×
サイエンス

「国連の機関が公表した天気変動に関行うレポートは楽観的すぎる」といった論議

By Tabitha Kaylee Hawk

そのもとや未来の影響に関行うさまざまな所見は所在行うものの、地球規模で天気が大きく変動して平均気温が上昇していり付けることいったのは厳然たる事実でもって所在します。天気変動による環境の悪化を軽減行うでもってさまざまな対策が練られていますが、国連が関連行う機関天気変動に関行う内閣間パネル(IPCC)が公表したレポートは楽観的すぎるといった見方が示されています。

The UN's Devastating Climate Change Report Was Too Optimistic - Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/43e8yp/the-uns-devastating-climate-change-report-was-too-optimistic

2008年に公表された報告書にあってNASAゴダード宇宙究める究める所のトップであるジェームズ?ハンセン氏と7人の気象科学究は、空気中の二酸化炭素濃度が450ppmに上昇し、地球の平均気温が1度上昇行うことで「実質的に不可逆的な氷床と種の喪失」が引き起こさエるメカニズムをはっきりにしました。この報告書にあって科学究は「この惑星はすでに危機領分に突入していり付ける」と示しています。

ここらで大事なポイントは、「温室効果ガスの増大は自己強化型の正のフィードバック」を引き引き起こすといったところにあるとされています。地球の天気が安全な領分に保たエるのにには、空気中の二酸化炭素濃度は350ppmに留まる必須があるといった試算が行われていますが、報告書が公表された2008年時点でその値は既に385ppmを示していました。さらに2018年5月になるとその値は410ppmへと上昇しており、この値はいにしえ80万年間で至高の数値と成っていり付けるとのこと。空気中の二酸化炭素濃度は、報告書が示していた「危機領分」をはるかに超える数値へと、この10年で上昇していり付けるといったことに身なります。

ハンセン氏らの「警告」に10年後に公表された国連の真新しい天気報告によると、このまま天気変動が繋がると地球の平均気温は12年間で1.5度も高まり、干ばつや洪水、超大型台風の生成など、人類がそれまでに体験したことがぬような壊滅的な災難がもたらさエると予測されています。さらに、IPCCは「それは単なる始めである」でもっており、21世紀の最後までに地球の平均気温は3~4度も上昇行うとされており、人類をはじめと行う地球上の生物そのものが存亡の危機に直面行う蓋然性も示されています。

By Bill #

しかし、このIPCCの報告書の中身ですら「楽観的に経つ」といった見方も所在していり付けるとのこと。報告書を見た科学究の中には、「正のフィードバックの効果を正しく分かるしていぬ」と批判行う声が挙がっていり付けるといいます。

1995年にノーベル化学賞を受賞したMIT教授のマリオ?モリーナ氏は、「IPCCは、未来増大行う影響につきの叙述があるにもかかわらず、主要なリスクを低く評価しています。すなわち、自己強化型のフィードバックループは、人類がエネルギーシステムを改善して環境汚染問題を決着行う前に地球の天気システムを錯綜状態に陥れてしまう蓋然性があります」と語っています

さらに、IPCCの報告書の問題点は「空気に二酸化炭素を取りのけるジオエンジニアリング技能をアテにし過ぎていり付ける」といった点もあるとのこと。その技能の一つでもって脚光を浴びていり付けるのが、バイオ薪炭とCO2の回収?貯留を組み合わすBECCS(Bio-Energy with Carbon Capture and Storage)といった技能です。それは、培養した作物や樹木を発電所で燃やして電気を作り、放出されたCO2を回収?貯留行うものですが、その実効性には疑問の目線も投げ破片れています。

温暖化対策の切り札が地球からみては逆効果? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/021700056/

比喩ば、バイオ薪炭とCO2の回収?貯留を組み合わすBECCSといった技能がある。それは、培養した作物や樹木を発電所で燃やして電気を作り、放出されたCO2を回収?貯留行うことだ。注視を寄せ集める技能ところで、ウィリアムソン氏はその伏在的なリスクに関して、厳しい数字を示した。パリ協定の節減目標をBECCSで成就行うには、4億3000万~5億8000万ヘクタールの土地で作物や樹木を培養しなければならぬといった。それは、地球上の耕作地の約3分の1、再びは米国邦土の五分を占有くらいの広がりだ。


未来、地球では人口が増え続け、2055年には100億人に達行うともみられています。人口が増えるとそればかり人の活動量が増え、その上伴って大半のエネルギーが請いらエることいったのは避けようがありません。それから、そのエネルギーを生み出すのにに2018年現在の地球では、大半の二酸化炭素が放出されています。

地球のエネルギー産出の副物産ともいえる二酸化炭素を少なく行うには、日光発電や風速発電などの再利用可能エネルギーの開発と普及を行って二酸化炭素そのものを放出しぬように行うといった方法の他、ある種のラジカルな方法でもっては「人の理財活動を制約行う」といったものすら所在します。特に、各国の軍備で費やすさエる化石薪炭は膨大なものであり、世界極大の軍であるアメリカ軍は世界極大の二酸化炭素放出者であるとのこと。

といったのはいえ、直ちに軍備の節減や人の理財活動にブレーキを足すこといったのは事実的ではありません。しかし一方で、このままの活動を続けたっていいといったわけさえぬのに、人類は「それまでに体験したことがぬ毀損的な環境」に地球が陥る前に、「それまでに体験したことがぬ対策」を取る必須があるのか仮にれません。

By Marcela

?関連雑報
アマゾンの熱帯雨林の五分は2030年までに失わエる - BLACKBCAS

「危機なレベルでの天候変換が数十年以内に起きる」と科学究が警告 - BLACKBCAS

400万年ぶりに南極で二酸化炭素濃度が400ppm到達、観測史上至高濃度に - BLACKBCAS

天気変動に人類を救えるかどうかは次の3年が決勝だとプロらが警告 - BLACKBCAS

「エネルギー源の変換により資本金方針社会が大きく変換行う」と究める者が予測 - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス, Posted by logx_tm