×
メモ

「人は平均して5000人の顔を覚えることができる」といった究める結果が報告さエる

by Rebecca Zaal

人々が平地や都会に密集して生きるようになった近代では、人は出身てに死亡までの間に、数え切れぬくらい大半の人々と出会うことに身なります。「なかなか会った人の顔が覚えられぬ」といった苦悩を持つ人もいり付けるはずですが、「人は平均して5000人の顔を覚えることができる」といった究める結果が報告されました。

How many faces do people know? | Proceedings of the Royal Society of London B: Biological Sciences
http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/285/1888/20181319

Never forget a face? Research suggests people know an average of 5,000 faces | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-10/uoy-nfa100818.php

An ordinary human recognizes thousands of faces : Research Highlights
https://www.nature.com/articles/d41586-018-06998-7

人の青史の大一部分にあって、人々が形成行う社会的グループは小規模なものであり、各各が広く拡散して生きていました。人口が急速に増大して町や都会が形成され、大半の人々が出会うようになったのは人のロング青史に見れば、非常に近ごろのことであるといえます。

人口密度が上昇すればそればかり大半の「人の顔」を見ることに身なり、各各の顔が誰のものであるのかを鑑別行う必須があります。ヨーク大学び舎の心理学究であるロブ?ジェンキンス氏の究めるチームは、25人の大学び舎生を対象にして「いったがる人はどれくらいの人の顔を覚えらエるのか」といった調べるを行いました。

ジェンキンス氏は、「大半の個を認知行うこといったのは人からみて非常に大切な才能です。その人がいにしえにどのような行動をしてきて、自分自身とどのような関わりをもっていり付けるのかを考え出すことで、人はその人への対応を決定します」と述べています。今回の究めるは、人の脳がどれくらい大半の人の顔を鑑別し、「個インフォメーションなどと締めて覚えに余すことができるのかどうか」に焦点を当てていり付けるとのこと。

by Dazzle Jam

25人の参画者はい食い差異もグラスゴー大学び舎かアバディーン大学び舎の生徒であり、そのうち15人が女性で10人が男性でした。平均年齢は24歳で、年齢は18歳に61歳までだったとのこと。参画者には実験の前に30ポンド(約4400円)が支払われ、以後はテストの結果に応じて追加の報酬が支払われたそうです。

実験では参画者に対して、まず第一に「名前は考え出せなくてもいいに、頭の中でハッキリと顔を考え浮かべらエる知人」につき考え出すように請いました。「ファミリー」「友人」「友人のファミリー」「学び舎間柄者」「バイト先の同僚」「近間の人」といったさまざまな類別を施したスプレッドシートに、参画者は個の名前か、名前が考え出せぬ場合は「学び舎の管轄人」「友人Aの父」といった風に間柄性を記入していったとのこと。

行うと、参画者は60分の実験中に平均して362個の「個をはっきりと鑑別可能な顔」を考え出すことができたとのこと。再び、第一の5分間と最後の5分間では考え出す顔の数が五分くらいになったものの、60分の実験時中に考え出す顔が尽きてしまった人は少なく、大半の人はいまだにいまだに考え出す人の顔があるといった結果に身なりました。究めるチームは参画者の疲労を勘案して60分で実験を終えましたが、想起できる顔の減少を勘定に落とし込み合うことで、人々は最終的に平均して549人くらいの顔を考え出すはずだと推測しました。この勘定は、別に公募した10人の参画者に対して後に行った、「実験室外で5週間にわたってありったけの顔を考え出してもらう」といった実験の結果と大きく差異はなかったそうです。

個的な知人を考え出してもらった後に、究めるチームは25人の参画者に対して「直に的には知らぬが、世の中的に知名な顔」につき考え出してもらいました。究めるチームは知人の場合と同様にスプレッドシートに「芸術」「メディア」「シネマ」「楽」「青史的人物」といった類別を並べ、参画者が名前を考え出しやすい状況を作り出した上で実験を行ったとのこと。その結果、60分の実験中に平均して290人の顔を考え出すことができ、以後も実験を続けた際の推測値は平均395人と身なりました。

by Marco Derksen

続いて、究めるチームは「公に知名だと思わエる3441人の、総計6882枚の顔写真データ」を参画者に見せて、いったがるどれくらいの鑑別率が得らエるのかをテストしました。この3441人の名簿は、事前に12人の協力者がスプレッドシートに3カ月にわたって記入していった「公に顔が知名だと思わエる人々の名簿」をもとにしていり付けるとのこと。究めるチームは「この3441人が公に知名な人の名簿を的確に網羅していり付けるわけではぬが、せめてパフォーマンスを測るのに十二分な数である」でもっています。

参画者はAバージョンとBバージョンの2回にわけて、3441人の顔写真につき「知っていり付ける」仮にくは「知らぬ」といった判断を、手元のホックを押すことで行ったとのこと。バージョンAの後に行われたバージョンBでは、バージョンAと同様3441人につき別の顔写真が使われ、違う2ジャンルの顔写真につき両方とも「知っていり付ける」と判断できた場合のみ、「参画者はこの人物を知っていり付ける」とカウントしました。

その結果、参画者は平均して775人の顔につき正しく「知っていり付ける」と判断行うことができました。一方で参画者のパフォーマンスには大きな隔たりがあり、3441人のうち400人度合いしか判別できなかった人もいれば、2000人近くも判別できた人がいたそうです。バージョンAでのパフォーマンスが低かった人はバージョンBさえパフォーマンスが低い趨向にあったことに、人の顔を覚える才能は人で大きな差があると推測されます。

究めるチームによると、3441人の顔写真データに含まエる「実験室で考え出してもらった有達人」の割りは61%度合いであり、25人の参画者が個別に考え出した39%の有達人は3441人のデータセットに表れなかったそうです。それらのデータを元に、究めるチームは「頭の中で顔が考え出す数:実際に認知できる顔の数=1:4.62」といった比率をはじき出しました。頭の中で考え出す顔の数の平均(549+395=944)を、はじき出された比率に当てはめ込むことで、究めるチームは「人はおよそ4240人の顔を認知できる」と論じています。

by Kaique Rocha

参画者が覚えていり付けると考えらエる顔の数は1000~1衆人と非常に幅広広ものの固定の範囲に収まっており、「4240人といった数値はおよそ5000人と丸めてよいらしい」と究めるチームは結論づけました。ジェンキンス氏は今回の結果につき、「人の人生のいずこに覚えらエる顔の数のピークが来るのかといった点は、非常におかしい疑問です。生涯を通じて新たな顔を覚えていくのか仮にれぬし、特定の年齢に達行うと次々に顔を忘れていくのか仮にれません」と語りました。

?関連雑報
見知らぬ人の顔さえ一瞬見れば脳は即座に敵の印象を決めてしまうことがはっきりに - BLACKBCAS

イケメン?美女の魅力的な顔よりもブサメン?不細工な顔の方が人の覚えに残りやすいことが判明 - BLACKBCAS

職が顔に影響していり付けるのか、それとも顔が職のセレクトに影響していり付けるのか、いろいろな職の顔写真集「Faces&Jobs」 - BLACKBCAS

頭に描いた「人の顔」のイメージを画像化行う究めるがエール大学び舎で進行中 - BLACKBCAS

ぐうぐう眠ったあとの両性は寝欠乏の時より魅力的と裏付けらエる - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by log1h_ik