サイエンス

ガン診療は実際に進歩していり付けるのか?生息率の上昇は「診療」ではなく「早期発見」によるといった蓋然性

by Kendal James

ガン発症後の5年生息率は上昇していり付けると由緒ていますが、それは早期発見の技能が発展した結果であり、ガン診療そのものが進歩したわけではぬと指摘さエることがあります。そこらで、精神科医のScott Alexander君が、それまでに公表された究めるに、ガン診療が進歩していり付けるのかどうかを論証しています。

Cancer Progress: Much More Than You Wanted To Know | Slate Star Codex
https://slatestarcodex.com/2018/08/01/cancer-progress-much-more-than-you-wanted-to-know/

まずアメリカにおけるガン発症率のグラフを見てみれば、1990年代のピーク以降は減少趨向に転じていり付けるものの、全部的には1975年にか身なり増大していり付けることがわかります。ただしこのグラフのバックには平均天寿の伸長があり、ガンのリスクが高い高齢者の増大を受けています。


グラフを年齢の調節を受けた死亡率に変えると、ガン死亡率が1990年代にかけて上昇し、それ以降は減僅かていり付けることがわかります。


なんで1990年代までガンの発症率や死亡率が上昇し続けたのか、といった大きなもとの1つでもって、喫煙があるようです。以下はガンのジャンル別に死亡率を示したグラフ。「Lung&bronchus(肺?気管支)」と示された赤いグラフが1990年代にいたるまで突出しており、上昇趨向にあることがわかります。


20世紀に入りタバコ作りの技能が向上し、人々が裕福に身なり、広告が発展したことで、喫煙者の数は躍進的に上昇しました。喫煙率を示した以下のグラフでは1960~70年代がピークとなっていますが、肺&気管支ガンのグラフのピークのズレは、タバコがガンを引き引き起こすまでにかかる時となっています。以後、喫煙率の低下と共に、肺&気管支のガンによる死亡率も減僅かていったとのこと。


再び、ガン発症率を増大さすことになった別の因子に、前立腺ガンがあります。1980年代後期、医師は当局に前立腺ガンを点検行うことが推奨されました。医師が小さなガンのサインを見逃さずに点検や診療を行った結果、数字でもってのガン発症率が増大。しかし、前立腺ガンそのものが死に結びつくことが少ぬのに、1990年代に当局は方針転向を行い、生涯懸命に点検が行わエることいったのはなくなったとのこと。

一方で、胃ガンはいにしえ数十年で劇的に減僅かました。それは複数の究めるで、食料加工技能の向上やヘリコバクター?ピロリに対行う診療法の向上、ビタミンC摂取量の増大によることだと示されています。この他、大腸ガンの減少は前ガン症状であるポリープを結腸内視術で取り除けるようになったことが大きく、肝臓ガンの増大はC型肝炎ウイルスのはやりにもとがあったことなどがわかっています。上記のように、さまざまなガンの発症率や死亡率の増減には各各の訳がありますが、全部でもっては1990年代をピークに減少趨向にあります。


しかし、この減少訳の大半はガン診療の進歩によるものではなく、早期発見によるといった蓋然性もあります。そこらでAlexander君は、ガン診療の発展の影響度合いを見るには「ガンの診断が下された後にどのくらい生きることができるのか」を示す5年生息率を用いるのが一般的だでもって、以下のグラフを引き合いに出しています。

グラフは左に全てのガン、すい臓、肝臓、食道、肺&気管支、脳&自余神経系、卵巣、肌メラノーマ、前立腺といった部位別になっており、青いグラフが1975~1977年、赤いグラフが1987年~1989年、緑のグラフが2002年~2008年の5年生息率。い食い差異も、時が前進につれ生息率が伸長ていり付けることがわかります。Alexander君は、「乳ガンや大腸ガンなど診療が大きく進歩したガンが含まれていぬが、それが探し出した中で最善のグラフ」だでもっています。


ただし、上記のグラフも再び、診療の進歩ばかりでなく早期発見技能の発展の影響を受けていり付ける蓋然性があります。2000年の究める結果では、「特定の腫瘍の5年生息率の変換と、腫瘍に関連した死亡率の変換の間には間柄がほとんどなかったが、一方で5年生息率の変換と腫瘍の発見率の変換の間にはポジティブな間柄が認められた」と示されました。元より、この究めるは「ガンの診療は進歩していぬ」といったことを示すものではありません。再び、診療の進歩による影響が早期発見技能の進歩の影響の影に隠れてしまっていり付ける蓋然性もあります。

医師はガンを進展度ごとに類別していり付けるのに、Alexander君は各進展度の5年生息率を調べました。リードタイム?バイアスレングス?バイアスが生成していり付けることも考えらエるのに、アメリカガン組合の究める者であるAhmedin Jemal氏が公表したデータを利用し、各進展度の病人の5年生息率の変換を見ることで、Alexander君はガン診療が実際に進歩していり付けるのかを確認行うことに。

この結果、どの進展度にあっても、1975年に2012年の間で5年生息率は増大していたとのこと。しかし、この究めるは「限局ガン」「領分浸潤ガン」「遠隔転移ガン」といったたった3つの進展度で類別しており、もっと細か調べるでぬとガン診療の進歩を立証していり付けるといったのは言えぬとAlexander君は述べています。「この調べるは車を大半持っていり付ける人はより幸せだ、と示していり付けるようなものです。しかし、ここらには『車をたく君持っていり付ける人はお富豪だに幸せなのだ』といった批判が考えられます」とAlexander君。

さらに細かくデータを解剖した(PDFファイル)究めるでは、各各の進展度で発見さエる腫瘍が1975年以降小さくなっていり付けることが示されています。この点、限局ガンの進展度にある乳ガン生息率の上昇の61%、それから領分浸潤ガンの進展度にある乳ガンの生息率上昇の28%が、腫瘍サイズが小さくなっていり付けることで解説できるとのこと。ただし、生息率の上昇は腫瘍サイズといったのは間柄ぬと行う究めるも所在します。

このように、それまでの究める結果はさまざまであり、「ガン診療は進歩していり付ける/していぬ」といった結論を出すまでには至っていぬようです。Alexander君は、いまだに観測されていぬ交絡が所在行う蓋然性があることを暗示しつつも、現時点のデータには「ガンの生息率は上昇していり付けるように見える」と述べています。1970年以降、5年生息率は徐々に上がっており、進歩は「0ではぬ」といった考えを示しました。

?関連雑報
なんで「がん」は感冒や疫病のように治せぬのか? - BLACKBCAS

「がんワクチン」で渾身の腫瘍が消失行うことがマウスによる実験ではっきりに - BLACKBCAS

ウイルスを使ってガン細胞とガンをかばう線維芽細胞を同時に攻める行う刷新的な手法が編み出さエる - BLACKBCAS

「がん」がヒトの進化の経緯で作られてしまった経緯といったのは? - BLACKBCAS

ガン細胞を元の良性細胞に戻すことが可能である究める結果がはっきりに - BLACKBCAS

さまざまなグラフに見えてくる「世界のがんの趨向」といったのは? - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス, Posted by logq_fa