動画

AIを頭脳と行う全自動ロボットが起こした人の死亡アクシデントに焦点を当てたドキュメンタリー「The Truth About Killer Robots」


自動車メーカーばかりでなくAppleやGoogleといったIT業界の大男も開発に精力を注ぐのが自動操るカーです。そういう自動操るカーではテスラUberが操る手や歩行者を巻き込んだ死亡アクシデントを起こしていますが、それくらい大きな問題でもって取り上げらエることいったのは少ぬものです。自動操るカーによらず少なにず起こる「ロボットによる人の死亡アクシデント」に焦点を当てたドキュメンタリーシネマ「The Truth About Killer Robots」が、まもなく公開されます。

以下に「The Truth About Killer Robots」の予告編を聴視行うことができます。

The Truth About Killer Robots (2018) | Official Trailer | HBO - YouTube


「それはオートメーションと、その経緯で亡くなっていく人の物語です」といった不吉なセリフが器械音声により読み上げられます。


第一に出てきた男性は、「ロボットが男を殺害したんだ」と語ります。


以後、ロボットアームが自動車衝突実験などに使わエるダミー縫いぐるみをバチコーンとぶっ飛ばします。こういうアクシデントがいにしえに起きたことを暗示さすよう。


続いて別の男性が、「自動操るカーにおける第一の死亡アクシデントです」と述べ……


アクシデント時の自動操るカーの動きをシミュレーション行うかのようなアニメーションが流れます。


長間隔トラックやピザ職人、キーボードの組み立て作業など、同様作業を繰り返し行うような仕事は第一にAI取って代わらエることとなる職種と由緒ています。


3人目の男性が登場し、「あらゆるジャンルの仕事には基本的なルーティンが所在行うが、そういった繰り返しの作業はAIの登場によりなくなるらしい」とレビュー。


実際、既に大半の仕事の中で器械を用いた自動化が進んでいます。


しかし、別の男性は「我々は労働力をロボットに置き換えようでもっていり付けるわけではなく、ロボットを使って労働者のサポートをしたがると考えていり付けるんです」と、次々と登場してくる高等なロボットが思い違いを受けがちであると指摘。


実際に全自動ロボットと労働者が共に勤める現地の状態が映し出されます。


さらに別の人物が、「現在、器械は到底安値でありつつ、人による作業と同様ように的確な仕事が行えます。さらに、器械は人よりも安値に作業を行えるようになっていり付ける、とも話をしています」と、器械のメリットをわかりやあく解説。


実際、全自動で平易にピザが作られていきます。


「大半の人々が時世に取り残されていり付けると印象ています」


「予想さエる極大の危機は、不信感による情的な反応です」と、人たちによる言語のあとに……


枕さえ登場した、器械音声が「ロボットと人の間にあるダイナミクスは変わりました。お宅はもはや、なんどきお宅が済むのかわにぬ」


「それから、我々が始める」と、ロボットの時世の到来をロボットが告げるかのようなセリフでムービーは完了。


なお、「The Truth About Killer Robots」は現地時で2018年11月26日22時にHBOで放送予定。YouTube上で公開された予告編の解説欄には、「ロボット工学三鉄則」を自身のSF小説の中で記したアイザック?アシモフの言語や、ロボット開発にタッチエンジニア?工場労働者?ジャーナ名簿?形而上学究などへのインタビューに、加工頭脳(AI)により管轄さエる未来に対行う留意喚起を行うものとされています。

?関連雑報
「プログラムが人の命を左右行う」、全自動操るカーの倫理的ジレンマを解説 - BLACKBCAS

自動操るで生成した2件の死亡アクシデントへの「誤検知」の影響といったのは? - BLACKBCAS

Uberの自動操るカーが女性をはねて死なせたアクシデントはソフトウェアが人物を「誤検知」と判断したのにと判明 - BLACKBCAS

ドライバーが死亡したテスラ?モデルXのアクシデントはいにしえのケースと同様ような状況で生成していたことが判明 - BLACKBCAS

Uberの自動操るカーが横断者をはねて死なせたアクシデントの車載カメラ画像が公開、ドライバーの確認欠乏の疑問も - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア,   動画,   シネマ, Posted by logu_ii