×
メモ

どうしても密集が途切れがちなデジタル社会にあって密集力を高める方法といったのは?

by Burst

近代では日常暮らしの中に大半のデジタルデバイスが浸透しており、日常暮らしを簡便なものにしています。その一方でスマートフォンに通知が来るたびにSNSを確認したり、僅か前にも見たはずなのについブックマークしていり付けるサイトを見てしまったりと、人はデバイスで密集し続けることが難しくなっていり付けるのも事実。そういうデジタル社会にあって途切れがちな密集力を持続さす方法につき、The Guardianがまとめています。

The lost art of concentration: being distracted in a digital world | Life and style | The Guardian
https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2018/oct/14/the-lost-art-of-concentration-being-distracted-in-a-digital-world

近代人は比喩仕事や他の密集しなければならぬ作業中であっても、非常に大半の中断を余儀なくされています。密集が中断されてしまうこといったのは産出性を大きく低下さすもので、2005年にキングス?カレッジ?ロンドン精神医療究める所が行った究めるによると、仕事中のテレフォンや電子メールへの応接で仕事中のIQが10も下がっていり付けることが報告されています。それは喫煙やマリファナによる悪影響よりも深刻であり、継続的な作業中断は睡眠欠乏に比肩行う大きな産出性低下をもたらすとのこと。

再び、2018年にイギリスの電気通信?放送のディレクター期であるOfcomが行った(PDFファイル)究めるによると、人々は起きていり付ける時に平均して12分に1回の割りでスマートフォンをチェックしていり付けるそうです。さらに、71%の人々はスマートフォンの電源を裁つことが起きていり付ける間に一回もなく、40%は離床後5分以内にスマートフォンをチェックしていり付けると回答しました。

人はあらゆる箇所にあって常にデジタルデバイスに留意を払いのける厳戒状態に置かれていり付ける一方、どこかにじっくりと密集行うといったチャンスが大きく減僅かています。ショート時であればデジタルデバイスへ留意し続けることに問題はありませんが、それが継続的な状態になると、ストレスに反応して分泌さエるホルモンのアドレナリンとコルチゾールの分泌量が増大してしまいます。

by bruce mars

せわしい近代人は常に大半のデバイスやタスクを抱え込んでおり、「その気になればマルチタスキングは可能」と考えがちですが、実際に人がマルチタスキングをこなすこといったのは困難だそうです。マルチタスクを身ごなしていり付けるように見える状態は、実は大半のタスクを瞬時に切り替えて行っていり付けるに過ぎません。

マルチタスキングは100%の密集力を小分けにして分配していり付ける状態であり、各各のタスクを遂行行う才能は本来人が引き出す全開には達しぬとのこと。アドレナリンとコルチゾールはせわしい活動の間で大半分泌されますが、継続的にコルチゾールが分泌さエると幸せを印象たり精神を抜け着かせたり行うホルモンのセロトニンドーパミンが阻害され、精神に悪影響を与えてしまいます。

人の脳はマルチタスクに向いていぬ - BLACKBCAS


デジタル社会が個の密集力に授ける大半のデメリットがささやかれていますが、逆に考えると密集力が途切れがちな近代にあって密集力を取り戻してストレスを減らし、体内のホルモンを適切な量に保つこといったのは大きなメリットがあります。心理学系のウェブサイト「PsyBlog」を経営行う心理学究のジェレミー?ディーン氏が「新たな慣習を身につけるのにには3週間くらいかかる」と述べるように、デジタルデバイスによる密集力阻害を防止暮らしを拵えるのににも、いくつかのステップを踏んでゆっくりと適応していく必須があります。

密集力を取り戻す慣習形成に大事なこといったのは、「人はじきににある行動に別の行動に移り、密集し始めることができぬ」と分かる行うことだそうです。大半の人が枕に頭をのせてにじきにに眠ることができぬのと同様、あるタスクに取りかかって仮にっかりと密集し始めるにはある度合いの時が必須なのに、一回密集モードに入った後に気を紛らわす素因を浸透的に取りのけることが大事とのこと。The Guardianは、「密集力を取り戻すのにに有効な方法」をいくつか引き合わせるしています。

by Alexander Dummer

◆1:「さらに5以下」のルール
じっくり密集行うといったのはどういうことかを考え出すのにに有効かつ平易な方法が、「ある物事をやめようと思った時に、さらに『5』以下続ける」といったもの。例えば「あと5分勉強を続ける」「あと5回のエクササイズを行う」「あと5ページ読む」といった風に、どこかをやめようと考えた後で余計に「5」以下の単位で密集を持続さすことが、密集力増大に有効だそうです。

by Min An

◆2:瞑想と密集
人はそう平易に中断状態に密集状態へと移行行うこといったのはできません。そこらで、瞑想をして平穏な状態を持続さすことが、密集力を回復したり高めたり行う点で役に佇むとのこと。瞑想といっても困難ものではなく、まずは奥深い息を実像行うことにスタートすればOK。普段の暮らしにあって、人は浅く貧相な息をしてしまいがちですが、浅い息は1回の酸素吸収量も少なく不必須なエネルギーを費やす行うばかりだそうです。

平易な瞑想の基本を実践行うには床かイスに態度しばしば座り、足を組まぬであごを引いて前を見るようにし、肩を落でもって力を抜いてもろ手のひらを上に向けて休めます。鼻に長く息を吸って腹部が膨れるのを実像しつつゆっくり5秒数え、以後息を止めて再び5秒数えます。それから5秒かけて息を吐き出すといったことを繰り返しつつ、頭の中で物事を考えぬように行うか、それが困難場合はプールの中にゆっくりと沈んでいく小石のイメージを脳内に考え浮かべるといいとのこと。この息を10回くらい繰り戻すことで、ストレスをほぐしたがる時のリラックスや平易な瞑想になるとのこと。

さらに密集力を増したがる場合には、「1000に7ずつ数を引いていき、その数を頭に考え浮かべていく」といった作業や、「さまざまな英単語のつづりを逆に並べてみる」など、単純な作業を脳内で繰り返し行うことも効果的。再び、壁に向かって座った状態で、壁の目線と同様高さの箇所に描かれた2インチ(約5cm)くらいの黒い点をじっと見つめることも、密集力を高めることに役立ちます。

by Pixabay

◆3:アナログ時計をじっと見つめる
仮にもアナログの腕時計を付けていたり机の上にアナログ時計が置いてある場合は、「アナログ時計の秒針をじっと見つめ続ける」といったトレーニング方法さえ、密集力を高めらエるとのこと。秒針が12を指した時にじっと秒針が1周行うのを密集して見つめ続け、もはや一回12の箇所に戻ってくる前に妙な邪念が考え浮かんでしまった場合は、再び秒針が12を指した時点にスタートすればOK。

この方法は、人が日常暮らしで非常に大半のものを見ていり付けるにもかかわらず特に留意を払っていぬのに対し、自分自身が見ていり付けるものに対して密集して実像を傾げることに役佇むそうです。慣れてくれば時計の秒針ばかりでなく、バスの車窓に見える景色やアートギャラリーの絵画などを密集して見ることも、同様の効果がある文様。再び、普段は聞き流しがちな楽を1曲の始めにしまいまで、密集して聞こえることも自分自身の密集力を高める効果が得られます。

by Skitterphoto

◆4:エクササイズ
ヨガやチームスポーツ、ダンスといった比較的長時のエクササイズには、体を活性化さすばかりでなく脳の密集力を高める効果もあります。2016年に公表されたオランダの究めるでは、20分間のエアロビクスを行った子どもたちの密集力が増大したといった結果が出ていり付けるとのこと。再び、アメリカで行われた2014年の究めるさえ、運動が7歳~9歳の子どもたちの健康状態を改善したばかりでなく、脳機能や認知才能の向上も見られたと判明しています。

by theformfitness

◆5:睡眠
睡眠欠乏は密集力に大きな悪影響を与えます。寝所にTVやコンピューターなどがある場合は、できるばかりベッドに光が届かぬようにセッティングを工夫したり、光を遮る布のようなものを就眠時にかぶすことが効果的。再び、睡眠前にスクリーンやスマートフォン、タブレットといった強力光を放出行うデバイスを見ぬように行うことも、睡眠状況を改篤行う助けになるとのこと。

by Ivan Obolensky

◆6:書見
大半の人々は密集力を失ってしまったことにより、書見行うことが困難に身なり、苦痛に印象るようになってしまったと考えています。しかし、書見をし続けること自体が密集力を取り戻すトレーニングにもなるとのことで、せめて30分は本を読み続けてみることで、どこかに密集行うといったセンスを取ることができます。

by Negative Space

?関連雑報
密集力を極大限に引き出すのにの5つのコツ - BLACKBCAS

密集力を高める「カフェの音」や「水の音」など天然の環境音を集めた作業用BGMサイト「音景色」 - BLACKBCAS

効率しばしば勤めるのにに知っておくべき「密集力」につきのアレコレ - BLACKBCAS

ネットに常駐しがちな人は必見、オフライン状態になる方法と時の上部な使い方 - BLACKBCAS

人の脳はマルチタスクに向いていぬ - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by log1h_ik