×
味見

飲まれる的ジャンク感が脳の報酬系を直撃行うカップ麺「マルちゃん QTTA ハンバーガー味」「フライドチキン味」を食べてみた


がっちりとした食べごたえで「はぁ~、くった~」と言わしめることをコンセプトにした「MARUCHAN QTTA」「ハンバーガー味」「フライドチキン味」が2018年10月15日(月)に登場しています。「超スナック系」の第3弾でもってファストフードの定番を再現していり付けるとのことなので、実際に食べてその再現度を確かめてみました。

「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」「同 フライドチキン味」 新発売のお通知 | ニュースリリース | 公企業インフォメーション | 東洋水産株式カンパニー
https://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2018/10/maruchanqtta_2.html

「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」(税別180円)のパッケージはこういう印象。


皮相はハンバーガーのセサミバンズを実像したデザインになっています。


原材料は「油揚げめん」「添付調味料」「かやく」に分けて書かれています。目を差し手繰るのは麺の「精製ラード」の文字。再び、添付調味料ことコンソメには「チーズ加工品」とあり、パッケージのチーズバーガーの味を期待させます。


1食あたりのカロリーは364kcalで通常のカップ麺とさくらい変わりません。一方、脂質は多めです。


フタを開けてみれば、マヨネーズを思わす酸いにおいが漂い、食い気をそそります。具は「豚肉ダイス」と「まれねぎ」の2ジャンル。原材料には添付調味料と書かれていますが特にコンソメが小分けの袋に入ってはいませんでした。


お湯を注いで3分待ちます。


3分経ってフタを開けると、より勢いを増したマヨネーズの香とともにこんがり焼けた肉の香仮にてきました。うっかりハンバーガーの包み紙を開ける光景がまぶたの裏に浮かびます。


フタの裏手には、おいしく仕上げるポイントが記載されていました。


アドバイスに従いぐるぐるとしばしばかき混ぜて……


まずは具の肉に。肉はかむと粗びき肉のようにほぐれて肉汁がしみ出してきました。豚肉にもかかわらずがっちり「ハンバーガーのパティ」感がしてくるのには驚かされました。


まれねぎはかむと音が行うくらいシャキシャキしていて、ちゃんとオニオンが再現されています。


麺はラードを利用した油で揚げたばかりあって、口に入エると芳しい脂の風味がします。再び、かむとなめらかな歯触りとわずかに歯に張りくっつくようなもちもちとした食感が交互にやって来ます。


パセリが浮いたコンソメはマヨネーズの酸味とチーズのコクが絶妙に溶け合っていて、ハンバーガーの再現度に貢献しています。ラーメンなのにハンバーガーといった猛烈なパーソナリティーが前方に出ていり付ける一品でした。


「MARUCHAN QTTA フライドチキン味」(税別180円)のパッケージはこういう印象。


皮相のプリントはバケットに詰まったフライドチキンをイメージさせます。


原材料を見ると、麺はハンバーガー味と共通の材料ですが、ハンバーガー味と差異コンソメにもチキンエ接吻が使われています。


滋養標示を見ると1食350kcalと、ハンバーガー味と比べてややカロリーが抑えめなことがわかります。脂質も少ぬですが炭水化物は大半なっています。


フタを開けると、具と粉末コンソメが入っています。具は「鶏肉加工品」「コーン」「赤ピーマン」の3ジャンル。フライドチキン味によらず、粉末コンソメが麺の上にどさっとまぶされていり付けるのがQTTAの特徴のひとつです。


こっちが完成したところ。フタを開けるとフライドチキン特有のスパイシーな香が立ちこめてきました。


具の鶏肉加工品の「FDフライドチキン」はシリーズ初とのこと。再び、メーカーにテレフォンで質問締めて確認したところ、FDといったのはフリーズドライのことでした。といったのはいえ、FDフライドチキンと銘打ってはいり付けるものの、フライドチキンをフリーズドライにしたわけではなく、フライドチキンに間近状態に加工した鶏肉をフリーズドライにしたことだとこと。そのせいといったわけではありませんが、具を食べてみれば僅かふにゃっとしたかみ応えがして、通常のカップ麺に入っていり付ける謎肉との大きな差異が印象られぬといったのが真っ正直なところ。


コーンも通常のコーン。一方、赤ピーマンはかむとややピリッとした苦みがしました。この赤ピーマンがフライドチキンのスパイシーさの再現の一端を担っていり付けるので、もはや僅か所在感があるとよかったかも……といった印象があります。


コンソメは芳しいチキンの風味とスパイスのスパイシーさが一体となっていり付ける濃厚な味わい。かき混ぜなければ底に沈んでしまうくらい濃厚コンソメにはいい意義での粉っぽさと脂っぽさが同棲しており、フライドチキンの衣を強力に再現しています。そのせいでカップ麺にしばしばあるオーソドックスなチキン味にはならず、フライドチキン味をフライドチキン味たらしめていました。


両方食べた所感でもっては、ファストフードの殴打力はハンバーガー味に、カップ麺でもっての完成度はフライドチキン味に、各各軍配が上るといったところ。再び、両方とも胃袋にズンと来る食べごたえは共通で、完食すればうっかり「はぁ~、くった~」と言ってしまうのは間差異なしです。

「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」と「フライドチキン味」は全国の小売店で販売されています。再び、Amazon.co.jpでは12個入りが税込2183円で購入可能です。

Amazon | マルちゃん QTTA ハンバーガー味 82g×12個 | マルちゃん | ラーメン 通販




Amazon | マルちゃん QTTA フライドチキン味 80g×12個 | マルちゃん | ラーメン 通販



?関連雑報
あのプリングルズの人気フレーバーをカップ麺で再現した「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」などコラボ4種味見レビュー - BLACKBCAS

2種のトムヤムクン「ナムサイ風」「ナムコン風」で本場の味を再現した日清食料「スパイスキッチン」新作2つを食べてみた - BLACKBCAS

スパイシーで濃厚な味がクセになるエースコック「スーパーカップ1.5倍」超やみつきシリーズ全3種を食べてみた - BLACKBCAS

「カップヌードル インド風バターチキンカリー」味見レビュー、その再現度をナンと共に食べて確かめてみた - BLACKBCAS

日清チキンラーメンの「ひよこちゃん」が中華まんになった「ひよこちゃんまん」と「でにあげクン チキンラーメンローストしょう油」を食べてみた - BLACKBCAS

?関連コンテンツ

Tweet

in 味見, Posted by log1l_ks