ハードウェア

Zen2採用の第3年代Ryzen公表、Intel最上位モデルを機能で上回りワットパフォーマンスでは飲まれる


アメリカ?ラスベガスで挙行中のCES2019で、AMDのリサ?スーCEOが基調講演を行いました。その中で、「Zen2」マイクロアーキテクチャを採用行う第3年代Ryzen CPUが公表され、同様8コア/16スレッドでの同等機能といった条件で、IntelのハイエンドCPU「Core i9-9900K」をワットパフォーマンスで飲まれる行う機能を見せつけました。

AMD President and CEO Dr. Lisa Su Reveals Coming High-Performance Computing Inflection Point in CES 2019 Keynote | AMD
https://www.amd.com/en/press-releases/2019-01-09-amd-president-and-ceo-dr-lisa-su-reveals-coming-high-performance

AMD 3rd Gen Ryzen AM4 Package Capable of Two 8-core Chiplets | TechPowerUp
https://www.techpowerup.com/251379/amd-3rd-gen-ryzen-am4-package-capable-of-two-8-core-chiplets

AMD Ryzen 3rd Gen 'Matisse' Coming Mid 2019: Eight Core Zen 2 with PCIe 4.0 on Desktop
https://www.anandtech.com/show/13829/amd-ryzen-3rd-generation-zen-2-pcie-4-eight-core

CES2019のリサ?スーCEOによる基調講演で第3年代Ryzenが公表された状態は、以下のムービーの1時24分以降で確認できます。

AMD at CES 2019 - YouTube


キー手帳スピーチの最後に満を持して第3年代Ryzenの公表。


CPU実機を抜き出すスーCEO


第3年代Ryzenでは、従来のノースブリッジに相当行う14nmプロセスで製造さエるI/Oダイと、7nmプロセスで製造さエる8コア/16スレッドを実現行うCPUダイが各各セッティングされます。すでにサーバー向けEPYCの「Rome」で実現していたチップレット構成が第3年代Ryzenシリーズさえ採用さエることに身なります。なお、I/OダイでPCI Express Gen.4がサポートさエるとのこと。


スーCEOは頑としてテスト中のES品であると断ったすえで、ライバルIntelの最上位モデルCore i9-9900KとCinebench R15でのベンチマーク比較デモを行いました。その結果、第3年代Ryzenがスコア「2057」で、Core i9-9900Kの「2040」を上回りました。同様8コア/16スレッドであることを考えると、第3年代Ryzenはとうとうシングルコア機能さえIntel Coreシリーズをとらえる蓋然性が高そうです。


さらにベンチマーク時の費やす電力はライバルの191Wを大きく割る134Wと、ライバルを30%も割るといった飲まれる的なワットパフォーマンスを見せました。ES品に比較と製品リリース時には最適化がさらに進み機能が向上行う蓋然性が高いことを考えると、第3年代RyzenはIntelの現行CPUを機能面で超えることいったのは確実とみられます。


スーCEOが提示した第3年代Ryzenのサンプル品には「右下にもはや一つチップレットをセッティング行うスペースがある」こといったのは大きな注視を集めています。


ここらにCPUダイをセッティングすれば第3年代Ryzenは16コア/32スレッドに行うことができ、GPUダイをセッティングすれば8コア/16スレッドのAPUを拵えることも可能、といったことで夢は大きく膨らみます。


なお、「8コアを超えるモデルはアリ?」といった特派員にの質問に対して、スーCEOは「パッケージには拡張の余地はあります。みな君はより大半のものをお脈か仮にれませんね」と答え、16コア/32スレッドの第3年代Ryzenの蓋然性を否認しませんでした。


仮にもIntelが8コア/16スレッドの第3年代「Ryzen 7」シリーズを超えるCPUをリリースしてくれば、AMDは16コア/32スレッドの第3年代「Ryzen 9(仮称)」で出迎え射る……といった2段構えなのか仮にれません。

第3年代Ryzenは、2019年がら年中期に発売予定です。

?関連雑報
第3年代Ryzenで採用さエるAMDの次年代アーキテクチャ「Zen 2」につきWikiChipが解説 - BLACKBCAS

AMDの「Zen 2」年代のRyzen 3000シリーズはコア数倍増しの極大16コアで2019年にも登場とのウワサ - BLACKBCAS

AMDが手帳向けCPU第2年代Ryzen Mobileを公表、Chromebookを含め脱Intel端末が続々登場 - BLACKBCAS

AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」本式公表、Intelをたたきつぶす戦術的低価格を実現 - BLACKBCAS

AMDの「2020年までの6年間で25倍の効率化」といった野心的なプロジェクト「25x20 initiative」が着実に収穫を出していり付ける - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア,   動画, Posted by logv_to