インタビュー

「日本開発チームにはフリーにガンガンやってもらいたがる」、ハースストーンの開発者に新拡張「天下一ヴドゥ祭」につき聞いてみました


Blizzard主催の遊戯イベント「BlizzCon 2018」でハースストーンの新拡張「天下一ヴドゥ祭」が公表されました。BlizzCon 2018挙行中に、ハースストーン開発者に「天下一ヴドゥ祭」やハースストーンの魅力につき聞いてみました。

天下一ヴドゥ祭 - ハースストーン
https://playhearthstone.com/ja-jp/expansions-adventures/rastakhans-rumble/

インタビューに応じてくれたデイブ?コサック氏(左)とティム?アースキン氏(右)


BLACKBCAS(以下、「G」と綴り):
お二人の平易な自己引き合わせるをお願い事します。

デイブ?コサック(以下、「デイブ」と綴り):
ハースストーンのリード?ミッションデザイナーのデイブ?コサックです。主でもってシングルプレイヤーモードのチュートリアルを受け持ちしています。

ティム?アースキン(以下、「ティム」と綴り):
ハースストーンのシニアプロデューサーを義務るティム?アースキンです。各チームのスケジューリングなども受け持ちしています。

デイブ:
ティムが他のチームがやることをやっていり付けるかをチェック行うお目付け役なのですよ(笑)

G:
お二人ともゲーマーだと考えますが、カード遊戯でもってのハースストーンの良さはいずこにあると考えていますか?

デイブ:
一般的なカード遊戯のコアなファンでなくても楽しめるところですね。ルールが分かりやあくプレイしやあく、カード遊戯初志者さえとっつきやすいところでハースストーンのいいところかなと考えます。

ティム:
私は子どものころにカード遊戯が好きで、到底しばしば楽しんできました。昔はアメリカ中を転戦してトーナメントに出るくらいカード遊戯の決勝に熱狂していましたよ(笑) ご存知の通り、ハースストーンもプレイヤー同士が互いに勝敗を競いあえるコンペティティブなカード遊戯なのですが、そればかりでなく到底チャーミングで楽しく、画像が美しくサウンドも凝っていり付けるし、すてきカード遊戯体験ができるところで大好きです。


G:
ティム君、日本語お上部ですよね?

ティム:
全然(笑) 僅かはわかりますけれど。ペラペラじゃありません(注:ペラペラです)

G:
ティム君はローカライゼーションを受け持ちされていて、ハースストーン日本版のローカライズも受け持ちされたそうですね。

ティム:
はい。日本語のローカライゼーションには第一に最後まで携わりました。

G:
日本のローカライゼーションでどこか難しかったこといったのはありますか?日本特有の実態はありましたか?

ティム:
日本のローカライゼーションで一番難しかったこといったのはボイスアクティングです。日本のゲーマーは音声に対行う期待が高いので、その期待に応えるクオリティを保つのに労苦しました。日本には遊戯やアニメの優れた文明があり、声優君は到底リスペクトされています。各各のキャラクターにあった声の人を探してキャストし、遊戯の値打ちを保つこといったのは大変でした。それは、単に声がキャラクターに合っていり付けるといったばかりではなく、声優君に遊戯の中のキャラクターのパーソナリティーをうまく演じてもらう、キャラクターを体現してもらうのが難しかったです。

デイブ:
別の側面でもって、ハースストーンにはジョークやダジャレ、気の利いた言い回しなどユーモアがあふれています。ローカライゼーションにあっては、ジョークなどを含めて現地のチームの感性に委ねていり付けるのです。その国の文明などを一番しばしば知るのは彼らですにね。例えば、今回の新拡張「Rastakhan’s Rumble」は、日本語ではなんといったんでしたっけ?

G:
天下一ヴドゥ祭」ですね。

デイブ:
ええ、それは到底おかしい名前ですよね!日本のファンにはその意義がしばしばわかるはずです。ドラゴンボールへのオマージュです。その国からみてのユーモラスな表わすは、私たちからみても楽しいものなのです。


G:
日本のマンガのトピックが出たところで、デイブ君は「らんま1/2」や「犬阿修羅」の高橋留美子君がお好きだそうですね。

デイブ:
ええ!大ファンです。

G:
高橋作のいずこに魅力をお印象ですか?

デイブ:
満悦や楽しさを実際にうまく表わすしていり付けると考えます。アクションばかりでなくテーマでもってシリアスなものを扱なんどきつも、ハートがこもっていり付けるところで大好きです。ハースストーンの世界観も同様なのですよ。私たちがハースストーンでやろうでもっていり付けるのは同様ようなことです。天下一ヴドゥ祭さえ大きなキャラが大ケンカ行うといったテーマではありますが、シリアスさとコミカルさがマッチ行うところで好きな一部分です。


G:
雑談が大半身なりましたが、本テーマである新拡張「天下一ヴドゥ祭」につき示してください。天下一ヴドゥ祭の世界観につきもはや僅か詳しくお聞かせください。

デイブ:
「Rastakhan’s Rumble(天下一ヴドゥ祭)」は、World of Warcraftの世界でいうアゼロスにトロルが集まってきて、自分自身たちが信ずる行う「ロア」といったスピリッツの中でどれが先頭強力のか?を定めるのにに闘うイベントです。天下一ヴドゥ祭を挙行行うのがラスタカン王なので「Rastakhan’s Rumble(ラスタカン王のケンカ大会)」です。ラスタカン王が見かばう中、9つのチームに分かれて闘います。「9つ」といったのは、まれまれハースストーンのクラスに対応していますね。各チームにはチャンピオン(レジェンド戦士)がいて、ロアも加わりつつ、誰が先頭強力のかを競うといったド派手なイベントです。


G:
ラスタカン王やチャンピオンはイメージしやすいのですが、「ロア」といった観念につき、もはや僅か詳しく示してください。

デイブ:
トロルの世界では、信ずるの対象となるスピリッツ(原始の神々)が「ロア」と呼ばれています。ロアはスピリッツですが、形になることもあり、大半の場合、生き物でもって現れます。各各のロアは各各違うものを表わすしています。例えば、ウォリアーのクラスであれば力の表徴でもって「サイ」になったり、プリーストでは死を表徴行う「死神」など各各のチームの信ずるの対象となっています。このコンセプトを考えるのは開発陣でもっては楽しいものでした。

G:
たく君の神様といったことで日本の「八百万の神」といったような所在ですね?日当人でもっては親しみやすいかも……。

デイブ:
ええ、そうですね。

G:
「喧嘩祭」といったのは?

デイブ:
今回のシングルプレイヤーモードは「喧嘩祭」と呼ばれていて、うら若い駆け出しのトロルになってトーナメントを勝利進んでいくようなメカニズムになっています。第一はどのロアに行うのかを選び、他のトロルのチームと闘っていき、勝つたびにカードがデッキに入りさらに強く身なります。

G:
すでにいくつかカードが公表されていますが、中さえイチオシのカードはどれでしょう?気に入っていり付ける一部分も含めて示してください。

ティム:
私は「大砲連射」ですね。


ティム:
それは6マナで3ダメージをラン堰に授けるのですが、海賊がいた場合、もはや一回用いることができます。海賊がずらりと並んでいり付けると、大砲がぐんぐん撃ち出され到底賑やかです。「いくぞー!」(日本語)といった印象です。


G:
(笑)

デイブ:
私のお気に入りは「スルスラズ」といったカードです。真新しいメカニクスである「血祭」といったオーバーキルを採用行うものです。


デイブ:
血祭といったのはミニオンの体力以下のダメージを与えたときに発動行うエフェクトで、スルスラズを他のカードとうまく組み合わせれば何度も攻めるできます。この永続攻めるは天下一ヴドゥ祭のテーマに合っていて、見ていり付ける人も楽しませてくれます。群衆が旬上るようなプレイができるので、個的にはすごく気に入っています。


G:
「血祭」や「喧嘩祭」など、不穏な用語が採用されていますね。ハースストーンのコミカルさとのミスマッチがおかしいと考えますが、それは積もり的なものですか?

ティム:
名前に関しては日本のローカライズによるところもあるかといったのは考えますが、先くらい言った通り日本チームにはフリーに翻訳してもらっています。日本チームが日本のカード遊戯の青史をもっともしばしば知っていますに。特に「英語のものを直訳しぬで」といった用命をつけています。元々のWorld of Warcraftはシリアスな遊戯ですが、そこらに派生したハースストーン自体はおかしい、楽しい遊戯といった各各の世界観がありますね。そういうWorld of Warcraftとハースストーンの世界観のギャップなどを前提に、ギャップを積もり的に活かしたユニークなネーミングだと考えます。

G:
本日は、おせわしい中、ありがとうございました。

ハースストーン
https://playhearthstone.com/ja-jp/

「天下一ヴドゥ祭」トレーラー | ハースストーン - YouTube

?関連雑報
「日本でeスポーツがはやりるには世界で活躍行う日当人が必須」、スーパーマン気遊戯「ハースストーン」の開発者ジェイソン?チェイズ氏インタビュー - BLACKBCAS

「モバイルならではの真新しいディアブロの世界をつくる」、Diablo Immortal開発者に新生ディアブロにつき聞いてみました - BLACKBCAS

「ヒーローたちの間柄性をはっきりに行う新ストーリーが増えていく」、オーバーウォッチ責め者へインタビュー - BLACKBCAS

「死骸をポップコーンみたがるに破裂さすのがめちゃくちゃ楽しい」と話す「Diablo」開発者インタビュー - BLACKBCAS

Blizzardのアジア地域を統括行うマイケル?フォン氏に日本市?eスポーツの展望?Blizzardの遊戯作りの理念などを聞いてきました - BLACKBCAS

Tweet

in 取材,   インタビュー,   モバイル,   動画,   遊戯, Posted by logv_to