×
動画

「時に『死』の方がよい時もある」、スティーヴン?キング原著のシネマ「Pet Sematary」予告編公開


下書き完成後「さほどの恐ろしさに公表を見締めていり付ける」とウワサされたスティーヴン?キングの小説「ペット?セマタリー」(ペット霊園)が、1989年以来約30年ぶりに再びシネマ化さエることに身なり、予告編が公開されています。タイトルの「Sematary」(霊園)は本来「Cemetery」と綴りますが、この霊園の入口にある立て看板は子どもが手書きしたものなのでミススペルがあるといった設定です。

Pet Sematary (2019)- Official Trailer- Paramount Pictures - YouTube


奥深い森


その中にある一街道を駆ける車には……


仲のいいファミリー4人が乗っていました。「たく君木があるね」と話す女児に……


「すごくきれいよね」と戻すのは母親のレイチェル。


一家が到達したのは……


森の中に建つ、真新しい家。


突然響く大きな音にレイチェルは驚いて身振り返ります。


家は道路のじきに隣にあり、ジャンボなダンプカーが走り去っていく音でした。


うっかりせがれを強く抱きしめます。


奥深い森に響くのは、太鼓の音。


なんでらしい?と思っていり付けると……


小さな鼓笛隊が通り過ぎていきます。


鼓笛隊の実像は、不気味なお面をつけた子どもたち。


その向かう先には……


無数のお墓が敵う墓地でした。


「子どもたちはか縁故夜な夜ねの箇所に出かけたといった。子どもたちはあの箇所の『力』を知っていたんだ」と男性は語ります。


墓地でどこかが行われ……


日常に不穏な影が微行寄ります。


父親であるルイスが朝起きると……


なんでか足が土に汚れていました。


墓地でどこかを行う男性の姿。


おびえるレイチェル。


身振り向くと血だらけの人影が……。


生きていり付けるようには見えぬ猫。


「ばかげたおとぎ話に聞こえるか仮にれぬ、さえあの森にはどこかがあるんだ」


誰かの葬儀が行われ……


今回は子どもではぬ「誰か」が生き物のお面をつけて森に入ります。


家の中にも不気味なお面姿の人。


謎の印。


暗がりに佇むせがれの姿。


なんでかその姿を唖然と見つめるレイチェル。


血の付いた扉や……


血みどろの少年。


「あの森には、『道連れ戻す』どこかがいり付ける」


ゆっくりと開かエる扉に出てくるのは「誰」なのか……。


「時に、『死』の方がよい時がある」といったことで、シネマは2019年4月5日に全米公開予定。日本での公開日は雑報作成時点で未定です。


なお、小説「ペット?セマタリー」のAmazonレビューは以下のような印象です。ストーリーのネタバレが含まエるので留意してください。

ペット?セマタリー〈上〉 (文春文庫) | スティーヴン キング, Stephen King, 深町 眞理子 |本 | 通販 | Amazon

テーマは、ファミリー愛?死?禁忌。キングの長編さえっとも救いのぬ話

今読んさえ怖いです。
あるじ公がファミリーを愛行うさほど、
禁忌に取り込まれていく状態がリアルです。

本作、キングのいわゆるモダンホラー長編の中では、
もっとも薄暗い。救いがぬストーリーです。
善と悪の戦いといったような分かり易さはありません。
あるじ公は「愛ののにに」破滅の道を進んでいくしかぬ。
切ぬ話です。

この小説の大テーマは、
ふたつあると考えます。
ひとつは「ファミリー愛」。
二つ目は「死」そのものです。
さらに小さなテーマでもっては、
「タブー(禁忌)」=「聖域」があります。
モダンホラーの傑作、
「シャイニング」、「クリスティーン」よりも、
テーマの重複性がストーリー展開に面白さをもたらしています。


究極の恐怖

キングの作で実際もっといい作はあると分かっていても、私からみてはどうしてもそれ以下のものは無い。 児童を失う恐怖、それ以下の悲劇なんてあるのか、キング自身も児童の病を気にしていた時分に書かれていり付けるばかりにそのストレートな考えが猛烈に出ていり付ける。

死と向かい出あうことの大変さ、しかも愛行う児童の死にどうしたらたえらエるのか、耐えられやしぬ、といった結論で書かれていり付ける。か身なりキング作さえ異彩の作になっていり付ける。

恐すぎるのでシールした、とか発行時分が食い差異たことでいろいろ言われていり付けるが、実際は、余りにキング自身の気持ちがストレートに出過ぎて、真夜中に書いた恋文が朝になるとたえられぬのと同様く、のにらわせたと考える。 私の娘もある致命的な病で生後数カ月で亡く身なりましたが、その入院中に読んで運命的なものを印象ました。

その恐怖、喪失感はなにをもってしてもはやめられぬ物ではありますが、私からみては、ある種の救いになった作です。

?関連雑報
たった15秒で恐怖体験可能なホラームービー20選 - BLACKBCAS

「近年で最恐」と風評の高いサイコ?ホラーシネマ「Hereditary」予告編第2弾 - BLACKBCAS

「さほどにもショッキングで怖すぎる」といった訳でYouTubeが新作シネマのムービー広告を削除 - BLACKBCAS

飛び上るくらい怖いシーンを40本のシネマに集めた「This Supercut Will Make You Jump」 - BLACKBCAS

1895年に2016年までのホラーシネマの青史がわかるムービー「A History of Horror」 - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   シネマ, Posted by logq_fa