遊戯

無償でフォートナイトのクロスプラットフォーム技能をEpic Gamesが開発者に提供予定


PlayStation 4やNintendo Switch、Xbox Oneといった遊戯専用機に、iPhoneやAndroidなどのモバイル端末まで、今やあらゆるプラットフォーム上で遊戯が配信さエるようになっています。そういう複数のプラットフォーム向けに遊戯をリリース行うことをより平易に行うのにの技能を、人気シューティング遊戯のフォートナイトや、遊戯エンジンのUnreal Engineの開発元であるEpic Gamesが、遊戯開発者向けに無償で提供行う予定であることが明かされています。

Epic 2019 Cross-Platform Online Services Roadmap
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/epic-2019-cross-platform-online-services-roadmap

フォートナイトのような遊戯の開発に、Unreal Engineのような遊戯開発用ツールの開発まで行うEpic Gamesによると、オンライン遊戯を立ち上げてサービス提供を続けるには、従来の遊戯エンジンをはるかに超える機能を有行うツールが必須だそうです。しかし、既存のオンライン遊戯運用に利用さエるツールは、遊戯の構築やテストののにに利用行うには高値すぎ、運用後を考えると安値経つきらいがあるそうです。


そこらで、独自の遊戯ストアを公表したばかりのEpic Gamesが、フォートナイト向けに構築した「マルチクロスプラットフォーム遊戯サービス」を、2019年に提供行うと公表しました。このツールは、すべての遊戯エンジンやすべてのプラットフォーム、すべての遊戯ストア向けにオープンなものとなる予定で、開発者向けにただで提供さエる見込み。再び、フォートナイトといった7つの違うプラットフォーム向けに提供されていり付ける遊戯で、2億人ものプレイヤーが利用してきたといった信頼性もあります。加えて、遊戯開発者はこのツールを使いつつ、Epic Gamesの提供行う遊戯エンジンや遊戯ストア以外を利用しても何ら問題ぬとのこと。

Epic Games | Store


Epic Gamesによると、マルチクロスプラットフォーム遊戯サービスはオンラインサービスを機能ごとにカプセル化したC SDKでもって提供予定で、Unreal EngineとUnityに統合さエるそうです。ただし、必ずUnreal EngineやUnityを利用しなければいけぬといったわけではなく、それら以外のツールと統合行うことも可能です。コア機能に順次提供をスタートしていき、機能は時と共に拡充されていく予定と身なります。雑報作成時点では以下の機能の提供が予定されています。

?クロスプラットフォームログイン、フレンド、プロフィール、エンタイトルメント
それは、複数のセッションやデバイスに再びがり、プレイヤーを永続的に認知行うのにのコア機能と身なります。ユーザーのフレンドインフォメーションに、どのようなただおよび有料アイテムを所持していり付けるかまで、クロスプラットフォーム遊戯に必須なインフォメーションをまとめて管轄行うのにの機能です。この機能は各プラットフォームがタイトルに対して認可行う限り、7つの主要なプラットフォーム(PC、Mac、iOS、Android、PlayStation、Xbox、Switch)すべてをサポート行う予定です。なお、同機能はPC向けには2019年の第2四半期に第3四半期までに提供予定で、自余のプラットフォーム向けには2019年内の提供を予定しています。

?PC/Mac Overlay API
遊戯およびエンジンにとらわれぬ方法で、ログイン?フレンド?自余の機能ののにのユーザーインターフェースを提供行うのにの機能。

?クロスプラットフォームでのボイスチャット
あらゆるプラットフォーム、遊戯ストア、遊戯エンジンを横断してただで利用可能な遊戯内ボイスチャット機能を、すべてのプラットフォーム向けに2019年の第3四半期までに提供予定。

?クロスプラットフォームパーティーとマッチメイキング
違うプラットフォーム同士で遊戯を遊ぶプレイヤーも、遊戯内パーティーを組んだりオンライン対戦したりできるように行うのにの機能。すべてのプラットフォーム向けに2019年の第2四半期に第3四半期までに提供予定です。

?クロスプラットフォームデータストレージ、クラウドセーブ
違うプラットフォーム間で分有可能なデータストレージをクラウド上に構築し、そこらに違うプラットフォームにデータを温存できるように行う機能。2019年第2四半期までにリリース予定。

?クロスプラットフォームアチーブメント&賞杯
クロスプラットフォーム対応の賞杯機能。2019年第2四半期までにリリース予定。

なお、それらの機能は頑として第一のステップであり、ソーシャル機能やアンチチート機能など、さらなるサポートが予定されています。

?関連雑報
ただで12億円以下の予算をかけて開発した遊戯の素材データを全て提供行うとEpic Gamesが公表 - BLACKBCAS

月額2000円で次年代遊戯統合開発環境「Unreal Engine4」全機能が利用可能に - BLACKBCAS

「フォートナイト」のプロゲーマーを家教師に雇って子どもに遊戯のレッスンを受けさす親が続出していり付ける - BLACKBCAS

リアルタイムでCGを作り出すレイトレーシングの驚異的な画質がわかるUnreal Engineのデモムービー - BLACKBCAS

Tweet

in ソフトウェア,   遊戯, Posted by logu_ii