×
メモ

幼稚子どもがYouTubeで育つ社会は従来にぬ未知の世界を作り出すか仮にれぬ

By Robert Couse-Baker

ネットで好きなムービーがフリーに見らエるYouTubeはあらゆる年代で利用者が大半、成人に子どもまで日日のようにYouTubeを利用していり付けると由緒ています。しかし情操教育の大切な時分である幼年期にYouTubeに無我夢中になる子どもが増えていり付けることを問題視行う見方も広まっています。

The Dangers of YouTube for Young Children - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/magazine/archive/2018/11/raised-by-youtube/570838/

YouTubeは世界的に大半の人の支持を集めており、日本さえあらゆる年代に浸透しています。BIGLOBEが2017年2月に公表した調べる結果によると、小生徒の半数以下が「HIKAKIN」などユーチューバーの配信ムービーを楽しんでいり付けるといった状況がはっきりにされています。

小生徒の半数以下がユーチューバー動画を聴視BIGLOBEが「子どものスマホ動画聴視実態」を調べる | プレスルーム | ビッグローブ株式カンパニー
https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2017/02/170228-1

YouTube上では、子ども向けに特化したムービーも配信され、人気を集めています。その頂点に君臨していり付けるのがYouTubeチャンネルのChuChu TV Nursery Rhymes & Kids Songs(以下「ChuChu TV」)で、チャンネル登記数2000万以下をプライド、一番人気のあるムービー「Johny Johny Yes Papa and Many More Videos」は再生度数が15億回を超えるといったお化けコンテンツとなっています。

ChuChu TV Nursery Rhymes & Kids Songs - YouTube
https://www.youtube.com/user/TheChuChuTV/featured


ChuChu TVはインドの楽プロデューサー、ヴィノス?チャンドラー氏が立ち上げたチャンネル。初期は自分自身の娘ののにに制作したムービーでしたが、YouTubeで配信を始めたところ破裂的な人気を取得行うに至りました。日本語では「きらきら星」の曲名で親しまエるTwinkle Twinkle Little Starをアレンジした曲に始まる以下のムービーは、顔の部位や数の数え方などを示しるようなものにも見えますが、教育的因子の旬込まれたがるわゆる「子ども向けプログラム」といったのはいずこか違った「楽しさ」「親しみやすさ」に特化した中身と印象らエるものになっています。

Twinkle Twinkle Little Star and Many More Videos | Popular Nursery Rhymes Collection by ChuChu TV - YouTube


ChuChu TVはインドのチェンナイにオフィスを構え、200人のアニメーターが日々コンテンツの作成に従業していり付けるとのこと。YouTube時世を表徴行うようなChuChu TVは、子ども向けプログラムの定番といえるセサミストリートやディズニーなどに肩を並べるくらいの所在感を示すようになってきており、セサミストリートの再生度数が50億回であるのに対してChuChu TVは全部で190億回にも上っていり付けるそうです。


チャンドラー氏によると、ChuChu TVの極大の市は米国とインドとなっており、締めて全部の約3分の1を形成していり付けるとのこと。さらに、イギリスやカナダ、メキシコ、オーストラリア、アフリカやアジアなど世界中にアクセスを寄せ集めるChuChu TVは1日あたりの再生度数が2000万回にも上っていり付けるといいます。チャンドラー氏(以下の写真右)は「私たちは第2のディズニーに身なりたがる」と展望を語っています。


しかしここらには可否両論が所在しています。フォロワー数や再生度数をみれば、YouTube時世ならではのコンテンツでもって歓迎されていり付けることいったのは一見瞭然といえますが、特に教育間柄者の間には警鐘を鳴らす見方も寄せられています。

「費やす者が気に入るものを提供行うのが仕事だ」といった見方には固定の説得力がある一方、主でもって教育的な視点には「子どもに合った中身のコンテンツを見すべきだ」といった所見が挙がっています。テレビの世界では、1968年にアメリカで「Children's Television Workshop」と呼ばエる体系がフォード財団、ニューヨークのカーネギー?コーポレーション、米内内閣にの資金提供を受けて設置されました。それからマサチューセッツ工科大学び舎の創立者であるジム?ヘンソン氏と教育プロの助けを借りて、子ども向けプログラムの表徴「セサミストリート」が生誕しました。

以後、テレビの世界は2010年頃にピークを出迎えた後、徐々に聴視者数の減少に直面行うように身なりました。そのもとは他ならぬ「オンラインムービー配信」の興隆です。

20世紀にあって、テレビは教育ののにの器具でもって使わエるといった側面を持っていました。テレビプログラムを制作して放送行うのにには大半のプロと多量の施設が必須とされ、大きな体系が揺れることでテレビの世界が作られていきました。元よりそこらには教育に関行うプロの所在もあり、時世ごとに変換を遂げつつも専門的な常識が反映されたプログラム作りが行われてきました。元よりテレビの世界にも、教育といったのは正逆のバイオレンスやポルノといった因子が混在していたこといったのは事実ですが、その中身には良し悪しはあれど固定の制約が加えられてきました。

By Chris

しかしYouTubeの世界の中では、そのような枠組みはほとんど効力を発露行うこといったのはありません。その善悪は別でもって、基本的にフリーなコンテンツ制作が可能なYouTubeの世界では、従来はさほど見られなかった中身のムービーが配信されていり付けるといいます。

その例の1つでもって挙げられていり付けるのが、「Johny Johny Yes Papa and Many More Videos」をはじめと行うChuChu TVが配信していり付けるムービーです。このムービーでは、真夜中にコッソリとベッドを抜け出してキッチンに置いてある砂糖を盗み食いした子ども「Johny」がお父君に見つかるものの最後には仲良く遊ぶといった、しばしばわかるようなわにぬようなストーリーが描かれています。

Johny Johny Yes Papa and Many More Videos | Popular Nursery Rhymes Collection by ChuChu TV - YouTube


UCLA(カリフォルニア大学び舎ロサンゼルス校)Center for Scholars & Storytellersの協同ディレクターを義務るColleen Russo Johnson氏はこのムービーや、子どもとブタのキャラクターが群衆の前で舞う状態を描いたムービー「Head, Shoulders, Knees and Toes Kids Dance Song」などを見て、明るい画面や互いに無間柄な因子、それから早い中身の展開などが「本来このムービーが遂げるべき教育的な役割に子どもたちを遠ざけてしまうリスクがある」と指摘しています。

Johnson氏は、子どもののにのプログラムはより密集力を高めるのにに、あたかも本を読む時のように展開をゆっくりとしたものに行うべきであると述べています。子どもの分かるスピードは成人に比べてのろいのに、ゆっくりと一つずつ得心さすようにして進めぬと分かるが進まず、密集し続けらエる時も短くなってしまうといったわけです。

YouTubeは子ども向けYouTubeでもって「YouTube Kidsアプリ」を提供していますが、毎月19億人にのぼるYouTube利用者数のうちYouTube Kidsアプリを実際に利用していり付ける人はごく一部に留まっていり付けるとのこと。時世が前進とメディアの形が変わり、従来の実績あるツールが所在感を失うといった状況が生まエるのは世の常といえるもの。しかしその中さえ数々の取り組みで真新しい形状のメディアが現れしてきたのがそれまでの青史ともいえます。しばしば言わエるように、YouTubeなどネットのプラットフォームが登場してきたことで、メディアの送信力は大公企業に個へとシフト行う動きが続いています。そういう中で、どのメディアをセレクトして利用行うのかを選べる力が、ユーザーの側にはそれまで以下に請いらエるといったことなのか仮にれません。

?関連雑報
YouTubeは自身が社会に悪影響を及ぼしていり付けることを認知、しかし真の突破策を打ち出すには用意欠乏か - BLACKBCAS

GoogleがYouTube上の人気ムービーの中身探査をプラン中、ローガン?ポールの二の舞をよける - BLACKBCAS

世界中で大炎上中のYouTuberローガン?ポールは日本で一体何をしでかしたのか? - BLACKBCAS

Netflixしか見ぬ子どもたちは1年間で230時分のCMを見ずに済んでいり付ける - BLACKBCAS

ウェブの父ティム?バーナーズ=リーが「ウェブが武器にならぬようにテック公企業を規制行う」必須性を語る - BLACKBCAS

Tweet

in ネットサービス,   動画,   メモ, Posted by logx_tm