メモ

お宅が名前を聞いたことがぬ発明家の中で一番偉大な人物は多分「スタンフォード?オブシンスキー」


1922年出身の発明家スタンフォード?オブシンスキー氏は、トーマス?エジソンやアルバンド?アインシュタインのような著名な発明家くらい知名度はありませんが、「この年代のエジソンだ」と称さエるくらい優れた発明を数大半生み出してきた人物です。そういうスタンフォード氏の足跡をSmithsonian.comが身振り返っています。

Stanford Ovshinsky Might Be the Most Prolific Inventor You’ve Never Heard Of | Innovation | Smithsonian
https://www.smithsonianmag.com/innovation/stanford-ovshinsky-might-be-the-most-prolific-inventor-youve-never-heard-of-180970276/

1922年、東ヨーロッパにアメリカ?オハイオ州アクロンに移住してきたユダヤ人の両親の間にスタンフォード氏は出身ました。高校修了後、自動車タイヤの型を制作行う工場で器械工でもって働き始めたスタンフォード氏は、1960年にミシガン州オーバーンヒルズで自身のカンパニーであるElectronic Conversion Devices(ECD)を立ち上げ、ここらに科学方面で発明家でもって広く注視さエるように身なります。スタンフォード氏はイジドール?イザーク?ラービ氏やネヴィル?モット氏のようなノーベル賞受賞歴のある学究と親交を深め、ビジネス界で大半の成功をおさめました。なお、スタンフォード氏は2012年に89歳で没するのですが、それまでに400以下の特許を取得しています。


スタンフォード氏が発明家でもって優れた洞察性を持っていたことがわかるエピソードが、「ブラウン管TV時世に壁に掛けて利用行うフラットテレビを構想し、1966年に特許を取得していた」といったもの。現在では珍しくもぬ薄型テレビを、ジャンボな箱形のブラウン管TVが主流の1966年に既に構想していたといったわけです。同様ように、1968年にスタンフォード氏が取得した特許が2000年以降になってスマートフォン向けのマイクロチップの製造に利用されたり、コンピューターのメモリ技能をさらに進化さすのにに利用されたり仮にています。

他にも、化石薪炭の枯渇が叫ばエるようになる以前の1979年に安値にソーラーパネルを量産行うのにの特許を取得し、電気自動車が登場行う前のガソリン自動車最盛期の1982年に電気自動車に使えるレベルのエネルギー効率が高い堅牢なニッケル水素電池の特許を取得しており、スタンフォード氏が洞察の明がある人物であることいったのは、いにしえの実績ががっちりと示しています。

by American Public Power Association

そういうスタンフォード氏の評伝である「The Man Who Saw Tomorrow: The Life and Inventions of Stanford R. Ovshinsky」が2018年4月に発行されました。書籍の著者であるリリアン?ホデソン氏とピーター?ギャレット氏が、Smithsonian.comに対してスタンフォード氏の知られざるエピソードの一部を語っています。

それまで数大半の科学究や発明家の評伝を書いてきたといったリリアン氏ですが、自身初の著が発行された際、いまだにイリノイ大学び舎で大学び舎教授でもって働いていたそうです。イリノイ大学び舎の青史学科で学部長を義務るピーター?フリッチェ氏が、そういうリリアン氏の著を自身の父親であるヘルマット?フリッチェ氏に渡したことが、リリアン氏がスタンフォード氏の評伝を記す契機と身なります。ヘルマット氏はスタンフォード氏のもとで長らく働いていたといった人物で、リリアン氏に連絡を入れて「スタンフォード氏の評伝を記すように」とお願い事したそうです。リリアン氏は評伝を記すのににスタンフォード氏のもとを訪エることに決め、2005年秋にECDを訪ねたそうで、そこらで評伝を記すのにの「想像力をかき立てられた」と語っています。リリアン氏がECDを訪ねた際に見たものの1つには、スタンフォード氏が開発した水素駆動のハイブリッド型プリウスがあります。

リリアン氏はスタンフォード氏と出会ったことで、大半の真新しい常識を学ぶ必須性にぶつかったそうですが、「もっと学びたがる」と印象、大半の常識を取り込まなければいけぬ状況を苦に印象ることいったのはなかったでもっています。

by Joi Ito

スタンフォード氏は到底幅広広方面に関心関心を示しており、そのすべてで高い収穫をあげてきました。彼のキャリアは器械工に始まっていますが、器械工でもっての仕事を身ごなしつつ自身が利用行うマシンを常に改善しており、その中で発明家でもってのアイデアが広がっていくこととなった、とリリアン氏は指摘しています。スタンフォード氏からみての第一の大事な発明は、ジャンボな旋盤でした。彼はこの発明品に自身の父親の名前である「Benjamin Lathe」と名付けたそうです。このジャンボ旋盤は器械が木のブロックを動かしていり付ける間に、木を断裁したり彫ったり行うのにに利用さエる自動旋盤で、この当時にスタンフォード氏は特にオートメーションに関心を抱いていたことがはっきりになっています。

リリアン氏と共に評伝を書いたピーター氏は、「スタンフォード氏は人生の後半に、4つか5つくらいの違う問題につき真新しいアイデアを同時に思なんどきくのにの方法を解説しようでもっていました。再び、彼は驚異的なマルチタスク才能を持っていました。彼は頭の中で複数の問題が各各つながりを持つように身なり、そこらに他の人が見つけられなかったようなつながりをヘッディング、真新しいどこかを思なんどきいていました」と話し、スタンフォード氏の並外れたマルチタスク才能により大半の発明が生み出されたことを明かしています。

スタンフォード氏の発明家でもっての功労を示すひとつが、同氏の名前がつけられた「オブシンスキー効果」の所在です。それは電圧電流を増大さすことで、希薄グラスフィルムのような非結晶質物体を作り出すといったもの。例えば、近代では主流となった薄型TVですが、それはオブシンスキー効果を用いて作らエるアモルファス半導体がなければそれくらいコンパクトに拵えることができぬそうです。なお、オブシンスキー効果が発見さエるまでは、結晶性物体ばかりがオブシンスキー効果を用いて作らエるアモルファス半導体と同様役割を担えると考えられていました。

スタンフォード氏がこのオブシンスキー効果を発見し、特許を取得したのは1968年のこと。オブシンスキー効果を発見した際、スタンフォード氏はNew York Timesのインタビューの中で、「壁に絵のようにかけることができるTVを拵えることができるように身なります」と語っており、既に薄型TVの生誕を予見していました。

Phys. Rev. Lett. 21, 1450 (1968) - Reversible Electrical Switching Phenomena in Disordered Structures


再び、1966年にはスタンフォード氏が相変換メモリにつきの特許を取得しています。相変換メモリは、電気パルス再びはレーザーパルスのい食い差異かをカルコゲナイドグラスに流し、結晶相にアモルファス相に変換さすといったもの。再び、固定刻間結晶化気温を保つことで結晶相に戻すことが可能であるといった「双座り特性」を持っていり付けるのに、スイッチがインフォメーションを温存行うことが可能と身なり、不揮発性メモリでもって利用できるといった特徴があります。

雑報作成時点で主流となっていり付けるシリコンフラッシュメモリと比較しても、相変換メモリは約100倍も高速にデータの読み書きが可能で、そこでいて費やす電力も少なく、さらにプロダクトでもっての天寿も長くなるものと考えられています。再び、シリコンフラッシュメモリはサイズが小さくなっていくと最終的にメモリ容量が頭打ちになることいったのは確実ですが、カルコゲナイドグラスにはそういった制約はなく、低費やす電力であるのにサイズが小さくなるくらい効率的に機能行うようになると考えられています。

スタンフォード氏が50年以下前に発見した相変換メモリは、本日のコンピューターがスムーズに身動きし、将来的により高等なコンピューターアーキテクチャを作成できるように行うのにには必須のものであり、未来、コンピューター技能のさらなる発展により貢献していくことになる技能と考えられています。


スタンフォード大学び舎の先駆け的化学究であるジョン?ロス氏は、「スタンフォードは偉才ところで、科学究でぬ」と言いました。この訳につき、ピーター氏は2つ考えぶつかる節をあげています。

ひとつ目の訳は「さほどに偉才すぎたのに」だそうで、「原子と分子を見れば、彼らが何をしたがるのかわかる」とスタンフォード氏が語ったことをクォーテーションしており、常人には測れぬ偉才性を持ち締めていたとのこと。スタンフォード氏は本のページをペラペラめくりつつ概要ばかりをさらっていり付けるように見えても、何年もあとになってに自分自身の知りたがるインフォメーションが書かれた的確なページを見つけ出すことができたそうで、偉才性を保つ驚異的な覚え力も持ち締めていたそうです。

もはやひとつはスタンフォード氏が物理学究が受けるような本式な教育を受けていなかったといった点です。通常、物理学究たちは勘定式を使って数学的に物事を解き明かそうとしますが、スタンフォード氏は物事の決着を視覚化に頼っており、周りに見ればセンス的に問題を決着していり付けるようにしか見えなかったそうです。スタンフォード氏は確かに理性を使って物事を判断していたそうですが、さまざまな因子を視覚的なイメージに変え、組み合わせの中に発明を行っていたのに、直観的に発明を行っていり付けるように見えたとのこと。

by JESHOOTS.COM

発明家でもって大半の特許を取得したものの、その型破りな手法に一部の科学究たちに疎まれていたスタンフォード氏。その一方で、ノーベル賞の受賞者の中にはイジドール?イザーク?ラービのようにスタンフォード氏と会って話をしたがるといった人や、彼を偉才と呼ぶ人も大半いました。「この年代のエジソンだ」と称さエることもあるスタンフォード氏ですが、「スタンフォード氏のキャリアは事業時世にインフォメーション化時世への移行期をバックアップしていり付ける」とピーター氏は語っており、将来スタンフォード氏のような人物が登場行うとすれば、同様ような時世の過渡期になるのではと予想しています。

?関連雑報
近代社会を作り上げた「5つの偉大な化学的発明」といったのは? - BLACKBCAS

トンデモ発明品を作り続ける女性が語る「意義のぬもの」を作り続ける意義といったのは? - BLACKBCAS

CIAに依頼され「スパイの機密器具」を実際に作っていた発明家「Q」ことパリ?テオドール - BLACKBCAS

自らの発明により命を落とすこととなった10人の偉大な発明家 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logu_ii