遊戯

ソニーが世界極大の遊戯見本市「E3」に2019年は参画しぬことを表明


遊戯プラットフォームの「PlayStation」ブランドを展開していり付けるソニー?インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、毎年参画していたアメリカの遊戯イベント「Electronic Entertainment Expo(E3)」に「2019年度は参画しぬ」といった意思を、海外メディアのVarietyに表明しました。24年続いてきた世界極大のコンピューター遊戯見本市の青史の中で、PlayStationが参画しぬのは初めてのことです。

PlayStation Skipping E3 For First Time – Variety
https://variety.com/2018/gaming/news/playstation-skips-e3-1203029833/


SIEはVarietyに対して、「業界が進歩行うにつれて、SIEは引き続きコミュニティに参画行う独創的なチャンスを詮索しています。PlayStationのファンは世界中にいて、私たちは常に刷新的であろうとし、ものの見方を変えて、ゲーマーを楽します真新しい方法を試行てきました。その結果、私たちは2019年に挙行さエるE3に参画しぬことに決めました。私たちは、2019年にファンコミュニティの関心を差し手繰るような、新しくも親しみのある方法を詮索していり付けるところです。私たちのプランを早く分有したくてうずうずしています」といったレビューを表明しています。

再び、SIE ワールドワイド?スタジオの至高責め者を義務るショーン?レイデン氏はVarietyのインタビューに対して「『Marvel’s SPIDER-MAN』をリリースした今、2019年には『Dreams』や『Days Gone』などの発売が控えていり付けるものの、大きく膨らんだ期待に応えたがるといったのは思わぬので、実施しぬまでです。困難決定でした」と答えていて、出展ばかりではなくカンファレンスも予定していぬことをはっきりにしました。

by The Conmunity - Pop Culture Geek

2018年で25周年を出迎えたSIEの「PlayStation」ブランドはE3の第1回に毎年出展参画していて、不参画はE3の24年間の青史の中で初めてのことと身なります。再び、SIEは、2014年にアメリカで毎年挙行していた独自イベント「PlayStation Experience」を2018歳末は行わぬと、公式ブログで公表したばかり。SIEが大がかりな遊戯イベントをキャンセル行うのはこのE3で2回目とのこと。

2018年10月には、ソニーの吉田憲一郎CEOが「次年代ハードウェアを用意行う必須がある」と、後継機となるPlayStation 5の開発を認める陳述を行っています。そののに、2019年のE3で詳細が公表さエるのではぬかといった期待もありましたが、SIEの不参画で、PlayStation 5のお披露目は別のチャンスとなる文様です。

?関連雑報
ソニーがPS4の次年代機となるPlayStationを開発中であることを認める - BLACKBCAS

PS4版「PUBG」が12月7日に発売さエることが本式にアナウンスさエる - BLACKBCAS

生き延びらエる気がしぬレベルの伝染者の山に殺し尽くさエる衝撃のオープンワールドアクション「Days Gone」世界初試遊にチャレンジ - BLACKBCAS

手のひらサイズのミニプレステ「プレイステーション クラエレガント」実機写真まとめ - BLACKBCAS

PlayStation 4が設けるアカウント連携の制約といったのは? - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア,   遊戯, Posted by log1i_yk