広告

釣り銭を行う豚がいり付ける島「トンガ王国」で王人民の温かさや暮らしぶりを体感してきた【インターリンク ドメイン島巡り 第6回「.to」】


「海外に往路たがる!」と思っても、実際に赴くとなると現地の治安や御飯のことが気がかりになって、なかなか行動に移せぬ人もいり付けるはず。インターリンクは島のドメイン約50ジャンルに焦点をあて、時には片道40時をかけてツバルまさえ訪れてしまうといったとんさえぬ設計をしており、毎回、インターネット上にはぬ現地ならではのインフォメーションを集めています。ドメイン島巡り第6回目となる今回は、「.to」のccTLDを割り当てられたトンガ王国へ行ってきました。

ドメイン島巡り – 世界のドメイン1,000ジャンル以下を取り取り扱うインターリンクが、「.cc」「.tv」「.sx」等、南太平洋やカリブ海などの「島のドメイン」約50ジャンルに焦点をあて、実際にその島々に往路、島の魅力をレポートします。
https://islanddomains.earth/

◆トンガ王国、いずこにある?
トンガ王国(以下、トンガ)は南太平洋に浮かぶ約170の島で構成されていり付ける国家で、オセアニアのポリネシア地域に属しています。今回は首府のヌクアロファがあるトンガ極大の島「トンガタプ島」へ行ってきました。


目次
◆天然が作り出した絶景スポット「フファンガルペ」
◆プライベート感満載の穴場ビーチ
◆釣り銭を行う豚を発見
◆トンガのお昼ご飯はこういう印象
◆現地でのSIM購入方法&速度調べる~トンガ編~
◆最後の望みはネットカフェ
◆トンガの市を散策してみた
◆ワンコのパラダイス
◆首府「ヌクアロファ」を歩き回ってみた
◆「.to」ドメインがもたらす豊かさ

◆天然が作り出した絶景スポット「フファンガルペ」
日本に約15時でファアモツ国際空港に到達しました。現地の時間は19時過ぎ。


航空機を降り、歩いて入国審査に向かいます。到達ゲートは、ゴルフ場のクラブハウスのような見た目です。


入国手続きを済ませ、タクシーで約40分かけて首府のヌクアロファへ移動。ホテルに到達した頃には、夜も深くなっていたのにこのまま就眠しました。


翌日は快晴。さっそく、トンガの絶景ポイントへ向かいます。


ヌクアロファに車で約30分。到達したのは、島の南側にある海辺です。波の音は聞こえますが、一見行うとただの草原といった印象。


あぜ道を進んでいくと、眼前に差し渡し数十メートルの「縦穴」が現れしました。


こわごわ直下をのぞき見るとこういう印象。か身なりの深さがあり、下の方には水が流れています。


ようやく全部が見えました。それが、絶景ポイントの「フファンガルペ」です。岸壁の一部が波で削られて、橋のような構成をしていり付けることが分かります。ちなみに、この名称を日本語に訳すと(PDFファイル)「鳩の門」 といった意義だそう。確かに見方では「門」のように見える気仮にます。


別の箇所に見ると、崖下に大きな穴が空いていました。この一部分に、門の中へ海水が流れて赴くようです。


ドローンを飛ばしてフファンガルペを直上に撮る行うと、日本では見ることができぬダイナミックな光景を撮る行うことができました。なお、フファンガルペには柵などが設置されていぬので、訪エる際は抜けてしまわぬように留意が必須です。


フファンガルペは、すばらしい眺めと、僅かスリリングな体験ができるスポットでした。

ドローンで撮るした画像は以下に見ることができます。

フファンガルペの絶景をドローンで撮る - YouTube


◆プライベート感満載の穴場ビーチ
他のポリネシアの島々と同様に、トンガさえリゾートやマリンスポーツを興じることができます。その中さえ、「ハアタフ?ビーチ」は海が麗しいことでサーファーたちにも人気とのこと。しかし、知名いずころを見に行っても面白みがぬといったことで、ハアタフ?ビーチの隣にある「カノクポル?ビーチ」へ。到達行うとじきにに、鮮明なハイビスカスによるお出出迎えを受けました。


カノクポルにはヴァカロアビーチリゾートといった宿泊施設がありますが、取材時は閑散でもっていたので、さっそくビーチへ向かいます。


僅か雲がたくさんのが残念ですが、ビーチの砂も白に近く綺麗です。遠方にシュノーケリングをしていり付ける人がいましたが、ほとんど無人状態でプライベートビーチと化していました。


ビーチへバカンスに来た犬も発見。


日差しが出たら、木陰で一休み。


海水浴らしいにぎわいは印象られませんでしたが、物心ともにリラックスしてゆったりしたバカンスを過ごすにはピッタリな箇所でした。

カノクポル?ビーチをドローンで撮る - YouTube


カノクポルにくらい間近「コロバイ」といった地域にはオオコウモリの庇護区があります。地図を頼りに着いた空地で、柵に囲まれた1本の大きな木を発見。


カメラを徐々にズームしていくと……


はっきりに木の実ではぬ物体がいくつか吊り下がっています。それがオオコウモリ。


さらにズームしてみればこういう印象です。翼を広げると2メートルくらいの規模に身なりますが、普段はフルーツを食うといったことで「フルーツバット」とも呼ばれています。同様オセアニアさえ、パラオなどでは食材でもって扱われていますが、トンガでは神神しいな生き物とされていり付けるのに、こういった庇護区が設けられています。


◆釣り銭を行う豚を発見
トンガタプ島はそれくらい広くありませんが、徒歩での行楽は困難です。今回は、タクシー操る手のラタ君の協力を得て、島の様々な箇所を取材しました。


島の南海辺にある「ブローホール」では、岩場にある石灰石の通気孔に海水が吹き上げられていく状態が見られます。


吹き上がった水柱は至高20メートルまで達行うとのこと。


しばしば見ると、うっすらと虹が出ていました。


島の東側にあるニウトウアに赴くと、1200年頃に建造された「ハアモンガ?ア?マウイ」と呼ばエる古代ポリネシアの遺址を見ることができます。辺りには柵が設置されて、遊園地のような作り。


近づいてみればこういう印象。


しかし、残念なことに取材が日曜日だったのに、古代遺址もお休みでした。


トンガに過ごす人々の大半はキ名簿教を信ずるしており、日曜日は「安息日」とされていり付けるのに、個商店やレストランなども一部を除いて休業と身なります。以前、日本の相撲室にもトンガ人の相撲取りたちがいましたが、安息日など文明の差異に騒動になったことが考え出されます。

遺址にくらい間近海辺でタクシーが止まりました。ラタ君いわく「フィッシング?ピッグがいり付けるよ」とのこと。一体何のことだかわかりませんでしたが、とりあえず車を飛び降りると、潮溜まりでどこかを漁る生き物に際会。


しばしば見てみれば、真剣に海の中を見つめ、ちょうど釣り銭をしていり付けるような豚でした。


フィッシングピッグが真剣に海中を見つめて餌を探す状態(トンガ) - YouTube


付近で「フィッシング?ピッグ」の立て看板を発見。大半の家で豚を飼育していり付けるトンガではしばしば見らエる光景で、豚は貝や海藻などを採って食べていり付けるようです。なお、フィッシング?ピッグは陸で育った豚よりも塩味がきいていて味がよいとのこと


こうして育っていった豚は、安息日に丸焼きとなって振舞われます。


実際に食べた豚は陸の豚だったのか、皮がぬ一部分に味がなく、グニグニでもっていり付けるのでさほどオススメできません。


◆トンガのお昼ご飯はこういう印象
都心部に離エると、似たような葉を持つ植物をしばしば見かけます。


それはヤムイモなどのサトイモ科の植物です。トンガでは、こうした芋類が主食にされています。


道中、一軒の家に到達。初期の予定にはぬ箇所ののに当惑していり付けると、「我が家だよ!」とラタ君。この辺りのフリーさは、海外に行った際にしばしば印象ます。タクシーを置いて家に入ってしまいました。


テラスでは、子どもたちが遊んでいました。どうやら、こっちに気づいた状態……


じきにさま車に乗り込んできました。


車内にペットボトルの水を気ままに持っていき、この面持ち。ラタ家の3姉妹なのか、わんぱくなキッズグループです。


暗にナインティナインの岡村隆史君に似ていり付ける気がしたのに「岡村くん」と呼んでみると、「オカムラ!オカムラッ!」 と笑み転げる男子。日本の挨拶でもって認知されてしまったか仮にれません。なお、日本といった国は知らぬようでした。


普段に子どもたちのやんちゃに付き合わされていり付けるのか、飼い犬の顔には疲労が見えます。そうこうしていり付ける間にラタ君が戻ってきて、私宅のランチに招いてくれました。


この日のランチは3品。まずは、きゅうりのスライス。味付けはされていませんが、青臭さはさほど印象ませんでした。


続いて、塩漬けにした豚肉をヤムイモの葉で包んだ蒸し調理。オセアニア地域では(PDFファイル)「ウム」と呼ばエる因習的な蒸し調理法があり、このメニューにはそういった起源を印象ることができます。シンプルな調理ではありますが、豚肉の旨みや柔らかさを味わえました。


最後は、地元で採れた貝を使ったクリームチャウダー。ココナッツミルクが使われていり付けるのが特徴的で、エスニック調理にも通じる味です。付け合わせは蒸したヤムイモで、チャウダーにつけて食うのがラタ家流とのこと。ヤムイモには、後にほんのり甘味を印象らエる純朴さがありました。


追加で出てきたのは、タロイモのマッシュ。白米よりも早くお腹が膨れていくのが分かります。


ラタ君の協力により、島の様々なスポットを巡ることができ、実際の家調理を味わえた得辛いな体験と身なりました。


◆現地でのSIM購入方法&速度調べる~トンガ編~
海外ではトラベラー向けのWi-Fi連絡サービスが増えてきていますが、箇所ではバックアップされていぬ地区もあり、そういった場合には現地のSIMを購入行うといった手段があります。トンガでは「Digicel」と「UCall」といった通信カンパニーがポピュラーなようで、どっちもファアモツ国際空港で購入できます。今回は、サモアへ訪れた際も調べるを行ったDigicelを試してみました。

Digicelは街中に大きな店舗があります。


購入したのは、1週間で500メガバイトが使えるプラン。5トンガドル(約280円)でした。


SIMを取り出してスマートフォンに挿したら、裏面の段取りにしたがって設定を行います。


SIM挿入後に「122」番にテレフォンをかけてアクティベーションしぬといけぬのが僅か厄介。


さっそく首府ヌクアロファで使ってみれば、か身なりのスピード感で、検索などには問題ありません。


実際にインターネット回線の速度テストサイトで計測してみれば、6.9Mbpsとまずまずな速度です。


しかし、箇所を変えてみれば、急速な速度低下が生成して利用できぬ状態になってしまいました。


以後も同様ような状況が続き快適にインターネットを利用行うことが困難状態で、結果的にDigicelは箇所では繋がらなくなってしまうといった不座りさがありました。

◆最後の望みはネットカフェ
現地のSIMカードは考えるように使えず、Wi-Fi連絡サービスがあるホテルに宿泊してもインターネットは使えず、すっかりネット流民となってしまった時、ヌクアロファでインターネットが利用できるカフェを発見。わらにもすがりつく考えで、朝方に行ってみました。

こっちの「Friends Cafe」で、ただWi-Fiが利用できるようです。


店内は抜け着きのある色の知識階級アで統一されており、いずこかヨーロッパに来たかのようなムード。お店の奥には、トンガのお土産が敵うコーナーも設置されていました。


わざわざなので、朝御飯を依頼ことにしました。メニューの上に書かれた「MALO‘E LELEI(マロエレレイ)」といったのは、トンガ語で「こんにちは」といった意義です。


さっそく運ばれてきた「カフェラテ」は、レギュラーサイズで5トンガドル(約280円)。専用マシンで抽出行う芳しいエスプレッソと、フォームドミルクの合い口の良さは万邦共通です。


続いては、朝御飯プレート。目玉焼き2つに、オリーブオイルを塗ったチャバッタのトースト付きで13トンガドル(約730円)でした。チャバッタはイタリア発祥のパンで、メニューへのこだわりも印象られます。


朝御飯が組み、いよいよインターネット連絡の手続きを進めます。店員君に「Wi-Fiを使いたがるのですが」と聞こえると、一枚のレシートをくれました。レシートには、ユーザー名などの連絡インフォメーションが書かれています。スマートフォンの「設定」に対象のSSIDをセレクトしパスワードを入力……したのですが、なんでか連絡できません。しばしば見ると、この連絡インフォメーションは2018年4月11日に61日間有効との記載を発見。すでに有効期限が過ぎていました。


店員君にその旨を伝えると、期限内のレシートが出てきました。しかし、それさえ連絡ができず、結局、最後までインターネットは使えぬ状態のまま……。なお、Friends Cafeは月曜に土曜の朝7時~22時まで営業しています。ネット流民に関わらず、一息つきたがるときには似合いなお店です。インターネットは使えませんでしたが、朝方に佳味しい朝御飯を取り、平穏な朝を満喫できました。


◆トンガの市を散策してみた
タラマフ?マーケット(市)は、月曜日の朝に始めます。ここらは青果を専門に販売しており、地産の蔬菜などを購入行うことができます。


主食となる芋類を発見。


細い方は日本の長芋に瓜二つです。


色鮮明な唐辛子


ズッキーニよりも大きなきゅうり


白菜は1つ約170円


立派なキャベツ


見慣れたサイズの蔬菜も売られていました。ナスは束で約170円。


市の一隅に売られていたカボチャ。トンガではカボチャを食う慣習がなかったそうですが、天気が培養に適していり付けると考えた日本公企業が種を持ち込んだことが契機で広まったそうです。Wikipediaによると「現在はカボチャの移出がトンガ理財の柱」とのこと。日本のスーパーマーケットでカボチャを見かけた際は、原原産地をチェックしてみればトンガに移入されたカボチャを発見できるか仮にれません。


トンガで培養されていり付けるのかは不明瞭ですが、リンゴやオレンジなどのフルーツも大半売られています。


市の外には、好きなフルーツをジュースにしてくエるお店もありました。


工芸品コーナーは、お土産を購入箇所でもっても良さそうです。


バレーボールを発見。離れ島に来て無性にトスを上げたくなっても大丈夫です。


服屋を発見。Wikipediaには「トンガの婦人靴の極小サイズは26cm」といった記載がありましたが、実際には様々なサイズの靴が売られていました。サンダルの品揃えがいいのは、ポリネシア流か仮にれません。


タラマフでは肉や魚は売られていぬものの、日用品はだいたがる揃ってしまう素敵な市でした。


◆ワンコのパラダイス
ペットがとんずらてしまったのか、それともフリー流儀な飼育方法なのか、島の至る所で犬を見かけます。その際会率は、それまで取材した6島の中さえトップでした。

ビーチに佇むわんこ


道路を横断行うわんこ


子わんこ


黄昏わんこ。町中では道路に犬が飛び出してくることがしばしばあります。


◆首府「ヌクアロファ」を歩き回ってみた
天気がいいので、首府のヌクアロファを歩いてみることにしました。サロート通りは住居が大半、犬の鳴き声は聞こえるものの基本的に閑静でした。


トンガ官立用意金庫に、なんでか日本の万邦旗を発見。この建造物の中に、在トンガ日本土大使館があるようです。しかし、金庫といったこともあり警備がか身なり厳格で、取材はNGでした。


暖国らしくヤシの木が大半見られますが、取材時は肌寒く長袖の上着が手放せませんでした。


「American Wharf」と呼ばエる埠頭(ふっとう)には、うら若いカップルや1人で楽を聴いていり付ける人など様々な人がいました。この辺りに居住人からみては、憩いのスポットになっていり付けるのか仮にれません。


海水の透明度が高く、泳いでいり付ける魚を見ることもできました。


続いてタカウノープ通りをうろうろしていり付けると、大きなパラボラアンテナが設置してありました。


パラボラアンテナの近くで「A.Cowley & Sons」といったパン屋を発見。立て看板に「王国ののにのパン」と書かれており、か身なり気になったので入ってみます。


店内に入ると、真真ん前に「Baking it Better Since 1893(1893年に、よりおいしくパンを焼いています)」と書かれていり付けるのが印象的。


地元の人ばかりでなく、行楽や仕事で来たような海外の人がパンを買いに来ていました。


ウィンドウには、手製のサンドウィッチやパイが並んでいます。


ドーナツやマフィンなど、スイーツ系も充実。


悩んだ結果、アールグレイのマフィンとベリーのタルトを購入。マフィンはしっとりした生地で重みがあります。タルトは小さなつつもベリーのソースがたく君つまっており、食べ応えが抜群。どっちもか身なり甘ったるいのは、国王のお嗜好なのか仮にれません。2つ締めて、3.5トンガドル(約200円)でした。


日曜日に営業していり付ける数少ぬレストランの1つ「Kimiko Chinese Restaurant」は、ヴナ通りにあります。営業時前に赴くと廃墟のようなムードが漂っていました。


営業時は、ウィンドウに出ていり付ける調理を購入したり、レジ前のメニューに用命行うことが可能。気になったチャーハンと焼き傍ら、その上謎の揚げ物を頼んでみます。


チャーハン(約280円)は、ドメイン島巡りの定番メニューと表わすしても言い過ぎではありません。


オイスターソースを使っていり付けると思わエる焼き傍ら(約450円)ですが、油分が大半、人では苦闘必至。


こっちが謎の揚げ物(1本あたり約60円)。口にしてみれば、ソーセージの周りに衣が付けられており、アメリカンドッグ的な食べ物であることが判明しました。店員君がかけてくエるケチャップの量も絶妙です。


日日朝9時に21時までの営業といったことで、安息日に旅程が重なった場合さえ問題ありません。ただ、1回赴くとか身なり自己満足できるので、逗留中に再び訪エることいったのはありませんでした。


この他にもドアノブが所在しぬ車や、営業していり付けるか不明瞭なDVDショップなども発見。日用品が売られていり付けるお店がいくつかありますが、品揃えはほとんど同様でした。


たく君の見所があるトンガですが、首府を歩いてみるばかりさえ様々な発見や巡り合いがあったので、目当てを設定せずにただただ近場を歩き回ってみるのも良さそうです。

現地取材にの帰り道際、わざわざなのでファアモツ国際空港の昼間の状態も撮るしてきました。


入口はこういう印象。


中には軽食が食べらエるカフェもありました。


◆「.to」ドメインがもたらす豊かさ
現地を取材してみれば、「.to」ドメインはスパや、地域の航空カンパニーなど、客を供応サービスを提供していり付ける公企業でしばしば使われていり付けることがわかりました。

リラクゼーションスパの手書き立て看板。


「実際のトンガ」と銘打たれた航空カンパニーのドメイン名。


ドメインは旧来の「インターネットにおけるアドレス」といった所在に、あるコンテンツやサービスを表徴行う「名刺」のような所在へと変革しています。日本では後者の認知がたくさんか仮にれませんが、トンガのように自分自身たちのサービスや文明につき送信行うのにの強力相棒でもってドメインがさらに使われていくといいなと考えます。

なお、今回のドメイン島巡りで行った箇所は以下のような印象です。


トンガまでのアクセスはこっち

.toドメインの詳細、お申込みはこっちにどうか。


(文?写真:インターリンク https://www.interlink.or.jp/
ドメイン島巡り https://islanddomains.earth/)

?関連雑報
君はフォースを印象たことがあるか~真青のビーチ言い伝え~【インターリンク ドメイン島巡り 第1回「.sx」】 - BLACKBCAS

天空に浮かぶ「アレシボ天文台」やインスタ映え行う「サン?フアン」の街並みなどプエルトリコの魅力を満喫行うには?【インターリンク ドメイン島巡り 第2回「.pr」】 - BLACKBCAS

iPhoneは沈みゆく絶海の孤島?ツバルで使えるのか?片道40時かけて現地で調べてみた【インターリンク ドメイン島巡り 第3回「.tv」】 - BLACKBCAS

税金が免除さエるヴァージン諸島の「タックス?ヘイブン」実態は今どうなっていり付けるのか?【インターリンク ドメイン島巡り 第4回「.vg」】 - BLACKBCAS

なんでか「便」などの絵文字付きURLが成人気のドメインを持つサモア自活国現地取材まとめ【インターリンク ドメイン島巡り 第5回「.ws」】 - BLACKBCAS

Tweet

in 取材,   ネットサービス,   生き物,   動画,   ,   広告, Posted by log1b_ok