メモ

意義のある「いいアドバイス」を行うのにに必須なことといったのは?


第三者に助言を請いられたので自分自身の考えを丁重に伝えたのに、敵がまったくアドバイスに従わぬ、といった体験があるか仮にれません。しかし、「ああいうに真剣にアドバイスしてやったのに……」と憤りふれる前に、そもそもアドバイスが頓珍漢なことだった、といった蓋然性を勘案すべきことをハーバードビジネススクールの教授が指摘しています。敵からみて意義のあるアドバイスができるいい助言者になる方法につき、Scientific Americanでアドバイスがされています。

How to Give Better Advice - Scientific American
https://www.scientificamerican.com/article/how-to-give-better-advice/

2000年代はじめ、イギリスのBBC(英国放送組合)の会長にグレッグ?ダイク氏が就任しました。大半の役員はダイク氏に対して「BBCのビジョンを明確に示して采配すべき」と会長でもっての使命を説きましたが、ダイク氏はこの助言には従わなかったとのこと。ダイク氏は第一の5カ月間、BBCのオフィスにやってきてはスタッフに対して「聴視者にとったっていいものを拵えるのにに何を行うべきらしいか?」と質問続けました。ダイク氏のアプローチは成功し、BBC1とBBC2のテレビ聴視率は上昇し、BBCラジオは筆録的なリスナーを取得したそうです。


ハーバードビジネススクールのフランセスカ?ジーノ教授は、ダイク氏の行動は「どのようにアドバイス行うのが効果的か?」といった視点に理にかなっていり付けることだと話します。ジーノ教授によると、アドバイス行う人(アドバイザー)とアドバイスを必須と行う人(アドバイジー)との間には「考え方の不一致」があり、それゆえにアドバイスが効果的にならぬことがたくさんそうですが、ダイク氏のアドバイス法は、究めるにわかった理想的なアドバイスの対応になっていたそうです。

ジーノ教授によると、一般的にアドバイスを請いるアドバイジーは「何を行うべきか?」といったインフォメーションを請いていり付けるわけではなく、「より大半のセレクト肢を提示して、違う考え方を気づかせてくエるインフォメーション」を請いていり付けることだとのこと。その上対して、アドバイスを行うアドバイザーは、自分自身の常識と体験に「セレクト肢を絞って、正常方法へ導くこと」を目当てでもってアドバイスを行うことだそうです。要するに、インフォメーションを広げるよう求めるアドバイジーに対して、インフォメーションを狭めようと行うアドバイザーといった根本的な不一致があり、そののにアドバイジーは「このアドバイスは役に佇むいずころか有害だ」と印象ることが多々あるそうです。

この種のアドバイスに関行う不一致はいたるところにあり、コンサルタント、カウンセラー、両親、教師、医師、財務アナ名簿などが、適切な助言を与えられぬといった局面につながっていり付けるとジーノ教授は述べています。


さらに、アドバイスを行う場合に、人は自分自身が請いるようなアドバイスを行わぬ趨向にあることもジーノ教授は指摘しています。例えば体系のリーダーが手下のマネージャーに対して、他の従業員のお模範となるようにアドバイス行うとき、「ソーシャルメディアに時を浪費しぬこと」「テレビを見て過ごすよりも、ジムに通うこと」など、それらしい行動を請いるものですが、リーダー自身はあながちそのような行動をとらぬものです。それは、アドバイザーとアドバイジーとの間で「何が値打ちあるものなのか?」といった考え方に不一致があるせいだとのこと。アドバイザーは社会的に容認できる因子に焦点をあてるに対して、アドバイジーはより実践的な因子に焦点をあてるといった不一致だとジーノ教授は考えています。

以下のことに、アドバイザーとしたっていいアドバイスを行うのにに大切なこといったのは、「アドバイスを受ける人の視点で物事を見ること」だとジーノ教授は述べています。ハーバードビジネススクールのティン?チャン氏は、ギタ名簿を公募してギターの奏楽につき初志者にアドバイスをしてもらう実験を行いました。この実験では、半数のギタ名簿には通常通り奏楽してもらい、居残る半数のギタ名簿には自らの利き手といったのは逆の手での奏楽を要求しました。以後、ギター歴が1年未満の初級者を集めて、ギタ名簿のアドバイスが有効かどうかを判定さすと、利き手ではぬ手で奏楽したギタ名簿のアドバイスをより有効だと判断行うことが多かったそうです。要するに、慣れぬ手でギターを奏楽したことで、初志者の視点に佇むことができたギタ名簿は、アドバイジーが請いるアドバイスを提供行ういいアドバイザーになれたといったわけです。


いい助言者になるのにに、助言を受ける人の立つ瀬で考えることが大事ですが、敵の行動、思考、情などをさほどにも大半推測行うこといったのはかえって有害だともジーノ教授は述べています。そこらで、アドバイスを行う場合には、自分自身がいいと考えることを提示行う前に、「なんで、敵は打ち合わせが必須だと印象たのらしいか?」といった実態を分かる行うことが大切だとのこと。その上で、「自分自身が何を行うことが一番役に佇むか?」といった敵が請いることを分かる行うことが効果的だとジーノ教授は述べています。

「聴視者にとったっていいものを拵えるのにに何を行うべきらしいか?」と質問続けたダイク氏は、質問行うことでBBCのスタッフが抱いていり付ける不満を分かるして、それを決着行う方法につきのアイデア自体をスタッフに取ることができました。互いに論議行う中でアドバイジーばかりでなくアドバイザーも問題を深く分かるでき、その上よって目当てを共通化できたことでアドバイスが効果的なものと身なり、さらにはスタッフの士気を高めることにも成功したのが勝因らしいとジーノ教授は解剖しています。

?関連雑報
敵と円滑にコミュニケーションを取るのにの10のポイント - BLACKBCAS

なんで無能力な人は「自分自身至高」と考えるのかをムービーでわかりやあく解説 - BLACKBCAS

事実を受け入れぬやっかいな上役とどう対するべきか? - BLACKBCAS

成功者にアドバイスをもらいやあくなる3つの方法 - BLACKBCAS

知り合ったばかりの敵とじきにに信頼間柄を築く10の会話テクニック - BLACKBCAS

十代の子どもたちが親に必須でもっていり付けるのは「情愛」よりもかえって「体系立て」の体験 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logv_to