サイエンス

アルコールが脳の覚えに影響行うのにアルコール中毒が生じていり付ける蓋然性


アルコール依存症に陥るとなかなかアルコールを絶つこといったのは難しく、一回回復できたでもっても再びアルコールに手を出してしまうといった再燃のリスクも非常に高いことが知られています。しかし、アルコールが神経への毒性も持つにもかかわらず、なんで人はアルコールを再び欲行うようになるのか、脳にどのような反応が起こっていり付けるのかはしばしばわかっていませんでした。そういう中、摂取されたアルコールで脳の覚えの経路が影響を受けていり付けることで中毒性が引き起こされていり付けるといった究めるが出されています。

Alcohol Activates Scabrous-Notch to Influence Associated Memories: Neuron
https://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(18)30893-6

Just a few drinks can change how memories are formed | News from Brown
https://news.brown.edu/articles/2018/10/alcohol

イリノイ大学び舎で神経科学を究める行うエミリー?ペトルチェリ助教授の究めるチームは、キイロショウジョウバエを使ってアルコールに対行う脳の反応を調べるしました。アルコール中毒の状態は人ばかりに起こるものでなく、ハエにも生じることが知られています。それから、ハエの脳と人の脳は細胞の数など大きな差異があるものの、報酬や回避の覚えを作り出すときに出さエる信号のメカニズムは基本的に同様であるのに、アルコールに対行うハエの脳の反応を究める行うこといったのは、人のアルコールへの反応を知るすえで非常にいいモデルとなるといったわけです。


実験ではアルコールのありかを発見ようハエを訓練行う中で、遺伝子をセレクト的に無効化行うことでアルコールへの欲求を引き引き起こす素因を解剖しました。その結果、ハエがアルコールを気に入るもとが、ドーパミン受容体(D2様受容体)の発現に関わるシグナルコミュニケーションに影響を授ける「Notchたんぱく質」にあることが判明しました。なお、D2様受容体は覚えがいいことだったかいけないことだったかを決めていり付けることが知られています。

レポートの協同著者であるブラウン大学び舎のカーラ?カウン助教授によると、今回調べられたアルコールの報酬系に関していえばシグナルコミュニケーションカスケードはドーパミン受容体遺伝子をオン?オフ行うこといったのはなく、作らエるたんぱく質の量を増やしも減らし仮になかったとのこと。そのかわりに、Notchたんぱく質が「第一のドミノ」でもって勤めることで最終的にドーパミン受容体をわずかに変換させて覚えの形成方法が変わり、いけない覚えよりもいい覚えの方が維持されやあくなるのではぬかとみられています。


ペトルチェリ博士らは、アルコールの摂取で脳の覚え経路に与えらエる影響が、中毒症状につながる高い依存性を引き起こしていり付ける蓋然性が高いと考えていますが、そのメカニズムの糾明につきは未来の究めるが待たれています。

?関連雑報
アルコールの飲み過ぎで「覚えが飛行」現象はなんで起こるのか? - BLACKBCAS

実年期に「お酒を飲まなかった人」は認知症リスクが「高い」といった究める結果 - BLACKBCAS

ニコチンが統合失調症のもととなる脳活動障害を正常化行うことがはっきりに - BLACKBCAS

何を食べたがると考えるかは胃腸の中のバクテリアが影響を与えていり付けるといった究める報告 - BLACKBCAS

「運動行うこと」よりも「お酒を喫すること」の方が健康との関連性が高いと90歳以下を対象とした究めるで示さエる - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス,   , Posted by logv_to