×
レビュー

「平成」の年号公表シーンを使った平成コラが平易に作成可能な「平成ドロー」を使ってみた


昭和の後、1989年1月8日より始まった年号「平成」は、2019年4月30日に完了行う予定となっています。平成といった年号が公表されたのは1989年1月7日のことで、公表時に当時の内閣官房長官だった小渕恵三氏が「平成」と墨書された台紙をニュース陣に掲げる姿は、テレビなどで繰り返し放送されています。そういう平成が残り1年を切った中、Twitterユーザーの升(@walkingmask)君が誰さえ「平成」の墨書の代物に好きな言語を掲げらエる平成コラ作成ツール、「平成ドロー」を作成しました。


平成ドロー
https://walkingmask.github.io/heiseidraw/

平成ドローを用いるには、公式ページ下部の「はじめる」をクリック。


行うと、シンプルなコラムービー作成ページが標示されます。


上部の丸アイコンをクリック行うと、描画行う線の太さを調節可能。


色のついた四角アイコンをクリックすれば、線の色をセレクトできます。


マウスカーソルを中央の鼠色のキャンバスに締めてドラッグすれば、線を差し手繰ることができました。


上部にある左向きの矢印アイコンをクリック行うと、書いた線を消すことが可能。1クリックごとに、一筆書きの1回分の線が鎮火ようになっています。


逆に、右向きの矢印アイコンをクリックすれば、消した線を復活さすことができます。


右上の×アイコンをクリック行うと、書いた線が全て消えました。


文字が完成したら、下部の「生成行う」をクリック。


どうやら総計38枚の画像を生成してつなげ、GIFを作っていり付けるようです。


生成が完了行うと、画面中央に小渕氏の姿が標示されます。小渕氏が伏せていた台紙を掲げると……


さっき書いた文字が「平成」の代物に標示されました。


公式ページ自体に生成したGIFムービーを温存行う機能はついていぬので、画像を右クリックや長タップなどで温存します。


名前を設定して温存すれば、自身の端末に生成したムービーを温存行うことが可能。


なお、今回作成したGIFムービー(約1.5MB)は、以下のサムネイルをクリック行うと見ることができます。


生成した画像の下に標示されていり付ける「もはや一回」をクリック行うと……


先くらいのGIFムービーは消え、新たな平成コラを作成可能。


気ままに新たな年号を作って……


掲げることができます。


年号に身なりそうもぬワードを掲げさすことも可能です。


やたらカラフルな文字を掲げさせたり……


絵を描くこともできました。


「平成ドロー」はシンプルな作りで非常に平易に平成コラを作成可能なツールとなっており、ちょいとしたネタGIFムービーを制作行うのに似合い。残り半期くらいの予定となっていり付ける平成のしまいにうってつけなコラムービーを作りたがる人は、試してみるのもいいか仮にれません。

?関連雑報
Cookie利用の同意を請いる妨害なポップアップをクリックしてサクサク削除できるChrome拡張機能「ekill」レビュー - BLACKBCAS

手帳やメモ帳に眠るイラストをTwitter連携で安直に投稿できるお絵描きSNS「かべうち」 - BLACKBCAS

イラストをポイポイ投ずるばかりのお絵描き専用SNS「ポイピク」 - BLACKBCAS

Amazon Echoがはてな匿名ダイアリーに投稿された「ちょいといい話」を読み上げてくエるAlexaスキル『はてな匿名ダイアリーの『いい話』」 - BLACKBCAS

中世風の架空都会を一瞬で自動生成してくエる「Medieval Fantasy City Generator」 - BLACKBCAS

Tweet

in レビュー,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1h_ik