ソフトウェア

「Unityが突如利用規約を改定して開発ツールがブロックされた」とSpatialOSの開発元が力説


大半の遊戯で採用されていり付ける遊戯エンジンUnityが、突如利用規約を改定して特定の開発ツールをブロックしました。その上より、「SpatialOS」と呼ばエる開発ツールを利用していり付ける遊戯は影響を受ける蓋然性が暗示されました。

Unity’s block of SpatialOS - Improbable
https://improbable.io/company/news/2019/01/10/unity-blocks-spatialos

Unity refutes allegations, explains why it suspended a tool creator’s licenses [Update 2] | Ars Technica
https://arstechnica.com/gaming/2019/01/unity-engine-tos-change-makes-cloud-based-spatialos-games-illegal/

Improbableが提供行うSpatialOSは、リアルタイムマルチプレイヤー遊戯をクラウドプラットフォーム上で構築行うのにのツールです。このSpatialOSは、いわゆるMMOと呼ばエる同時に大半のユーザーがアクセスして遊ぶタイプのオンライン遊戯が手軽に構築できるようになる、といったことで人気を集めました。


しかし、このSpatialOSと遊戯エンジンのUnityを組み締めて作られた遊戯は、Unityの利用規約に違反していり付けるとImprobableが公表し、遊戯開発者の間で大きな錯綜が巻き起こっています。

Unity’s block of SpatialOS - Improbable


オープンベータ版が2017年にリリースされて以来、SpatialOSはクラウド上で提供さエる遊戯にMMOでもっての機能を手軽に統合できるツールでもって大半の開発者に親しまれてきました。しかし、Unityが突如「SpatialOSは利用規約に違反行う」でもって、Unity上でSpatialOSが機能しぬようにブロックを始めたのに、開発にSpatialOSを採用していた遊戯には「影響が出る」とImprobableは力説しています。

SpatialOSが違反していり付けるといったのは、Unityが新たに更新した2章4節「2.4 Streaming and Cloud Gaming Restrictions.」です。この節では「クラウド再びはリモートサーバー上でUnityランタイムをインストール再びは実践行うこと」および「クラウドインフラストラクチャー上で実践されていり付ける管轄対象サービス」をオミットしています。

この利用規約は2018年12月5日に更新されたもので、Unityは2019年1月になって「以前はUnityさえImprobable(のSpatialOS)のようなサービスが利用可能でしたが、他のエンジン同様、Unityのエンジンで機能行うことを認可しません」と、ImprobableのSpatialOSを積もり的にブロックしたことを本式に認めています。

突如UnityにブロックされたSpatialOSにつき、Improbableは「Unityの利用規約の改定により、Unityを利用してSpatialOSの遊戯を操作再びは作成行うこといったのは、開発およびプロダクション遊戯を含め、事実上規約違反と身なります」と自社サイト上で解説しています。なお、対象となる遊戯の中にはVRMMO遊戯の「MetaWorld」や、イギリスの遊戯開発カンパニーであるBossa StudiosによるMMO遊戯「Worlds Adrift」などが含まれています。

Worlds Adrift Early Access Release Trailer - YouTube


利用規約の改定が行われてに、Improbableは決着策を詮索行うべくUnityと能動的に協議していり付けるでもっています。しかし、SpatialOSをUnityと連携さすのにのライセンスキーが雑報作成時点では無効にされてしまっていり付けるとのこと。

Improbableは「Unityによる利用規約の改定は一夕にして脆弱再びは小規模な開発者を収める業界全部のプロジェクトに多大な損害を与え、長年にわたって開発中の主要プロジェクトにも損害を与えた」と、Unityを批判。さらに、「次年代のオンラインマルチプレイヤー機能を提供行うのににSpatialOSを利用してきた遊戯は、既に遊戯エンジンが決まっていり付けるのに危機な状況にさらされていり付ける」と訴えています。それから、Improbableはあくまさえ「SpatialOSとUnityの組み合わせで遊戯を完成?リリースさせらエるようにベストを注ぐ」としつつ、最終手段でもって遊戯開発者が「Unityに別の遊戯エンジンへ移植行うことを支援行う」とまで述べています。

SpatialOS for Games - Overview - Improbable


対行うUnity側は、Improbable側の「SpatialOSがUnityにブロックされた」といった力説を本式に否認。ImprobableのUnity Editorライセンスキーはストップしたものの、「SpatialOSを利用して開発された遊戯」および「SpatialOSを利用して開発中の遊戯」のい食い差異も影響を受けることいったのはぬ、と公式ブログ上で明言しています。それから、Improbableが利用規約に違反していたでもっても、遊戯開発者側がその損害を浴びるべきではぬ、とSpatialOSで開発された遊戯が影響を受けていぬ訳につきも解説しています。

Our response to Improbable’s blog post (and why you can keep working on your SpatialOS game) – Unity Blog


Unity側の力説によると、Improbableは独自のツールの開発?販売におけるマーケティングに際して「Unityの技能や名前を不当かつ不適切に利用した」とのこと。その上ついてUnity側は1年以下前にImprobable側に「EULAに違反行う」と通告しており、6カ月前には書面さえ違反につき通告したそうで、「Improbableは何カ月も前に利用規約の違反につき認知しており、急にブロックされて驚いたなどといった状況はありえぬ」でもっています。

なお、SpatialOSを使って遊戯の開発を進めていたBossa Studiosのマーケティング責め者であるDaniel King氏は、「我々の最優先項目はプレイヤーです。バックグランドで起きていり付けることいったのはすべて我々の制御のおよばぬところさえあります。それから、現時点ではWorlds Adriftは通常通り身動きしています」とMCVで語っています。

加えて、Bossa StudiosはWorlds Adriftのユーザーに向けて「Improbable(Worlds Adriftサーバーを保つ技能であるSpatialOSのメーカー)とUnity(遊戯自体を作成行うのにに利用されたエンジン)の間で状況が発展していり付けることがはっきりになったところです。詳細はいまだにまばらです」と、UnityとImprobableの間で問題が生成していり付けることを通知しています。


?付記 2019/01/18 17:45
Unityは2018年12月5日に利用規約(TOS)を更新してImprobableへの対応を明確にしましたが、コミュニティに「エンドユーザー利用許諾契約書(EULA)/利用規約(TOS)の制約が厳しすぎる」といった声が挙がったことを明かし、再びTOSをの第2.4項を更新したことを明かしました。その上より、デベロッパーはUnityに統合さエるいかなるサードパーティのサービスも利用できるように身なります。元よりサードパーティーのサービスにはUnityがサポート行うものもあればサポートしぬものもあります。再び、このTOSの更新によりImprobableはTOS違反には当てはまらなく身なり、ライセンスも回復可能となるようです。

更新した利用規約、それからオープンプラットフォームであることへのコミットメント – Unity Blog
https://blogs.unity3d.com/jp/2019/01/16/updated-terms-of-service-and-commitment-to-being-an-open-platform/

?関連雑報
ロボットが街中を歩むCG画像がリアル過ぎて本物だと信じてしまう人が続出 - BLACKBCAS

GoogleがUnityと提携しオンライン遊戯制反作用のツールを開発中 - BLACKBCAS

Ubuntuが方針を改定、とうとうモバイルOSに撤退してデスクトップは2018年がら年中にGNOME環境に - BLACKBCAS

次年代遊戯エンジン「Unity 5」がとうとうリリース、期待に胸が膨れるリアルタイムレンダリングムービーも公開 - BLACKBCAS

プラグインなしでブラウザ上でUnityで開発した遊戯が身動き可能に - BLACKBCAS

Tweet

in ソフトウェア,   動画,   遊戯, Posted by logu_ii