×
サイエンス

中国の究めるチームが2匹のオスのマウスを両親にして子どものマウスを生み出すことに成功


有性生殖を行う生き物は、オスとメスの個体が交尾を行うことで卵子が受精して受精卵を作り、新たな個体を生み出します。そういう常識を覆す、「同性のマウスの両親に子どもを生み出す」といった実験に、中国科学院の究めるチームが成功したと報じられています。

Generation of Bimaternal and Bipaternal Mice from Hypomethylated Haploid ESCs with Imprinting Region Deletions: Cell Stem Cell
https://www.cell.com/cell-stem-cell/fulltext/S1934-5909(18)30441-7

Healthy mice with same-sex parents born for first time | Science | The Guardian
https://www.theguardian.com/science/2018/oct/11/mice-same-sex-parents-born-same-sex-reproduction-humans

Chinese Researchers Have Spawned Healthy Mice With 2 Biological Mothers And No Father
https://www.sciencealert.com/genomic-imprinting-silenced-in-haploid-stem-cells-produces-fatherless-mice

Same-sex mice have babies - BBC News
https://www.bbc.com/news/health-45801043

鳥類?魚類?ハ虫類?両生類の中にはオスとメスによる交尾を行わなくても、単為生殖で新たな個体を生むことができるジャンルも所在しています。一方で人を収める哺乳類は、オスとメスが交尾を行うといったプロセスを経なければ子どもを拵えることができません。

哺乳類の遺伝子の中には、その遺伝子が母親由来なのか父親由来なのかで発現したりしなかったり行うものがあります。この現象を「ゲノム刷り込み」再びは「ゲノムインプリンティング」と呼び、ゲノムインプリンティングの反作用で、同様性の個体に遺伝子を五分ずつ取ってきて新たな個体を作ろうでもっても胚が正常に発展しぬとのこと。

2004年には東京農林大学び舎の究めるチームが「未完熟な卵委細胞はゲノムインプリント遺伝子につき、比較的精子に間近性格を持っていり付ける」といった点に着目し、メス由来の染め物体を用いた精子共通体を作成。それを用いり付けることでメスのマウスのゲノムしか有していぬ胚を構築し、「2匹のメスの両親にマウスを生み出す」といった実験に成功しています。この時に生誕したマウスは「かぐや」と名付けられ、ゲノムインプリンティングの謎を解き明かす一歩と身なりました。


メス同士の遺伝子を用いてマウスの子どもを作り出す試行には成功例があったものの、オス同士のマウスを用いた成功例はそれまでありませんでした。中国科学院の究めるチームは、オスのマウスに一倍体胚性幹細胞(ESC)を取り出して遺伝子編修技能を利用し、同性のマウスの遺伝子を受け継いだ子どもを作り出す実験を行いました。

胚性幹細胞には精子や卵子と同様にマウスに必須な遺伝子が五分ばかり入っていますが、同性のマウスに由来行う2つの遺伝子を締めても、ゲノムインプリンティングの影響で正常に発展しません。そこらで、究めるチームは遺伝子編修技能を使って7つのゲノムインプリント遺伝子にオスの特徴を消し去ったとのこと。

以後、母性染め物体を撤去したドナー卵子に編修済であるオス由来の胚性幹細胞を注水し、他のマウスの精子を注水して受精させました。それから作り出された胚を代理母のマウスに移植した結果、なんと12匹もの「オスの両親の遺伝子を受け継いだ赤ちゃんマウス」が生誕したそうです。


残念つつ2匹のオスに遺伝子を受け継いだ赤ちゃんマウスは、生後48時以下生き延びることができなかったとのこと。しかし、それは世界で初めてオス同士にマウスを産みだした成功例であり、未来の同性生殖究めるへの大きな一歩を踏み出したことに身なります。

再び、究めるチームはメスのマウスにつきも同様に胚性幹細胞を取り出して遺伝子を編修し、3つのゲノムインプリント遺伝子にメスの特徴を消して精子共通体でもって卵子に注水行う実験も行いました。その結果、「2匹のメスに遺伝子を受け継いだ赤ちゃんマウス」が29匹も生誕し、赤ちゃんマウスは正常に発展して新たな子どもを生む個体もあったそうです。

ロンドンのフランシス?クリック究める所の究める者であるChristophe Galichet氏は、「この技能が人の子どもに適用さエるといったのは考えられません。しかし、なんで哺乳類が有性生殖しか行えぬのかといった疑問を糾明行うのにの、非常に大事なステップです」と語りました。

?関連雑報
中国で全然同様遺伝子を持つ2匹の「クローン猿」がとうとう生誕 - BLACKBCAS

たった1つの遺伝子変異がヒトを「長間隔ランナー化」して繁栄さす契機になった - BLACKBCAS

器械勉強を用いて「遺伝子編修されたDNAがどの究める室で生み出されたか」を特定できるか仮にれぬ - BLACKBCAS

「一回死んだペット」のクローンを作成行うクローン犬ビジネスの最先端 - BLACKBCAS

人は断裁された四肢を再生行う才能を覚醒さすことができる、といった蓋然性がウーパールーパーの究めるに示されつつある - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス,   生き物, Posted by log1h_ik