レビュー

「無限に都会が生成さエるアルゴ律動」で生成された都会をフリーに歩き回ってみた


波動関数といったのは「物体の状態そのもの」が波動で表さエるといった関数であり、時には遊戯内の物理シミュレーションなどに利用さエることもあります。そういう波動関数がある1つの固有の状態に萎縮行うことを波動関数の瓦解と呼び、そういう波動関数の瓦解を用いた「無限に都会が生成さエるアルゴ律動」を作り出す猛者が登場。実際にどのような都会生成ツールになっていり付けるのか、実際にダウンロードして試してみました。

Wave Function Collapse by marian42
https://marian42.itch.io/wfc

GitHub - mxgmn/WaveFunctionCollapse: Bitmap & tilemap generation from a single example with the help of ideas from quantum mechanics.
https://github.com/mxgmn/WaveFunctionCollapse

この「Wave Function Collapse algorithm(波動関数瓦解アルゴ律動)」と名付けられたアルゴ律動は、入力ビットマップに共通したビットマップをローカルに生成行うといったメカニズム。


単純ぬくつかのビットマップに目がくらむようなパターンを描き出したり……


RPGのマップのようなマップを描くことも可能。


さらにWave Function Collapse algorithmは三次元マップにも適用できるとのこと。


再び、Wave Function Collapse algorithmを使った無限都会生成ツールを実際にダウンロードし、生成された都会をフリーに歩き回る事も可能。ダウンロード行うには公式ページへアクセスし、「DOWNLOAD」をクリック。


ファイルサイズは16.2MB。「ファイルを温存行う」にチェックを入れ、「OK」をクリック。


ダウンロードしたZipファイルをWindows標準の展開機能やExplzhなどのソフトを使って解凍し、「wfc」といった名前のフォルダを開いて「Wave Function Collapse.exe」を起動します。


遊戯を起動行うと、遊戯エンジンであるUnityのロゴが標示され……


画面が切り替わると宙に浮いた視点に身なりました。遠方の方に水平線が見え、足下にはマップを生成行うもとになるビットマップが並んでいます。


やがてプレイヤーの高等が下がっていき……


広がっていたマップの中に落とされました。


実際にWave Function Collapse algorithmで生成されたマップの中を歩き回ってみたムービーがそれ。

無限に都会が生成さエる「Wave Function Collapse algorithm」で遊んでみた


PCで歩き回る場合、「Wキー」で前に進み、「Sキー」で後退、「Aキー」で左に動き、「Dキー」で右に揺れることが可能。「Ctrlキー」を押すと上方向にジャンプ行うことができ、マウスカーソルを動かすことでカメラを移動行うことができます。転落地点の左にあった階梯を上京……


周囲が見回す箇所に来ました。


丸屋根の上に小さな見張り台がついたような建造物がいくつも生成されており、瓦屋根の建造物や階梯、回廊が入り組んで生成されています。頂門には蒼穹が広がり、日も輝いていました。


マップを探索してみれば日で作られた影までがっちり作られています。ユーザー自身の姿は見えず、宙に浮かんだカメラをマップ上で動かしていり付けるようなセンス。回廊の先にある出口に建造物の中に入れとのことだったので突入してみれば……


内部は入り組んだ細い道になっていました。


道を抜けた先は、小さめの中庭といった印象の箇所。相変わらず周囲は建造物に囲われています。


泉やベンチなどが見えますが、建造物内部への扉や窓は閉ざされまれま。


人気のぬマップをいちず歩いていり付けると奇妙な心地がしてきます。


建造物の柱は古臭い遺址のようで、ちょいと荘重なムード。


建造物の屋根に上ると、遠方まで同様ようなパターンの都会が生成されていり付けるのがわかる他、マップの端はいまだに都会が生成されていぬこともわかりました。


Ctrlキーを押し続けることでぐんぐん上昇して空を飛行ことも可能。マップの端がしばしば見えます。


マップの端には中途上途半端に生成された通路などがありますが……


近づくと生成がマップのスタートし、みるみるうちにマップの端が拡大していきました。


マップを空に見下ろすと、迷宮のようなマップを一望できます。


遊戯を完了したがる時はWindowsなら「Windowsキー+Dキー」、Macなら「option+command+H+M」で全ての画面を極小化してに直に遊戯を閉じます。迷路のように入り組んだマップを探索してみたり、単にマップの端がぐんぐん拡大していくのを眺めたりしていり付けるばかりさえ楽しめるツールとなっていました。

?関連雑報
中世風の架空都会を一瞬で自動生成してくエる「Medieval Fantasy City Generator」 - BLACKBCAS

ファンタジーに出てくる謎の大陸の地図を自動的に作成できる「Generating fantasy maps」 - BLACKBCAS

2ちゃんねるっぽい「実存しぬスレ」や「実存しぬスレを拵えるジェネレーター」が作成可能な「仮想スレジェネレーター」 - BLACKBCAS

架空のアイドルを自動生成しまくる「アイドル生成AI」が生誕、いずこかで見たことがあるようなぬような顔が生成されまくり - BLACKBCAS

自動でいらすとや風の画像が生成できる「いらすとや風人画像生成モデル」を拵える猛者が登場 - BLACKBCAS

Tweet

in レビュー,   ソフトウェア,   動画,   遊戯, Posted by log1h_ik