×
サイエンス

山火災で生成した多量の煙が気温や水温を低下させ生態系に影響を与えていり付ける

by Joanne Francis

アメリカ?カリフォルニア州クラマス川流域で行われた最新の調べるで、火災で生成した煙には日射量を低下させ、空気を冷却効果があることがはっきりになっています。この調べるを報告したレポートでは、山火災などにより生成した多量の煙が夏の川の水温を冷却し、水生生物に大きな儲けをもたらしていり付ける蓋然性が暗示されています。

Wildfire smoke cools summer river and stream water temperatures
https://www.fs.fed.us/psw/pubs/57160

Smoke from wildfires has cooling effect on water temperatures
https://www.fs.fed.us/psw/news/2018/20181009_wildfiresmoke.shtml

アメリカの先住民族やクラマス川の水温を調べるしていり付けるクラブは、山火災などが生成行う時分に河川の水温が低下行うことに気づいていたそうですが、公表されたばかりの調べる結果はこの知見を長期的なデータで統計的に立証した第一の究めると身なります。究めるではNASAの衛星写真に得られた空気を覆う煙のデータと、クラマス川流域の観測点で採取された水の気温を解剖行うことで、山火災により生成した煙が川の水温を下げていり付けることを立証。データは2006年、2008年、2012~2015年の6年間で生成した山火災に関行うものが含まれており、火災による煙が陽光を遮ることで空気気温は平均0.47~0.98度低下し、水温は平均で0.74~1.32度も低下したそうです。


レポートの協同著者の単独であり、Pacific Southwest Research Stationの究める者のひとりさえあるフランク?レイク氏は、近年の山火災の生成パターンはいにしえのものといったのは大きく異なっていり付けると指摘。「近代にあっても、鎮火よりも早く山火災がアメリカ西部の大半の地域に猛烈に広まっていきます。それから、それらの山火災により生成した煙が、夏の蒸し暑い時分に天然と水温を下ろす役割を担っています」と語っています。

再び、山火災はとりわけ暑くて乾燥行う夏の時分に生成しやすいのに、水生生物が煙による冷却効果の恵みを受ける蓋然性を指摘しています。

by Dominik Lange

カリフォルニア州で過ごすインディアン部族のひとつである「カルク族」による天然物資庇護プロジェクトKaruk Department of Natural Resourcesでディレクターを義務るビル?トリップ氏は、「この究めるが取り上げた生態学的プロセスは断じて真新しいものではありません。実際、カルク族では『サーモンを呼ぶ』目当てで行う儀式の中で、因習的に山火災を起こしてきました」とレビュー。

カルク族のサーモンを呼ぶ儀式は、「山火災が水温を低下さす」といった究める結果に見ると、サーモンを呼び寄すのに効果的な方法だそうです。

by Drew Farwell

Six Rivers National Forestの魚類学究であるレロイ?シール氏は、この究めるが長期的な協同作業の収穫であるでもっており、「20年以下前にクラマス川川下の多数の地点で協同的な河川気温見張りを始めたのですが、その調べるの答えが今回出たといったわけです。データに、火災で生成行う煙の冷却効果と、その上より夏の厳しい時分にサーモンがより生息しやあくなる効果がはっきりに身なりました」と述べています。

?関連雑報
燃えさかる山火災の側で果敢に野性のウサギを救う男性のムービー - BLACKBCAS

ロサンゼルスで撮るされたハイウエーに迫る山火災が戦慄すぎる光景 - BLACKBCAS

山火災で廃虚化した街に郵便物が淡々と届けらエる事実離れしたシネマのようにシュールな画像 - BLACKBCAS

兵庫県高砂市で33時燃え続けた山火災の状態を住民が間近で筆録した動画 - BLACKBCAS

?関連コンテンツ

Tweet

in サイエンス,   生き物, Posted by logu_ii