×
ソフトウェア

「Windows 10」October 2018 Updateの提供がスタート、作業は不用で用意完了時に通知アリ


Windows 10の最新の機能アップランデブーとなる「October 2018 Update」が公表されました。ダウンロードに関してはバックグラウンドで自動的に進めらエるので、ユーザーによる作業は不用で、インストール用意が整った時点で通知が標示さエることに身なります。

How to get the Windows 10 October 2018 Update - Windows Experience BlogWindows Experience Blog
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/10/02/how-to-get-the-windows-10-october-2018-update/


ダウンロードに関しては、更新用意が整った端末を器械勉強で鑑別しており、スムーズにアップランデブー可能であると予測さエる端末に順次進められていくので、ユーザー側での操作は不用。ファイルのダウンロードが完了行うと、以下のような通知が標示されます。


Microsoftでは、この通知を待つことを推奨していますが、自分自身で更新チェックを行うことで更新ファイルをダウンロード行うことも可能。なお、端末に互換性の問題がある場合は、問題が解消さエるまでインストールは行われぬとのことです。


このアップランデブーでの改定点の1つでもって、到底わかりやすいのはダークテーマの適用範囲が広がったところです。色の設定で、アプリモードを「白」にしたときの見た目はこういう印象。


「黒」に行うとこういう印象に変換行うのは今回のアップランデブー以前にのこと。


ただし、エクスプローラーなどにはテーマが適用されず、「黒」を選んでいても白バックで統一感が失われていました。


今回のアップランデブー後は、エクスプローラーもダークテーマで標示さエるように身なります。


なお、更新ファイルをダウンロードした後、インストール時には再起動が必須で、インストール作業が完了行うまでに手元の環境だと約10分かかりました。

?関連雑報
予期せぬWindows10の強要アップランデブーを防いでくエるソフトウェア「StopUpdates10」レビュー - BLACKBCAS

次期Windows 10のアップランデブーで処理才能重視の「Ultimate Performance」モードが追加さエる見込み - BLACKBCAS

Windows 10最新版ではFirefoxとChromeのインストールを検知行うと「Edgeがあるよ」とダイアログが標示さエる - BLACKBCAS

Tweet

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by logc_nt