet

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by logv_to