サイエンス

地球にわずか6光年離れた恒星に「99%日系外惑星が所在行う」と究める者が力説

by Thanasis Papathanasiou

バーナード星は地球に約6光年の間隔に位置し、ケンタウルス座アルファ星系に次いで日系にの間隔が間近恒星であることが知られています。そういうバーナード星には「周囲を公転行う惑星が所在行うのではぬか?」といった推測が長年にわたってされていましたが、とうとう「バーナード星に固有の惑星が所在行うといった観測結果が得られた」と報じられています。

A candidate super-Earth planet orbiting near the snow line of Barnard’s star | Nature
https://www.nature.com/articles/s41586-018-0677-y

Astronomers discover super-Earth around Barnard's star
https://phys.org/news/2018-11-astronomers-super-earth-barnard-star.html

ロンドン大学び舎クイーン?メアリーとスペインのカタルーニャ宇宙究める所(IEEC)、スペイン宇宙科学究める所(CSIC)が協同で行った究めるによると、バーナード星の周囲には「バーナード星b」と呼ばエる惑星が所在行う蓋然性が高まっています。バーナード星bは地球の3.2倍もの質量を持つ岩石惑星で、バーナード星の周囲を233日で一回りしていり付けるとのこと。


バーナード星bが公転していり付ける軌道はバーナード星に遠方離れており、凍結線と呼ばエるラインを超えていり付けると見られています。そののに表面気温は-170度くらいの極端に冷えた環境であり、地球のように生命が所在しやすい惑星ではぬ蓋然性が高いそうです。しかし、仮にもバーナード星bが分厚ぼったい空気を持っていた場合はグッと気温が高く身なり、住環境がよりよいものになっていり付ける蓋然性もあります。

ロンドン大学び舎クイーン?メアリーの物理学と天文学の教授であるGuillem Anglada氏は、「バーナード星は天文学究の間で汚名高い惑星です」と述べています。実は1960年代にも「バーナード星には惑星がある」と主唱されてそれが広く信じられていた時分がありましたが、後に望遠鏡の誤差によることだったと判明。Anglada氏は今回の発見が覆されぬことを望んでいり付けると語っています。


雑報作成時点で日系に一番間近日系外惑星は、日系に約4光年離れた箇所にある赤色矮星であるプロキシマ?ケンタウリの周囲を公転行うプロキシマ?ケンタウリbであると考えられています。バーナード星bの所在が実証されれば、その上次いで日系に間近間隔に所在行う日系外惑星といったことに身なります。

究めるチームはドップラー分光法といった手法を用いてバーナード星bを発見しました。目線速度を有行う日月にの光はドップラー効果により、その日月が遠ざかっていり付ける時は光の波長が赤色のほうへ食い差異る赤方偏移を起こし、逆に近づいていり付ける時は青色のほうへ食い差異る青方偏移を起こします。惑星が恒星の周囲に所在行うと重力による揺らぎが生成行うのに、ドップラー分光法の観測結果に「恒星の周囲に惑星が所在行うのではぬか」といった予測が成り佇むとのこと。

いにしえ20年にわたる観測データと最新のデータを検討した結果、究めるチームは「バーナード星には公転行う固有の惑星が所在行う」といったことが大体特定できたそうです。CSICの究める者であるIgnasi Ribas氏は、「非常に手堅いな解剖の後、私たちは99%以下の精度でバーナード星にはバーナード星bといった惑星が所在行うと確信しています。しかし、未来も観測結果を裏付けるのににさらなるデータの採集が必須です」と語りました。

?関連雑報
日系外惑星の規模や軌道、表面気温をインタラクティブに見てわかる「EXOPLANETS」 - BLACKBCAS

日系外の生命居住可能領分内に新たに8つの惑星を発見 - BLACKBCAS

世界で初めて「日系外の惑星を公転行う衛星」の証左が発見さエる - BLACKBCAS

冥王星の2倍以下の間隔で日系の端を公転行う準惑星が発見さエる - BLACKBCAS

日系の未知の惑星「プラネット?ナイン」が発見さエるまでにはあと1000年かかる - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス, Posted by log1h_ik