ソフトウェア

Google Chromeに「不適切な広告」を排除行う機能が船積みさエる予定、具体的にどういう広告がNGなのか?


Googleは、ウェブブラウザのChromeに「不適切な広告をフィルタリング行う機能」を船積み行う予定だと公表しました。Chromeの広告フィルタリング機能は2018年2月に北アメリカとヨーロッパで適用されていましたが、2019年7月に全世界のChromeで広告のフィルタリングが可能に身なります。フィルタリング対象となる広告は、広告業界クラブが定めたウェブ広告規格に基づくとのことです。

Chromium Blog: Building a Better World Wide Web
https://blog.chromium.org/2019/01/building-better-world-wide-web.html


2018年2月に、Googleは閲覧者の利便性を無視行うような広告を標示させぬように、一部の広告をフィルタリング行う機能をChromeに船積みしました。この改定は北アメリカとヨーロッパのユーザーが対象でしたが、2019年7月には、世界中のすべての国でこの広告フィルタリング機能が有効となるとのこと。

Googleがウェブの面倒臭い広告を標示させぬように行う改定をChromeに追加 - BLACKBCAS


一部地域でテスト的に導入されていた広告フィルタリング機能が全世界で適用さエるのは、Googleも参画行う広告業界クラブの「Coalition for Better Ads」が、独自のウェブ広告規格「The Better Ads Standards」を世界中すべての国と地域に拡大して適用行うことを2019年1月9日に公表したのにです。

Coalition for Better Adsによると、さまざまな国や地域を対象に調べるを行った結果、ウェブ広告に対行う優先度は国境を越えて費やす者の嗜好が強く一致行うことがわかったそうです。そののに、費やす者に広告ブロッカーの導入を促す蓋然性の高いような広告を能動的に排除行う動きを全世界に展開していくとのこと。


広告につきの調べる結果はCoalition for Better Adsのサイト内で報告されていり付ける他、Googleが以下のムービーでまとめています。

Introduction to the Ad Experience Report - YouTube


広告ブロッキングの拡張機能であるAdblockのユーザーのうち69%がウェブ広告にいらついていり付けることが調べるでわかっています。一部の迷惑な広告ののにに、広告ビジネスが成り立たなくなってしまう恐怖もあるとGoogleは述べています。


そこらで、Coalition for Better Adsは広告を「PC向け」「モバイル向け」の2つに大別。各各を60ジャンル以下に細かく類別した上で、費やす者からみて広告エクスペリエンスが特に低いものを選別しました。


The Better Ads Standardで排除さエるべき広告は全部で12ジャンルが定められています。そのうち、PC向けのウェブ広告は「ポップアップ行う広告」「音声つきのムービーを自動再生行う広告」「画面をバックアップ隠してカウントダウンをしつつ固定刻間強要標示さエる広告」「画面をスクロールしても標示され続ける広告」の4ジャンル。


スマートフォン版のウェブ広告は「ポップアップ広告」「画面をバックアップ遮る広告」「広告密度が30%を超える広告」「アニメーションで点滅行う広告」「音声つきムービーを自動再生行う広告」「カウントダウンをしつつ固定刻間強要標示さエる広告」「全画面スクロール広告」「画面をスクロールしても標示され続ける広告」の8ジャンルがフィルタリング対象と身なります。


World Federation of Advertisers(世界広告主組合)のCEOであるStephan Loerke氏は「費やす者に広告ブロッカーの導入を促すような広告エクスペリエンスを回避行うのにの措置を講じることで、ブランドはマーケティングプランで費やす者に対応します」と語っています。事実、Coalition for Better Adsによれば、北アメリカとヨーロッパでは2017年に2018年にかけてThe Better Ads Standardsをビジネス慣行に取り入れていり付けるとのこと。

Coalition for Better Adsの参画公企業であり、収益の90%以下を広告ビジネスでまかなっていり付けるGoogleがChromeへ能動的に広告フィルタリング機能を取り入れていり付けるのは「ユーザーに不便を強力り付けるような広告のサポートをやめ、広告がウェブエクスペリエンスの目玉にあることを再確認行うのにだ」と、技能系メディアのThurrottは指摘しています。

by Tati Tata

Googleは「私たちの最終的な目標は広告を絞り込み合うことではなく、すべての人からみてよりいいウェブを構築行うことです。ChromeへのThe Better Ads Standardsの適用で、アメリカ?カナダ?ヨーロッパのウェブサイト所有者が自分自身のサイトの広告エクスペリエンスを向上させ、ユーザーにメリットをもたらしました。2019年1月1日時点で、The Better Ads Standardsに準拠していなかったパブリッシャーの3分の2が準拠しています」と、Chromeの広告フィルタリング機能の効果を確信行うレビューを出していました。

?関連雑報
Googleがウェブの面倒臭い広告を標示させぬように行う改定をChromeに追加 - BLACKBCAS

Chromeに「広告フィルター機能」船積みをGoogleが本式公表、自サイトがフィルタリング対象かどうか調べる「Ad Experience Reports」も提供幕開き - BLACKBCAS

Google Chromeは「戻る」ホックで戻れぬ粗悪なウェブサイトを駆逐行う予定 - BLACKBCAS

Chrome 71では「気ままにリダイレクト行う」など不当な広告を配信行うサイトの全広告をブロック行う方針 - BLACKBCAS

「広告ブロック機能はオールマイティーではぬ」と究める者が指摘 - BLACKBCAS

Chromeの広告ブロッカー拡張機能を装ったマルウェアの所在が判明、すでに2000万回以下ダウンロード済 - BLACKBCAS

Googleが「広告ブロック行うユーザー」に料金を回収して経営者に還元行うツール「Funding Choice」の本式提供を公表 - BLACKBCAS

なんで広告カンパニーはChromeに善意的である一方で、Safariには否認的なのか? - BLACKBCAS

Tweet

in ソフトウェア, Posted by log1i_yk