メモ

中国は優等な若者を早いうちに選抜してAI武器開発技能者を育成しようでもっていり付ける

by Jonathan Kos-Read

AI(加工頭脳)は医療方面をはじめ、様々なところでの活用が期待されています。元より、その中には軍事目当ても含まれます。中国?北京理工大学び舎では、次年代の「AI武器」開発者を生み出すのに、18歳以下の若者を集めた「武器システム開発」教育学課があるそうです。

China’s brightest children are being recruited to develop AI ‘killer bots’ | South China Morning Post
https://www.scmp.com/news/china/science/article/2172141/chinas-brightest-children-are-being-recruited-develop-ai-killer


中国至高の武器究める機関さえある北京理工大学び舎で行わエる「高等武器システムの実験プログラム」の候補者でもって、5000人以下に27人の少年と4人の少女が選ばれました。年齢はい食い差異も18歳以下で、このプログラムの幕開きは、中国がAI技能の軍事利用に重きを置いたことを意義していり付けるとSouth China Morning Postは報じています。

プログラムは4年制で、生徒はまず大学び舎の武器科学究と軍需事業の間柄者に「基本」を学び、そののち、器械工学や電子工学、武器設計などの専門方面へと進みます。以後、各自の技能を活かす究める施設で実地研修を行い、4年後には博士学課へ進んで、最終的には中国のAI武器を保つ次年代のリーダーになることが期待されています。


北京理工大学び舎の教授は、生徒たちを「格別に頭がいい子が揃っていますが、そればかりでは十二分ではありません」と評し、「比喩ば創出的思考、戦う意思、難題を乗り過ごす剛毅の精神など、自余の因子も必須です。それから、新武器開発ののにの熱意が不可欠であり、なにより、愛国者でなければいけません」と続けました。

国連大学び舎のポリシー究めるセンターに直属行うエレノア?パウエルズ氏によれば、この北京理工大学び舎のプログラムは、能動的?戦術的にAIを軍事利用行うことを目当てとした大学び舎の教育学課でもっては初のことだとのこと。アメリカの国防総省高等究めるプラン局(DARPA)では共通のプログラムが機密裏に行われていり付けるそうですが、こっちは科学究が目玉。中国のプログラムは生徒の育成に主眼を置いていり付けるところで大きな差異です。

こうした動きにつき、カリフォルニア大学び舎バークレー校のスチュアート?ラッセル氏は「非常にいけないプログラムだ」と指弾。「器械は人を殺すことを許さエるべきではありません。そのようなものは、じきにに多量毀損武器に身なります。参画行う生徒たちが『Slaughterbots』を見てにプログラムに挑むことを脈ます」とレビューしました。

「Slaughterbots」は2017年に公開された8分弱の画像で、器械が人を殺すことの危機性を説いています。

Slaughterbots - YouTube


といったのはいえ、ラッセル氏の言語を中国が柔順に聞こえるわけはぬので、世界には実際に「Slaughterbots」で描かれたような危機が寸前に迫っていり付けるのか仮にれません……。

?関連雑報
高等に発展したAIは人よりもはやまく世界を経営できるが、十二分な対策と整備が必須 - BLACKBCAS

AIを用いて地震後に起きる余震を的確に予測行う究める - BLACKBCAS

庇い立て士よりもAIの方が機密維持契約書(NDA)の処理を素早く的確に行える - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   メモ, Posted by logc_nt