×
サイエンス

人体には「進化の経緯で役割を失って退化した器官」の名残がいくつも所在行う


19世紀の生物学究チャールズ?ダーウィンは、生息競技を乗り越えて天然環境により適応したものが末裔を余すことで種が進化していくといった「天然淘汰(とうた)説」を主唱し、「ヒトはサルと同一の祖先を持ち、その祖先も再び別の生物に進化したものである」といった近代の進化論の礎を築きました。ヒトが進化行う経緯の中で必須がなくなった器官は退化行うも、その名残は今さえ人体に残されています。Voxチャンネルが、人の体に居残る「進化の証」につき、ムービーで解説しています。

Proof of evolution that you can find on your body - YouTube


平べったがるところに腕を置いて……


人差し指と小指をくっつけて、肘を内側に曲げます。この時、日当人では3~5%の人が以下の画像の右の人のように筋が表れません。


肘に表エるこの筋は「長掌筋(ちょうしょうきん)」と呼ばれ、人体に残された進化の名残の1つです。長掌筋の機能は別の筋肉さえ十二分代行さエるので、この筋がなくても握力が弱くなるといったこといったのはありません。


長掌筋がなくても手の動きに障害を与えぬので、美容整形などで他の部位への移植に使わエることも。例えば、野球の投手が受けることで知らエるトミー?ジョン手術では、この長掌筋を肘節節の靱帯に移植行う施術が大半行われます。


長掌筋は、地べたに穴を掘って暮らししたり樹上で暮らししたり行う哺乳類で発展しています。


キツネザルやサルは長掌筋が発展してロング一方で、木にさほど登らぬゴリラやチンパンジーでは退化して短くなってしまっていり付けることがほとんど。ヒトに至っては退化して失ってしまっていり付ける場合もあります。


他にもヒトには使わなくなって退化してしまった筋肉が所在します。例えば、耳の周囲にある3つ筋肉がその例。この筋肉は耳を動かすのにに所在行う筋肉ですが、私たち近代人が耳を能動的に動かすこといったのはありません。


もともと、生き物は音の方向へ耳をしばしば動かします。


聴力は、夜行性の生き物からみて非常に大事な才能です。


しかし、近代人からみてもはや耳を動かす才能はほとんど役に立たぬのに、耳を動かす筋肉は退化してしまっています。それさえ、わずかつつ筋肉を使って耳を動かそうでもっていり付けることいったのは、平易な実験で確かめられます。まず、耳に筋肉の動きを探る電極を着装します。


それから、例えば左側にスピーカーで大きな音を突然鳴らします。


この時の電位を電極で読み取ってグラフに表したものが以下。左側の筋肉は、音がなった直後に大きく反応しています。ヒトはイヌやネコのように音の方向へ耳を動かすこといったのはしませんが、進化の名残である筋肉はちゃんと反応していり付けるといったわけです。


再び、鳥肌も進化の経緯で失われた機能の名残です。


鳥肌は、表皮と真皮上層の間にある「立毛筋」と呼ばエる筋肉が萎縮行うことで、毛根が引っ張られて毛が逆佇むといった現象です。


体温が低下行うと、交感神経を通じて副腎髄質へ信号が送られ、アドレナリンが分泌されます。アドレナリンには運動器官への血液自給量を増大さすといった働きの他、立毛筋を萎縮さす働きがあります。そののに、寒くなって体温が垂れると体毛が倒立、毛根部が旬上がって鳥肌が佇むといったわけです。


そもそも、なんで体温を下ろすと体毛を逆立たすように勤めるのかといったと、体毛のロング生き物の場合は毛を逆立たすことで断熱効果が高まるのにです。以下の画像のように狐の毛皮がもふもふしていり付けるのは、寒気に身をかばうのに。


ハトなどの鳥類も、外気に体温を奪われぬよう、羽をふくらませます。


再び、交感神経が激昂行うと分泌さエるアドレナリンは「闘争か脱走か」のホルモンと呼ばれます。敵に際会したネコが敵を威嚇行うのにに毛を逆立てるメカニズムは、鳥肌と同様ものです。


すてき歌を聴いて心を揺さぶられた時に鳥肌が佇むのは、感激で交感神経が激昂し、アドレナリンが分泌されて立毛筋が萎縮行うのにです。


進化した人類が捨ててしまった器官で一番知名なのが尻尾です。人には尻尾はありませんが、はるか昔の祖先が尻尾を持っていたこといったのは、尾てい骨と呼ばエる小さな骨が示しています。


再び、懐妊4週目の胎児を見れば、人にも尻尾があることが確認できます。


他の生き物は、そのまま尻尾が残りますが……


ヒトを含めた現生類人猿(ヒト上科)は、尻尾の一部分の細胞はプログラム細胞死で数週間くらいで失われていきます。


ごくまれに、突然変異で尻尾を持っまれま出身てくる新生児が報告されていますが、尻尾は人からみて不用なのに、進化の経緯で失われてしまったといえます。


なお、ムービーのナレーションを義務るサラ?タービン氏によると、人に残っていり付ける一番かわいらしい進化の名残は、赤ちゃんがたなごころに置かれたものをぎゅっと握りしめてしまう「把握照り戻す」とのこと。出身てに生後5~6カ月までこの照り戻すは見らエるそうですが、以後天然と失われてしまうそうです。把握照り戻すは、生後まもなくさえ木にしがみつけるようにといったサル特有の照り戻すと握力の名残だと考えられています。

?関連雑報
光合成を行うはずのバクテリアが日の光の届かぬ地底で発見され科学究が驚愕 - BLACKBCAS

アフリカゾウの肌にある「シワ」はどういう役割を遂げるのか? - BLACKBCAS

たった1つの遺伝子変異がヒトを「長間隔ランナー化」して繁栄さす契機になった - BLACKBCAS

人の下で最後に進化したのは「つま先」だといった究める結果 - BLACKBCAS

世界で初めて「ネアンデルタール人の母親とデニソワ人の父親を持つ子どもの骨」が究めるで示さエる - BLACKBCAS

人が生き物とセックス行うと何が起きるのか? - BLACKBCAS

古代人のDNAを解剖行うことで「人類がロング青史の中でどのように変遷していったか」がはっきりに身なりつつある - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス,   メモ, Posted by log1i_yk