レビュー

Google Chrome Labsが公開したWebPにも対応行う画像圧縮Webアプリ「Squoosh」を使ってみた


Google Chrome Labsが、オープンソースで誰さえ利用が可能な画像圧縮Webアプリ「Squoosh」を公開しました。Googleが開発した静止画フォーマット「WebP」に対応して高い圧縮率を実現していり付けるといったSquooshでどのぐらい画像ファイルの容量を小さく行うことができるのか、実際にやってみました。


Squooshの使い方は極めて平易で、以下のリンク先にブラウザにアクセス行うばかり。ホーム画面に画像をドラッグ&ドロップで読み込ますか、「Select an Image」をクリックして画像ファイルを特定すれば、ファイルがアップロードされて変換行う用意が始めます。なおこの時、プライバシーのページの記載によると、データはローカル側で加工さエるのにサーバーにはアップロードされぬとのこと。サーバーに筆録さエるのはGoogle Analytics関連の基本的なアクセスインフォメーションと、アップロード時と変換後のファイルサイズのデータばかりだそうです。

Squoosh
https://squoosh.app/


まずは、Nikonのデジタル一眼レフカメラ「D5」で撮るしたデータを読み込ませてみました。元データは解像度が5568×3712ピクセルでファイル容量は8.58MBといった重量級の画像データでしたが、右下を見るとSquooshで圧縮した場合のファイル容量でもって「715kB」、圧縮率でもっては実に92%も小さくなることが標示されています。画面中央にはスライダーが標示され、左右に動かすことで元データと変換後の画質の差異を確認できますが、真っ正直いってブラウザ上で比較行うばかりではその差異を見抜くのは極めて困難でした。


上記の圧縮はjpgファイルへの変換でしたが、メインとなるのは何といってもWebPファイルへの変換。左下の「Original Image」の一部分をクリック行うと、WebP体裁など複数のフォーマットをセレクト行うことができます。


試しにWebP体裁を選んでみると、圧縮後のファイルサイズはさらに小さくなって465kB、実に95%もファイル容量を小さく行うことが可能です。元より、画像のピクセル数はオリジナルのままです。


「D5なんていうプロ機で撮るした画像だにグッと圧縮できたばかりでは?」といった疑問が頭をよぎったので、次は一般的なカメラで撮るしたデータさえ試してみました。iPhone 6のカメラで撮るした容量1.48MBのデータを読み込ませたところ、WebP体裁だと195kBへ89%の節減、jpg体裁さえ312kBと80%も節減行うことができました。


この他、WebP体裁は不透明度インフォメーションなどが表わすできるアルファチャンネルに対応していり付けるので、png体裁など透明のインフォメーションを持つデータにも対応可能。Squooshはオープンソースでもって提供されており、ソースコードはGitHubで公開されています。

GitHub - GoogleChromeLabs/squoosh: Make images smaller using best-in-class codecs, right in the browser.
https://github.com/GoogleChromeLabs/squoosh/

?関連雑報
現在の画質そのままで圧縮率を60%向上さす新格「JPEG XL」の技能公募が幕開き - BLACKBCAS

画像のノイズを落としたり容量を小さくしたり行うにはどのようなコードを記す必須があるのか? - BLACKBCAS

次年代動画コーデック「AV1」の圧縮技能を利用行う次年代画像フォーマット「AVIF」 - BLACKBCAS

縦横無尽比を無視したリサイズをしても違和感のぬ画像に仕上げることができる画像リサイズ用ライブラリ「Caire」 - BLACKBCAS

なんで画像に「ぼかし」を入エると色の境界一部分がつぶれてしまうのか? - BLACKBCAS

Tweet

in レビュー,   ウェブアプリ, Posted by darkhorse_log