×
メモ

「ニュース砂漠」が拡大行う時世、アメリカでは15年間に1800の新聞が消失

by Katerina Radvanska

日本で「発行不況」が叫ばれ、実際に発催し業が縮小し始めて20年。新聞も相当な逆境にあるようで、アメリカでは、2004年に15年で約1800紙の新聞が消え、ニュースを取ることができぬ「ニュース砂漠」が拡大していり付けるそうです。

The Expanding News Desert |The Expanding News Desert
http://www.usnewsdeserts.com/reports/expanding-news-desert/


ノースカロライナ大学び舎チャペルヒル校(UNC)のメディア&ジャーナ律動スクールでは、この「ニュース砂漠」のインフォメーションをまとめたサイト「The Expanding News Desert」を公開しています。トップページの「Do You Live in a News Desert?」と題された地図は、すでに新聞が消失した地域、残り1紙といった地域を示したものです。


その最新のレポートによると、2004年に15年間で絶版、他紙との合併などで消失したアメリカの新聞の数は約1800。内訳は日刊紙が60、週刊紙が1700。残っていり付けるのは日刊紙1283,週刊紙5829の7112紙だとのこと。この前、「新聞の絶版がなかった州」はなく、「ニュース砂漠化」に晒されていり付けるコミュニティは数百といった数に上ると考えられています。すでに、アメリカの全3143郡のうち、約200の郡は「まったく新聞の所在しぬ郡」と化し、1449の郡が週刊紙1つのみといった状況に陥っています。再び、すでに日刊紙が消失した郡の数は2000に上京ます。

消失した新聞の70%、1300紙は大都会圏で発行されていり付けるもので、そのほとんどは週刊紙で、発行数は1万部未満だったとのこと。農村部さえ500以下の新聞が消失。こうした地域の読み手の大半は全国平均を超えるくらい貧苦な農家で、コミュニティは孤立しがちであり、新聞がなくなったあとのブランクを埋めるものがぬ状況にあります。残っていり付ける新聞も小規模な農村地域で展開していり付けるものが大半、該当行う5500紙は発行数が1万5000部未満だそうです。

新聞の数の減少は上述の通りですが、読み手数も減少の一途をたどっていて、しかもその減少速度は加速しています。ここら15年で、新聞の1週間の発行部数は1億2200万部に7300万部へと減僅かました。

なお、消失はほとんど気付かれぬうちに生成しています。137年の青史がある「Gridley Herald」は2018年8月31日時けで完了しましたが、その完了をスポーツ受け持ち特派員が知ったのは当日のことだったそうです。


Girdley Heraldを発行していたのはアメリカ極大級の新聞発行社であるGateHouse Mediaで、同様く2018年付けでミズーリ州南西部で最古の日刊紙?Carthage Pressも絶版にしました。新聞の発行をやめてしまう訳は「新聞用箋が高いに」だとのこと。

With one day’s notice, Gridley Herald staff prints final issue, closes its doors – Chico Enterprise-Record
https://www.chicoer.com/2018/08/31/with-one-days-notice-gridley-herald-staff-prints-final-issue-closes-its-doors/


紙が高いならデジタル化すればよいのでは……といったのは平易に思なんどきくところであり、実際にベンチャー公企業をはじめでもって幾多の起業家が地域にニュースを提供行うビジネスモデルを試したものの、大一部分の公企業は大都会圏に密集していり付けるのに、結局、一回「ニュース砂漠」になると、元に戻ることいったのは困難ようです。

再び、上に出てきたGateHouse Mediaのように、新聞を所有行うカンパニーの数も再び年々減僅かており、上位25社で新聞全部の3分の1、日刊紙に極めると3分の2を所有していり付ける状態にあります。こののに、地元といったのは得失間柄を持たぬカンパニーがローカル紙を出していり付けるといったケースがたくさんとのこと。

UNCメディア&ジャーナ律動スクールでは、極小の市さえ持続可能なニュースビジネスモデルを作り上げられれば、草の根レベルにメディアへの信頼を復活さすことができると締めくくっていますが、そういうビジネスモデルがあるなら、すでに起業家が群れをなしていり付けるはず……。

?関連雑報
新聞社が4億円以下をレシートGoogleやUberからみて有利な雑報を記すような契約をしていたことがはっきりに - BLACKBCAS

弱齢層が新聞や書籍、マガジン、固定テレフォンに遠ざかっていり付ける趨向がより顕著に - BLACKBCAS

新聞離れが明白に、うら若い年代くらいインターネットでニュースを読む - BLACKBCAS

3.11のトピックが新聞の一面に次第に消えていくのを見える化してみた - BLACKBCAS

?関連コンテンツ

Tweet

in メモ, Posted by logc_nt