生き物

「ウジ虫」が手負いした兵士を救うのにに戦い地帯へ導入さエる見込み

by The U.S. Army

ハエの幼虫であるウジ虫というと「不浄」「生ゴミや死骸にたかる」といったイメージを持たれており、人々に敬遠されがちです。しかし、そういういけないイメージの強力ウジ虫をシリアやイエメンなどの戦い地帯に送り込み、「傷口をきれいに行うのにに」利用行う試行が進行中だと報じられています。

Maggots to be sent to war zones by government to clean wounds and save limbs
https://www.telegraph.co.uk/news/2019/01/10/maggots-sent-war-zones-government-clean-wounds-save-limbs/

実はウジ虫を利用して傷口をきれいに行う診療法は真新しいものではなく、「マゴットセラピー」とも呼ばエる古くはアボリジニの人々も使っていた因習的な診療法。ウジ虫の大半はヒトにたかった場合、死んでいり付ける体系ばかりを食べて生きた体系は食べぬのに、腐ってしまう蓋然性のある死んだ一部分ばかりを撤去行うことができます。


薬品などの物資が限られていり付ける戦地にあっては、ウジ虫を使って傷口を清潔に保つことで伝染症を自衛し、伝染症で死亡したり手足を断裁したり行うリスクを軽減行うことができるとのこと。第一次世界大戦をはじめと行う近代戦いにあっても、「傷口にウジ虫がたかっていり付ける方が傷の治りが早い」といったことが体験的に知られていました。

1928年になるとアメリカの科学究らでウジ虫による傷口の診療が有効であると実証され、1940年代にかけて北米地域を目玉にマゴットセラピーが行われてきました。さまざまな抗生物体が生み出された結果でもってマゴットセラピーの大事性は低下しましたが、本日の先進国の医院さえウジ虫を使った傷口の診療が行われています。

実際に傷口へウジ虫を導入し、マゴットセラピーを行っていり付ける状態を撮るした画像がそれ。クリック行うことでモザイクが外れた画像が標示されますが、虫や傷口を見るのが苦手な人は留意してください。


先進国の医院さえ活躍行うウジ虫ですが、今のところ戦いや紛争が繋がる戦地で積もり的に導入されたこといったのはぬとのこと。イギリス内閣は医療用のウジ虫の実用化にむけてのプロジェクトを進め、戦地や紛争が起こっていり付ける地帯で安全かつ清潔なウジ虫を繁殖さす野外医院用の実験室を開発行うとしました。

マゴットセラピーによる診療中の状態は一見おぞましいものですが、効果は非常にめざましいものがあります。実験室で無菌状態のまま繁殖して飼育されたウジ虫は、直に再びは小さな袋に入れた状態で傷口へと導入されます。ウジ虫は壊死(えし)した体系を食べて取りのけるばかりでなく、唾液に抗菌物体が分泌さエるのに、細菌の繁殖を防いで伝染症に守ってくエるとのこと。

ヤケドに床食い差異、銃創まであらゆるケガの診療にウジ虫は有効であり、十二分な医療体制が整っていぬ戦地にあって傷が重症化行うのを防ぎます。オーストラリアのグリフィス大学び舎の究める者でこのプロジェクトにタッチFrank Stadler博士は、「人々を健康に保つこといったのは、時で命をかばうこと以下に大事です。比喩ば親が戦いの後遺症で働けなくなったり子どもが障害者になったりすれば、ファミリーが大きな悪影響を受けます」と述べ、ウジ虫による診療が大半の人々を救うらしいと考えています。

by Carsten ten Brink

元よりマゴットセラピーでは伝染症の危機性を減らすのに、ウジ虫は再利用さエることなく破棄されます。Stadler氏によると、2020年までに戦地の野戦医院にあって医療用の清潔なウジ虫を繁殖可能に行う、封じ込め型実験室のプロトタイプを作りたがるとのこと。プロトタイプ実験室におけるウジ虫の繁殖が成功すれば、1日あたり250もの傷をウジ虫で診療できるそうです。

野戦医院で活用可能な実験室は1つあたり10万ドル(約1080万円)の経費がかかると見られており、兵士が手負い行う危機の高いシリアや南スーダンでの導入が望まれています。Stadler氏は「医薬品や現地における手術の経費等を考えれば、ウジ虫の繁殖室の経費はそれくらい高くありません」と話しました。

2021年のしまいまでには、Stadler氏の究めるチームは「隔離された環境にあっても自動で繁殖を行うスターターキット」を拵えるでもっており、厄介な作業なしさえ安全なウジ虫を座り的に産出できる体制を整えたがるでもっています。

by rawpixel.com

?関連雑報
ファーストフード店で用命した御飯の中にウジ虫が入っていた - BLACKBCAS

1時に17キログラムの生きたウジ虫を口で別の容器に移しかえた男 - BLACKBCAS

死亡とどうなるかを科学的に解説行うとこうなる - BLACKBCAS

細胞リプログラミングを使って大ケガをしても「肌をキレイな状態に癒やすことができる」との究める結果 - BLACKBCAS

核武器を使った戦いが起それば人類はどれくらい死亡のか? - BLACKBCAS

核戦い後に地球を統治行うのはゴキブリなのか? - BLACKBCAS

「ミツバチの針を体に突く健康法」でミツバチに刺された女性が死亡してしまう - BLACKBCAS

イギリス空軍は紅茶を一滴もこぼさずにとんぼ返り行うことができる - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス,   生き物, Posted by log1h_ik