×
セキュリティ

エプソンが格安の互換インクカートリッジを排除行うダウングレードを行っていたことが判明

by BwDraco

プリンターメーカーのエプソンが、サードパーティーによる格安のインクカートリッジを使えぬように行うのにに、セキュリティのアップグレードと称して実質的なダウングレードを行っていたことが判明しました。調べるを行った電子フロンティア財団はセキュリティアップグレードを装ったダウングレードを強く批判しています。

EFF To Texas AG: Epson Tricked Its Customers With a Dangerous Fake Update | Electronic Frontier Foundation
https://www.eff.org/deeplinks/2018/10/eff-texas-ag-epson-tricked-its-customers-dangerous-fake-update


PC内のデータを紙などに出力できるプリンターは、今や近代人の暮らしになくてはならぬアイテムのひとつとなっています。インクジェットタイプのプリンター本体の価格は比較的入手しやすいものとなっていますが、刷るに必須なインクカートリッジはメーカー公売で、価格も僅かずつ高騰していり付けることが問題となっています。実際に、アメリカのニュージャージー州では、カートリッジの製造業者に1000ページ分の刷るにかかる平均経費をパッケージに明記行うような法案が提出されていり付けるとのこと。

インクカートリッジの価格高騰で、サードパーティーによる互換インクカートリッジが発売され、市に広く出回っています。プリンターのメーカーは、互換インクカートリッジのメーカーの起訴に踏み切ったり、インクカートリッジにICチップを載せたり、インクカートリッジの体裁を細かくモデルチェンジしたりして、互換インクカートリッジを排除しようと努めていました。

by Raymond

エプソンは2016年後半に2017年初めに、プリンターのファームウェアを更新しました。それらのアップランデブーはプリンタのセキュリティの改善を行うものとされていましたが、電子フロンティア財団が調べるしたところによると、アップランデブーの中身は「エプソンが公売行うインクカートリッジのみに対応行うようなダウングレード」だったとのこと。電子フロンティア財団は「今回のエプソンのやり方は、ソフトウェア更新プログラムの信頼性を損じるような危機なものです」と、エプソンのやり方を強く批判しています。

なお、プリンターメーカーがひそかと互換インクカートリッジを排除しようと行うのはそれが初めてではありません。

HPは2016年に、安値な互換インクカートリッジの利用をブロック行うのにばかりに「セキュリティアップランデブー」を行いました。このセキュリティアップランデブーを適用されたプリンターは、互換インクカートリッジを認知せず、ミスメッセージを標示して刷るができなくなってしまいました。HPは公式ブログで「サードパーティー製の互換インクカートリッジの利用にはセキュリティリスクが伴う」と解説し、ユーザーに分かるを請いています。

by DMahalko

電子フロンティア財団は「エプソンとHPが欺まん的で不当な手段で儲けを追求していり付けるのは間差異ありませんが、サイバーセキュリティを能動的に悪用していり付けることいったのはさらにたちが悪く、エプソン?HPの不当行いは十二分恐れすべき項目です」とレビューしています。

?関連雑報
「Epson 9900」はインクが空と標示されても多量のインクが残留していり付けることがわかるムービー - BLACKBCAS

セキュリティ対策ゼロの「FAX」に内閣機関や公企業がハッキングに出あう危機性があると判明 - BLACKBCAS

HPがフルカラーで立体物を出力できる3Dプリンターシリーズを公表 - BLACKBCAS

エプソン、インクを再充填して使える再生インクカートリッジを開発 - BLACKBCAS

「マイナンバーが筆録されていり付けるPCの修理はできぬ」といったことで各社の規約が続々と更新中 - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア,   セキュリティ, Posted by log1i_yk