×
メモ

なんで医師は真新しい医療ツールを拒絶行うのか?

by rawpixel.com

医療は日々進歩し、真新しい技能がぐんぐん取り入れられていますが、真新しい器具を拒絶行う医師も所在します。このようなこといったのは今に始まったことではなく、体温計が登場した時にも発端ました。なんで医師たちは真新しい技能を拒絶行うのか、それからAIやコンピューター技能が取り入れらエる近代の医療における医師の姿につき、実際に医師でもって勤めるGina Siddiqui君が述べています。

Why Doctors Reject Tools That Make Their Jobs Easier - Scientific American Blog Network
https://blogs.scientificamerican.com/observations/why-doctors-reject-tools-that-make-their-jobs-easier/


1717年、ドイツ人技能者のガブリエル?ファーレンハイトはアムステル堰に移り住んだ際に、医師のヘルマン?ブールハーフェに自分自身が開発した最新の体温計を引き合わせるしました。ブールハーフェはこの体温計を気に入り、診断と診療に役立てることを動議しましたが、当時の医師たちはこの方法を歓迎しませんでした。熱で診断や診療を定めるといった考え方は受け入れられていたのですが、大事なのは熱の「質」だと考えられていたのです。フランス人医師のジェーン?チャールズ?グリモーは「体温計は自分自身の観測を単なる数に変えてしまう」と批判。このような「数」の差異は診療にあって大事ではぬと考えられました。

グリモーの考え方は、当時の大半の医師が抱いていたもの。医師たちは自分自身の手で病人に触ってこと大半のインフォメーションを得らエると考え、いにしえ数百年にわたって医師たちはグラス製のツールを嫌ってきました。

しかし、究める者たちは再現性の定律を薬学の中さえ見いだしたかったのに、辛抱強く普及活動を行っていきました。

1851年、ライプツィヒ大学び舎医院のカール?ブンダーリッヒ医師は自身の病人の体温筆録を幕開き。10衆人、数百万回の筆録のすえに、ブンダーリッヒ医師は「On the Temperature in Diseases: a manual of medical thermometry」(病における体温:医療的な体温計のマニュアル)といった本を発行しました。「人の平均体温は37度で、この前後ろであれは平常状態であるが、38度以下になると熱があるといった状態になる」といった近代につながる標準はブンダーリッヒ医師が確立したものです。ブンダーリッヒ医師はセンスではなく「数」で定義された方が、病の進行が予測しやすいと考えました。それからこの本の公表により、「質による熱の判断」を固持行う医師たちは改定を余儀なくされました。

by stevepb

この本の影響力は大きく、それまで体温計を用いることいったのは医師の無能力さを表すと考えられていたにも関わらず、1886年以降は体温計を使わぬ医師こそ無能力だと考えらエるようになったとのこと。「ただ病人の体に手を置いたばかりで得られたデータは不当確で信頼に値しぬ」と語るアメリカ人医師まで登場しました。次第に医師ばかりではなく病人の考え方も変換し、「グラスの器具を口の中に入れぬのですか?」と問うようになったといいます。

19世紀に医療の形は大きく変わり、血液点検や顕微鏡の利用、X線なども登場しました。それから近代は診療がシステム化され、近代の薬は特定のバクテリア、特定の臓器をターゲットにしたものが開発されています。

自分自身がそれまで信じてきた診療法ではなく、真新しい方法を病人に請いられた時、医師は十二分な分かるがぬままに診療を行えません。医師当人ではなく介添え師が行う血液点検や体温測定が問題を生み出す蓋然性や、医師そのものの役割が介添え師に置き換わってしまう蓋然性も考えられます。このようなさまざまな考えが医師の頭をよぎったのは、想像に難くありません。

当時、大学び舎医院にのみ所在し測定に20分もかかった体温計は、近代では一般家にまで普及しています。しかし、だにといって医師が不用になったわけではありませんでした。大半の人が熱があれば医師に解説を請い、熱がなくてもとにかく医師に診てもらって問題の特定を請いています。

体温計が広まった当時と同様の状況は、今もなお所在します。近代の医療ではマイクロバイオームが調べられMRIスキャンが行われ、テストステロン値がテストされます。CTスキャンはより安値で、より速く、より的確に、放射線が少ぬ形で進化し、それまで痛みを伴う触診で調べられていた盲腸は、痛みがなく短時の方法で検出できるように身なりました。

by Ken Treloar

それを「テクノロジーによる医療の進歩」だと祝福行う人もれいば、そうではぬ人もいます。実際に病人に触ったり、病人の話をがっちりと聞こえることを必須としぬ自動化?システム化された医療では、所在しぬことにされていり付ける病や健康の状態があるといったのがその力説です。ただし、医療機器が検知できぬ病が所在行うのも事実ですが、同時に人の手では検知できぬ病が所在行うのも事実です。

か縁故体温計を嫌ったグリモー医師は「熱病を引き引き起こす熱の質は、高等に訓練された医師の触診でのみ知覚され、器具による方法ではわにぬ」と力説しましたが、近代さえこの力説を取る医師は所在します。

子どもの発熱の大半は通常の感冒で、気がかりすべきものではありませんが、1万件に1件は致死性の伝染症にかかった子どもがいます。このような子どもは抗生物体やICUでの診療が必須です。

アメリカ?フィラデルフィアの医師たちは、この「1万件に1人」の病人を選び出すか、といったことにつき、人と器械を用いり付ける実験を行いました。その結果、体験豊富な医師は4分の3の公算でこのような病人を見区切ることができたとのこと。医院はさらに見逃しを少なく行うのに、電子医療筆録に「どの発熱が危機か」を判断行う量的なアルゴ律動を利用しました。行うと、アルゴ律動は10人中9人の深刻な伝染症を発見行うことができましたが、一方で誤検知は人の10倍でした。

そこらでフィラデルフィアの医院はアルゴ律動の利用を受け入れつつも、医師や介添え師に「高等に訓練された触診」を身につけさせ、致死性の伝染症だと診断して子どもに静脈注射を行う前にがっちり調べさすことにしました。アルゴ律動単体だと致死性の珍しい伝染症を検知できる公算は86.2%ですが、人の診断と合わすとその公算は99.4%にまで上がったとのこと。

by rawpixel.com

医療機器を使って軽率に点検を行い、軽率に点検結果に従って、自分自身の望まぬ結果が出ると肩をあくめるような医師になるべきではありません。人の医師の判断はコンピューターに比べて遅く、不当確で、バイアスがかかっていり付けるか仮にれませんが、プログラムされたことしか行えぬコンピューターといったのは差異、人は制約なく知覚ができます。テクノロジーがいまだに知らぬ真新しい現象、真新しい答えを見つけだすことが、医師でもっての自分自身の役割だとSiddiqui君は述べました。

?関連雑報
人体には「進化の経緯で役割を失って退化した器官」の名残がいくつも所在行う - BLACKBCAS

絶対に繰り返されてはいけぬ「邪悪な9つの医療実験」といったのは? - BLACKBCAS

病人が薬を自作できるように行う「バイオハッキング」を世界に送信行う目当てといったのは? - BLACKBCAS

AIがベテラン医師よりも高精度に脳スキャン画像に脳腫瘍を診断行うことに成功 - BLACKBCAS

Googleが医院を訪れた病人の身に「次に何が起こるか?」を予測行う技能を開発 - BLACKBCAS

?関連コンテンツ

Tweet

in メモ, Posted by logq_fa