レビュー

自分自身ばかりのナレッジベースを作エるフリーソフト「Trilium Notes」を使い倒してみた


個的に採集した常識やインフォメーション、ちょいとしたメモを体系的にまとめる場合に、ナレッジベースを構築行う行うことがありますが、更新したページをリアルタイムで同期したり、ページごとにパスワードで暗号化したり行うような機能を持ったフリーソフトや無償サービスはなかなかありません。「Trilium Notes」はただで提供されていり付けるオープンソースソフトウェアでありつつ、むずがゆいところに手が着く多機能なナレッジベースソフトウェアとのことなので、実際にダウンロードして利用してみました。

GitHub - zadam/trilium: Build your personal knowledge base with Trilium Notes
https://github.com/zadam/trilium

◆インストール
上記URLにアクセスして、「(数字)releases」をクリック。


利用していり付けるOSごとの最新バージョンをセレクトします。インストール行うPCのOSはWindowsなので、雑報作成時点で最新の「trilium-windows-x64-0.28.1-beta.zip」をクリック。


ダウンロードした「trilium-windows-x64-0.28.1-beta」といったファイルをExplzhなどを使って解凍します。


解凍後に生成されたフォルダを開いて「trilium.exe」といったファイルをダブルクリックして実践します。


「I'm a new user~」にチェックを入れて「Nest」をクリック。


ユーザー名とパスワードを2回入力して「Finish setup」をクリック。


それが「Trilium Notes」のスタート画面です。開発者が作ったサンプルが標示されます。


◆手帳を作成
下向きの矢印を押すと折りたのにる他、右クリックして「Delete」をセレクト行うと手帳を削除できます。


新しく手帳を拵えるには、左上のメニューの先頭左のホックをクリックします。


手帳のタイトルを入力します。


タイトルの下のスペースに文章を入力します。入力中の文章の左に現エるマークをクリック行うと標示さエるプルダウンメニューに「Headline 1」などをセレクト行うと文章流儀を改定できます。


リンクを張るには、文字をセレクト行うと現エるメニューにチェーンのアイコンをクリックして……


入力欄にリンク先のURLを入力してエンターキーを押せばOKです。


画像を挿入行う場合は、挿入したがる文章の左のマークをクリックして、メニューに画像のアイコンをセレクトします。


挿入行う画像をセレクトして「開く」をクリックします。


画像が挿入されました。画像をクリックして標示さエるメニューの中心のホックを押すと……


縮小して文中に入エることも可能。ただし、雑報作成時点では「右揃え」のみで、「左揃え」「中央揃え」といった機能はありません。


左のツリーの手帳を右クリックして「Insert child note」をクリック行うと、下層の手帳を拵えることができます。


◆手帳間の平易な移動
手帳数や階級構成が増えてくると手帳を行ったり来たり行うのが大変ですが、Trilium Notesでは手帳間を平易に移動できる機能があります。

ツリーの「ソフトウェア」を右クリックしてに、「Hoist note」をクリックします。


行うと、「ソフトウェア」の階級のみが標示されて見やあく身なりました。「unhoist」をクリック行うと元に戻すことができます。


再び、「Alt+←」再びは「Alt+→」キーで、標示した順に手帳を行ったり来たり行うことも可能。

以下のサムネイルをクリック行うと、クリック操作で「フリーソフト」「Google Chrome」「モバイル」「pie」の順に手帳を標示した後、カーソルを動かさずショートカットキーのみでページを行ったり来たりしていり付ける状態がアニメーションGIFで確認できます。


◆履歴機能
自動的に手帳の履歴を生成してバージョン管轄を行うこともできます。

右上の「Note actions」をクリックして「Revisions」をセレクト行うと……


自動的に作成された履歴を見ることができます。


右上の「Options」をクリックして……


「Note revisions」タブの入力欄に数字を入れてに「Save」をクリック行うと、履歴を作成行う間隔を秒単位で定めることができます。例えば、「600」ならその手帳を編修していり付ける間に10分ごとに履歴を作成してくエるといったわけ。


◆間柄図を作成
手帳同士の間柄図を拵えることもできます。新しく手帳を作成してに右上にある「Type:~」のホックをクリックしてに「Relation Map」をクリックします。


「Create child note」をクリック。


名前を入力して「OK」をクリック。


手帳の随意の箇所をクリック行うと、そこらに先くらい名前を入れた手帳が子手帳でもって作成されます。


子手帳を作ったら右上の「Note actions」に「Attributes」をクリックします。


「Type」欄のプルダウンメニューで「Relation definition」をセレクトし、「Name」欄に「夫妻」や「こども」といった間柄の名前を入力します。「Value」欄の「Multi value」は双方向、「Since value」は一方向を意義していり付けるので適切な方をセレクト。「Inverse relation」には逆の間柄を入力します。ぜんぶ入力できたら「Save changes」をクリックします。


子手帳名のタグの黒い四角に別のタグへドラッグ&ドロップを行うと……


間柄を入力行う欄に「夫妻」と入力して「OK」ホックを押します。


夫妻間柄の矢印が標示されました。


同様ようにぐんぐん矢印を追加していくことで家筋図ができました。


◆自動同期機能
Trilium Notesは中央サーバーを設定行うことで、そのサーバーを介して複数の端末で編修し同期行うことも可能です。詳細なサーバーの設置方法はGitHubのページを参考してください。

右上の「Options」をクリックして……


「Sync」タブの「Server instance address」にサーバーに割り振ったIPアドレス(今回の場合は「192.168.0.167」)とポートナンバー(今回は「8080」)を入力して「Save」をクリックします。


同期機能の確認ののに、ブラウザで先くらい設置したサーバーにアクセスしてみます。ログイン画面が標示さエるので、インストール時に決めたユーザー名とパスワードを入力して「Login」をクリックします。


以下のサムネイルをクリック行うと、ブラウザで行った操作がクライアント版に反映されていり付ける状態が確認できます。


なお、「Sync」ホックを押さなくとも、自動で同期してくれます。2台のPCで同時にクライアント版を標示し、一方のPVでハンバーガーの画像を貼り付けて、もはや一台の画面に画像が標示さエる時を測ったところ……


約1分くらいで自動同期されました。完璧なリアルタイムといったわけではありませんが、ある端末で行った編修がじきにに手帳に反映さエるのは簡便な機能です。


再び、PCのブラウザばかりでなく、スマートフォンにも閲覧?編修が可能です。アプリではなくウェブブラウザを用いるので、AndroidさえiOSさえ同様ように利用できます。


◆暗号化
他の端末にアクセス行う場合、セキュリティが気に身なりますが、手帳を暗号化行う機能があるので、個インフォメーションが流出行う気がかりはありません。

暗号化行うには、まず盾のアイコンをクリックします。行うと、入力欄が標示さエるので、第一に決めたパスワードを入力して「Start~」をクリック。


暗号化さエると、その手帳は「Protected」と標示され、他の端末では見ることができなく身なります。


左のツリーに「Protect subtree」をセレクト行うと……


その手帳以下の階級の全ての手帳を暗号化行うこともできます。


◆見た目のカスタマイズ
見た目を変えることもできます。まず、「Options」をクリックします。


「Appearance」タブの「Theme」のプルダウンメニューを「White」に改定します。


「Dark」モードや……。


「Black」モードがあります。


◆エクスポート/インポート
手帳をファイルに出力したり、出力した手帳を取り込み合うことができます。

まずは出力してみます。出力したがるページを右クリックして「Export」をクリックします。


「this note~」にチェックを入れて「Export」をクリックします。


出力できる体裁には書式や画像などを完璧に温存行う「HTML in TAR archiv」や、データのサイズがやや軽量な「Markdown」などがあります。「OPML」はデータが一番軽量ですが、画像などのファイルを維持できぬので、テ接吻トしかぬ個別の手帳を温存行うのに向いています。


ファイル名を入力して「温存」をクリック。


出力行う際に「only~」をセレクト行うと、下層の手帳を含まず、手帳単体で出力します。


手帳を取り込みたがる場合は「Import~」をクリックして……


ファイルをセレクトして「開く」をクリックすればOKです。


Evernote」に出力した「ENEX」体裁のファイルを取り込み合うことも可能なので、それを機に鞍替えのも手です。

?関連雑報
ただで付せん代物に使えるシンプルなメモ帳サイト「Notepad - μθ」レビュー - BLACKBCAS

なんどきさえいずこさえメモが取れ、データは暗号化され100年後さえ読むことが可能なメモアプリ「Standard Notes」レビュー - BLACKBCAS

ただでいずこにさえじきにシンプルに使えてなんどきメモしたかがカレンダーでじきにわかりショートカットキーで高速入力できる「wri.pe」 - BLACKBCAS

ファイルやフォルダーに平易にメモが追加できるフリーソフト「FileNotes」 - BLACKBCAS

地球上の常識すべての分有を目指してWikipediaの翻訳ツールにGoogle翻訳が追加さエる - BLACKBCAS

Tweet

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by log1l_ks