×
味見

フェルメールの名画をミルクとチーズのコンソメに仕立てた「フェルメールの”牛乳を注ぐ女”のコンソメ」をコンソメストックトーキョーで食べてみた


コンソメ専門店のコンソメストックトーキョーに、「アートを噛み分ける、秋のコンソメ」と題して、「フェルメールの"牛乳を注ぐ女"のコンソメ」が、2018年10月5日(金)に提供されています。東京?上野の森美術館で同様く2018年10月5日に挙行されていり付ける「フェルメール展」とのコラボレーションで、フェルメールの代表作「牛乳を注ぐ女」をモチーフにしたコンソメになっていり付けるとのこと。どういうコンソメなのかめちゃくちゃ気になったので、実際に食べに行ってみました。

Soup Stock Tokyo の秋は、アート。フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のコンソメができました。
http://www.soup-stock-tokyo.com/news/sst_news_vermeer.php


フェルメールが描いた「牛乳を注ぐ女」は以下。シンプルな室の中で女性が陶器に牛乳を注ぐ状態が描かれたこの作は、1660年頃に描かれたとされており、フェルメールの代表作の1つです。


コンソメストックトーキョーにやって来ました。


さっそく「フェルメールの"牛乳を注ぐ女"のコンソメ」のレギュラーカップセット(税780円)を用命します。絵画にはパンも描かれていたことを考え出し、今回は石窯パンをセットにセレクト。


テーブルに置かれていり付けるパンフレットには「牛乳を注ぐ女」が描かれていました。青いトレーシートは、絵の中でテーブルに置かれた雑巾に使われていり付ける「ウルトラマリン」を実像した色調だとのこと。


コンソメの表面にはクルミとレーズンのパンが数切れ浮かんでいり付けるのが見えます。


コンソメにはとろみがありますが、ポタージュくらいどろりといったのはしていません。パンフレットによると「当時のオランダではジャガイモを食用でもっていなかった」といった事実を踏まえて、コンソメにジャガイモを入れていぬとのこと。


さっそく一口いただきます。ミルクとオランダ産のゴーダチーズで仕上がっていり付けるコンソメは、チーズ特有の酸味とコクを印象、僅かクセがある奥深い味わいですが、ミルクベースで口的中はまろやか。クルミとレーズンのパンをのけると、コンソメの具は刻んだキノコばかりで、シンプルつつがっちりとしたうま味と小気味のいい食感を与えてくれます。


クルミとレーズンのパンは、コンソメをたっぷり吸ってふわっと。かみしめるとぎゅっとコクのあるコンソメがあふれてきて、コンソメといったよりもパンのおかゆを食べていり付けるようなセンス。パンの中のクルミの食感と香がいいプロミネンスになっています。


「オランダではチーズにマスタードソースをつけて食うこともたくさん」といったことで、コンソメには上製の粒マスタードソースがついてきました。


マスタードソースをスプーンであくって、コンソメに混ぜて飲んでみると、マスタードソースの爽やかな酸味が、まろやかなコンソメの味を引き締めてくれます。


「フェルメールの"牛乳を注ぐ女"のコンソメ」は2018年10月5日(金)に、コンソメストックトーキョーの全国店舗で提供されています。

?関連雑報
「ゴッホの玉葱のコンソメ」をコンソメストックトーキョーの魔術瓶に入れ、20円引きしてもらってきました - BLACKBCAS

コンソメストックトーキョーが「だし」に特化した和なお膳を「おだし東京」で食べてきました - BLACKBCAS

コンソメストックトーキョーの味を手軽に家で楽しめるはずのレシピ本第2弾でコンソメ&カレーを作ってみた - BLACKBCAS

コンソメストックトーキョーのコンソメ開発の裏手を見せてもらなんどきつ新製品の「オマール海老のフリカッセ」を味見してきました - BLACKBCAS

フェルメールの名画「真珠の耳装飾の少女(青いターバンの娘)」がまさかの立体化 - BLACKBCAS

世界で一番高値な色、金より得辛いな顔料「ウルトラマリン」の青史 - BLACKBCAS

Tweet

in 味見,   アート, Posted by log1i_yk