味見

ジャンボ天然車海老の天ぷらがドンッとのった「ザ?天然車海老天丼」など3ジャンルの期限定メニューを天丼てんやで食べてきた


天丼てんやに早春を先取りり行う時季限定メニューでもって「ザ?天然車海老天丼」「真鱈と白子?白魚の天丼」「黒酢ソース華味鳥天丼」が登場しました。「ザ?天然車海老天丼」は“海老の王様”でもって味に相場のある「天然車海老」を利用した、初登場つつも天丼てんやの覚え作でもって世に送り出された一品だとのこと。リニューアルされた「真鱈と白子?白魚の天丼」「黒酢ソース華味鳥天丼」も含めて3ジャンル全部の天丼を実際に食べてきました。

1月10日(木)、2019年の早春を彩る旬のメニューが登場!「真鱈」を身と白子のWで満喫『真鱈と白子?白魚の天丼』てんや初登場!豊かな旨みと甘味『ザ?天然車海老天丼』九州産銘柄鶏に黒酢ソースが味の決め手『黒酢ソース華味鳥天丼』
(PDF)http://www.tenya.co.jp/release/pdf/info_20181225.pdf

天丼てんやに到達。


目当ての「ザ?天然車海老天丼」「真鱈と白子?白魚の天丼」「黒酢ソース華味鳥天丼」を用命します。


「ザ?天然車海老天丼」(みそ汁付き税込1380円)が到達。丼にこぼれ出るくらいのサイズの天然車エビが2本がドドンとのっています。手前側には、れんこん、おくらの天ぷらがありました。再び、ザ?天然車海老天丼はお持ち帰り道はできぬとのこと。


交通系ICカードと比較行うとこういうサイズ。


箸で天然車海老を持ち上げると、重量感があります。


天然車海老を噛んでみると、プリプリとした弾力のある噛みごたえ。海老ならではの旨味と甘味がズッシリ詰まった天ぷらになっていました。


サクサクのれんこんに……


おくらが丼に彩りを加えていました。


天然車海老は単品での用命も可能ですが、1本あたり650円かかります。そう考えると、天然車海老2本が入って味噌汁も付いて1380円のザ?天然車海老天丼はお得か仮にれません。


「真鱈と白子?白魚の天丼」(みそ汁付き、税込980円)が到達。


真鱈の白子を一口食べてみれば、臭みは一切なく、トロッとクリーミーな白身魚を食べていり付けるような味わいでした。


白身魚の天ぷらはさっぱりとした味わいで、タレにしばしば合います。


白魚のかき揚げは大きめ衣がサクサクした食感ですが、白魚は少なめ。


身がプリプリのほたてと……


真鱈と白子?白魚の天丼にも海老が入っています。れんこんとおくらの天ぷらものせられており、ザ?天然車海老天丼の天然車海老には及ばぬサイズつつ、自己満足感大の丼になっていました。


最後に「黒酢ソース華味鳥天丼」(みそ汁付き、税込690円)が到達。いにしえにレビュー済みの「華味鳥天丼~柚子味噌たれ」のソースが、日本食研と協同開発したといったオリジナル黒酢ソースに変わった一品とのこと。プラス50円で半熟卵がセットにできるので、用命してみました。


大きめの鶏天が2枚入りで、つくね?かぼちゃ?おくらの天ぷらがのっています。


弾力のある噛みごたえの華味鳥に、黒酢ソースがバッチリ合っていました。黒酢ソースは酸っぱさはなく、パクパク食べられます。


とろーり半熟卵と共に噛み分けると鶏感満載の丼を満喫できます。


「ザ?天然車海老天丼」「真鱈と白子?白魚の天丼」「黒酢ソース華味鳥天丼」は以下の店舗をのける全国の天丼てんやで2019年1月10日に2019年3月6日までの期限定で提供されています。

?「真鱈と白子?白魚の天丼」:東京競馬場店?上里SA店。再び、刈谷ハイウェイオアシス近鉄パークハウス店では天丼と弁当のみ販売
?「ザ?天然車海老天丼」「黒酢ソース華味鳥天丼」:東京競馬場店?上里SA店?刈谷ハイウェイオアシス近鉄パークハウス店?羽田空港第1ビル店?第2ビル店

?関連雑報
ピリ辛鍋がグツグツ煮えた状態で満喫できる松屋の「四川風麻婆鍋膳」を食べてきた - BLACKBCAS

「ジャンクの至り」だといった「鬼旬すたみなジャンキー唐揚げライス」を言い伝えのすた丼屋で食べてきた - BLACKBCAS

赤白2ジャンルで復活したすき家の「白髪ねぎ牛丼」、「旨塩ダレの白」と「旨辛ダレの赤」を食べ比べてみた - BLACKBCAS

あとのせパクチーをプリプリの海老&帆立とともに楽しめる大戸屋「海老と帆立の香草レモン鍋定食」を味わってきた - BLACKBCAS

とんかつに濃厚デミグラスソースとチーズがドドンとのった松のや「デミチーズロースかつ」を食べてきた - BLACKBCAS

Tweet

in 味見, Posted by log1k_iy