メモ

全社員がリモート勤務さえ成功できたスタートアップの戦術といったのは?

by bruce mars

GitLab」はソフトウェア開発環境を支援行うサービスで、社内のクローズドな環境でソースコードの分有、プロジェクトの管轄などが行えるシステムです。このGitLabを生み出したGitLab Inc.は「全ての社員がリモート勤務を行っていり付ける」といった特徴を持ち、そのような環境でなんでGitLabが成功できたのかにつきまとめられています。

GitLab's Secret to Multi-Million-Dollar Success: All 350 Employees Work Remotely | Inc.com
https://www.inc.com/cameron-albert-deitch/2018-inc5000-gitlab.html

2018年の時点でGitLabは350人もの従業員を抱えていますが、各各の従業員が住んでいり付ける国は多岐に渡り、全部で45カ国にもなるとのこと。全ての従業員がリモート環境で働いていり付けるのに、ビデオ送話やSlackなどのチャットツールを用いて従業員が常時連絡しています。


そういうGitLabは2014年の設置以降急速な拡大を続けており、2018年9月には新たに1億ドル(約110億円)の資金調達に成功し、公企業でもっての評価額は10億ドル(約1100億円)に達したと報じられています。2014年の収益が16万5000ドル(約1900万円)だったのに対して、2017年の収益はおよそ1050万ドル(約12億円)と6000%間近生長を遂げており、アメリカで急速に生長していり付ける公企業の第44位にランクインしていり付けるとのこと。

GitLabの協同開業者であるシッツェ?シブランディ氏は、「GitLabの生長は積もり的なものでした」と証言しています。GitLabはプログラム開発におけるさまざまなステップにあって所在行う膨大な補助ツールを、一カ所に寄せ集めることができるプラットフォームを提供しています。個々の開発者にはただの限定アクセスを提供し、公企業に対してはフルプライズの完璧アクセス権を授けることで、「GitLabを使えば開発速度が2倍に向上行う」と広告しています。チームの効率を改篤行うこといったのは、ある意義で人件費を抑えまれま新たな従業員を雇用ことに等しい収穫をもたらすものです。

by Jesús Corrius

GitLabの第一のバージョンは、シブランディ氏と協同でGitLabを開業したディミトリー?ザポロゼツ氏で2011年に作られました。当時、ザポロゼツ氏はウクライナのコンサルティングカンパニーに勤めており、GitLabは200人いた従業員の間でコードを分有行うのにのプラットフォームでもって出身ました。GitLabはベンチャーキャピタルのYアベックネータが経営行う掲出板?Hacker Newsに取り上げられ、オランダ現住のシブランディ氏をはじめと行う大半の開発者でぐんぐん改善されていきました。

やがてシブランディ氏はザポロゼツ氏にメールで「GitLabのカンパニーを立ち上げるつもりです」と打診し、ザポロゼツ氏もカンパニーを辞めてシブランディ氏と協同で各各の国に住んだまま働き始めました。2014年に本式なカンパニーでもってGitLab Inc.を立ち上げ、急速な拡大を続けています。

2018年6月には世界極大のソフトウェア開発プラットフォームであったGitHubがMicrosoftで買収され、公企業による統制が始まるのを嫌がった大半のユーザーがGitLabに流入してくるといった局面も生成。一挙に20万ものコードプロジェクトがプラットフォーム内で増大し、7倍もの新たな用命をゲット行うことができました。

by Ryan Morse

ザポロゼツ氏は到底手堅いなタイプで、初期にGitLabのコードは公開していたものの、自身のインフォメーションはほとんど明かさず、シブランディ氏と送話行う際にもビデオ送話を拒絶。シブランディ氏が写真を請いても、顔が見えぬくらいジャンボなサングラスをかけた写真を送ってきたそうです。ところで、カンパニーが透明性をアピール行うようになるとザポロゼツ氏の態度は軟化、今ではGitLabの会議やプレゼンの状態がYouTubeにアップさエるくらいになっています。

再び、各各の従業員が離床したり仕事をしたりしていり付ける時は差異ますが、オンラインでインフォメーションを分有して自分自身が居住国のタイムゾーンに締めて質問に返答といったコミュニケーションが可能になっていり付けるとのこと。

完璧リモート制の大きなメリットでもってはっきりなのが、「優等な人材を居住地域や国で取りこぼさずに済む」といった点です。その上よって採用できる蓋然性のある人材プールが非常に大きく身なり、無理に優等な人材をカンパニーの近くに呼び寄す必須がなく身なります。地域的な拘束がぬのに公募に対行う応募数も非常に大半、2018年第2四半期ばかりで1万3000件の応募があったそうです。

一方で大きな問題となるのが「カンパニーの文明をどう維持行うか」といった点。一カ所に集まってCEOの所見やビジョンを聞こえるチャンスが従業員に与えられず、全従業員間で意思の統率を図ることいったのは困難です。そこらでGitLabでは従業員のスケジュールに「バーチャルコーヒーブレイク」といった時を設け、GitLabで勤める以外の個的な物事につき従業員同士が話し、コミュニケーションが取エるようになっています。再び、上級役員は従業員なら誰さえ参画できるビデオチャットを行う時を設け、月ごとに設定した目標にGitLabが到達したら全従業員に報酬が与えらエるといったシステムも導入していり付けるとのこと。GitLabの例に考えると、比喩全ての従業員がリモート勤務であっても相互のコミュニケーションが取れて透明性のある状態を維持できれば、大きな成功を収めらエるのか仮にれません。

by Helena Lopes

?関連雑報
スタートアップで第一のエンジニアを雇用場合に気をつけるべきこと - BLACKBCAS

「スタートアップが成功行うのにには」をベンチャーキャピタル代表が語る - BLACKBCAS

スタートアップに「参画すべき訳」と「参画行うべきでぬ訳」をTwitch開業者が語る - BLACKBCAS

「AR技能でオフィスを拡張行う」ことを目指差すスタートアップ「Spatial」といったのは? - BLACKBCAS

ドローン事業を活性化さすのにに80社のスタートアップが集う「ドローンバレー」がスイスにはある - BLACKBCAS

地球に二酸化炭素を減らすのにの4つの技能を実現できるスタートアップをYアベックネータが公募 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by log1h_ik