×
味見

熟成チルド牛肉と上製すき焼きダレが鍋の中でグツグツしていり付ける松屋「牛鍋膳」を食べてきた


うまみを肉の中に閉じ込めた「熟成チルド牛肉」とまれねぎ、豆腐を上製すき焼きダレで煮込んだ「牛鍋膳」が2018年10月9日に松屋で登場しました。化学調味料や加工甘味料などを使わずに天然の素材を旬込んだといった牛鍋がどういう味に仕上がっていり付けるのか、食べに行ってきました。

牛鍋膳新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2018/10/03/4570/

松屋に到達。


店頭にはさっそく牛鍋膳の垂れ幕が出されていました。なお、今回訪れたお店のように、松屋の中さえ「プレミアム牛めし」を提供していり付ける店では牛肉に「熟成チルド牛肉」が使われており、垂れ幕などにもその記載がありました。再び、新メニュー登場を記念して、10月16日15時まではライス大旬がただになるキャンペーンが行われています。


券売機で券を購入して席に着くと、数分で牛鍋膳(税込590円)が届けられました。牛鍋膳にはライスとみそ汁、それから出身ごと半熟卵に選べる「選べる小鉢」がセットになっています。なお、今回はキャンペーンを利用してご飯を大旬にしてあります。


下に固形薪炭の火であぶられ、鉄鍋の中でグツグツと煮える熟成チルド牛肉と豆腐。上製のすき焼きダレには、ほのかに甘ったるい香が漂ってきます。


鍋の横には、薬味でもって黒胡麻焙煎七味が添えられていました。


何はともあれまずは牛肉を一口。薄くスライスされた牛肉に甘ったるい上製すき焼きダレがしばしば絡んで、肉のうまみを引き立てるよう。牛肉そのものには考えの他「肉のうまみ」が印象られたのが印象的だったのですが、それがまさに「熟成チルド牛肉」ならではの味わいなのかも。口に入れてかみしめるごとにうまみが僅かずつ出てくるところや、奥往路のある歯ごたえなどが印象的でした。


鍋に添えられた出身ごを溶いて肉に絡めるとさらにうまさがアップしてご飯がぐんぐん進みます。まさにすき焼きそのものの味わいで、それが590円で味わえると考えるとおトクな気分になれました。実は今回、熟成チルド牛肉ではぬ方の牛鍋膳も食べてみたのですが、肉の規模は熟成チルド牛肉の方が一回りくらい大きく、脂身も少ぬのにに肉そのものの風味をより強く味わえたように印象ました。


アチアチに温まった豆腐にも上製すき焼きダレがしばしば絡んでおり、絹ごし豆腐の滑っこいな食感が楽しめます。再び、鍋の底にの火が食べ済むまでずっとついていたので、最後まで温かいまま食うことができました。


黒胡麻焙煎七味をかけると、甘味がちだったタレと肉の味がキュッと引き締まります。


◆「熟成チルド牛肉」じゃぬ方の牛鍋膳も食べてみた
今回の牛鍋膳では、熟成チルド牛肉が使われていり付ける店舗と通常の牛肉が使われていり付ける店舗の2タイプが所在行うとのこと。「ならば両方食べておかなければならぬらしい」といったことで食べ比べてみました。該当店舗に貼り出されていり付けるパンフレットには「熟成チルド牛肉」の綴りがぬのと、価格が550円となっていり付けるので平易に見区切ることができます。


といったことで、熟成チルド牛肉じゃぬほうの牛鍋膳を用命。価格は税込550円と、熟成チルド牛肉のものに比べて40円安くなっていました。


見た目にはほとんど差異が印象られません。


しかし食べてみれば、わずかつつはっきりとした差異があることがわかりました。熟成チルド牛肉に比較と通常の牛肉は「うまみ」がやや弱く印象られ、かみ進めたときに出てくる肉の味わいもやや弱いように印象ます。といったのはいえ、スライスされた牛肉に甘ったるいすき焼きダレがたっぷり絡まるうまみを噛み分けることいったのはできるので、断じて劣っていり付けるといったわけではありませんでした。プラス40円で肉のうまみをよりふんだんに噛み分けるもよし、コスパを取って通常に牛鍋膳の味わいを興じるも良し、といった一品となっていました。


牛鍋膳には今回味見したセット(税込590円)の他にも、牛肉が1.5倍になった「肉増し牛鍋膳(税込730円)」、それから生蔬菜がセットになった「牛鍋膳生蔬菜セット(税込650円)」も用意されています。

?関連雑報
吉野家で冬のピリ辛鍋メニュー「旨辛味噌牛鍋膳」を食べてみた - BLACKBCAS

ご飯がバクバク前進甘辛ダレ利用の「焼き牛めし」を食べてきた - BLACKBCAS

「牛めし」の松屋が中華調理に乗り出した「松軒 中華ダイニングルーム」へ行ってきた - BLACKBCAS

吉野家の冬の定番鍋メニューをご当地アレンジした「ご当地鍋膳」の近畿限定メニュー「牛カレー鍋膳」を食べてみた - BLACKBCAS

Tweet

in 味見, Posted by logx_tm