動画

たった3000円で超高機能な空気清浄機を自作行う方法


空気中には、植物の花粉や砂、酸化物など、微微な粒子状物体がが飛び交っていて、花粉症やアレルギーなどのもととなることがあります。空気の汚れは空気清浄機を室に据えるばかりでか身なり改善さエるものの、微微な粒子状物体を確実に取り除けるような空気清浄機はか身なり高値。そういう中、ミシガン大学び舎医療部が、室内の空気中に漂うハウスダスト?花粉などを撤去できるレベルの高機能な空気清浄機をわずか25ドル(約2800円)で自作できる方法を引き合わせるしています。

Build a do-it-yourself home air purifier for about $25 | Michigan Medicine
https://www.uofmhealth.org/news/sinus-hepa-0630


たった数千円でどうやって空気清浄機を拵えるのか、以下のムービーを見ると一発でわかります。

Build a do-it-yourself air purifier for about $25 - YouTube


空気清浄システムの自作を示してくエるのは、ミシガン大学び舎耳鼻咽喉科の外来診療科の医長であるジェフリー?テレル医師。


テレル氏がまず用意したのはArbor Vacuumの空気清浄機のハイエンドモデルで、その価格は安くても800ドル(約9万円)とのこと。


それから、テレル氏が右手に持っていり付けるのは、空気中に含まエる0.3マイクロメートルの粒子の数を6秒ごとに測定できるセンサー。テレル氏がいり付ける室内の空気1立方フィート(約2万8000立方センチメートル)あたり、およそ40万以下の微粒子が含まれていり付けるといったことに身なります。


テレル氏がセンサーを空気清浄機の排気口の前にかざすと……


センサーに標示されていり付ける数がぐんぐんと減っていき……


とうとうは400と、大体0%といってもいいレベルにまで粒子が撤去されていり付けることがわかります。この空気清浄機は「HEPA」といった規格のフィルタを備えていて、定格風量で0.3マイクロメートルの粒子を99.97%撤去できる機能を持っていり付けるとのこと。


しかし、一般家は10万円前後ろも行う空気清浄機を購入こといったのはできません。そこらで、テレル氏が引き合わせる行うのが、わずか3000円で間近機能を持つ空気清浄機を自作してしまう方法です。


テレル氏が用意したのは、15ドル(約1700円)くらいの箱形換気扇と、空気清浄機用のフィルターです。


ここらで留意しなければならぬこといったのは、フィルターには汚れをろ過できるレベルが決まっていり付けるといったこと。テレル氏が用意したフィルターは0.3~1.0マイクロメートルの粒子までを撤去できる「MERV 13」といったレベルのもの。


フィルターを換気扇の前に貼り付けて、組み立て完了。


それくらい単純な構成の自作空気清浄システムは果たして効果があるのか疑問に思ってしまいますが、テレル氏は微粒子を測定行うセンサーを換気扇の前に置いて測定を幕開き。


およそ40万を示していたセンサーの数字はみるみる減っていき……


4万8400といった数字にまで低下。99.9%とまではいかぬものの、90%近くを撤去行うことに成功していて、花粉やハウスダストに備えるには十二分な機能を誇っています。


テレル氏は「この自作空気清浄機をベッドルームなどに据えるばかりで清浄な空気の中で暮らしができるように身なります」と勧めていました。

?関連雑報
レーザー光を操作して曲の奏楽が可能な「レーザーハープ」を自作行う猛者が登場 - BLACKBCAS

DIYで超強力なレーザー砲を作り出す自称「マッドサイエンティスト」に密着したムービー - BLACKBCAS

1万円で暗視ゴーグルを自作した猛者が登場 - BLACKBCAS

3万円で自作できる画期的な「加工すい臓」は医療機器のセキュリティホールを突くことで生誕した - BLACKBCAS

光を使った幻想的な画像をフリー自在に作エる「ライトペインティングマシーン」が自作さエる - BLACKBCAS

12歳の少女エンジニアが海のマイクロプラスチック汚染に対抗行う装備を発明 - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア,   サイエンス,   動画, Posted by log1i_yk