×
味見

2145通りのワンランク上なカップヌードルを自分自身嗜好に作エる「MOMOFUKU NOODLE(モモフクヌードル)」がオープンしたので行ってきました


「蔬菜たっぷり」をコンセプトとしたプレミアムなカップヌードルを自分自身嗜好にオーダーメイドできる「モモフクヌードル」が、大阪の阪急うめだ地底1階食料売場にオープンしました。麺は全粒粉?食物繊維入りのノンフライ麺で、3ジャンルのコンソメ、10ジャンルのキューブ型蔬菜「ヤサイコロ」がら好きなものを組み合わせらエるとのことなので、さっそくお店に行ってオリジナルのヌードルを作ってきました。

おやさいコロコロ "ヤサイコロ" & スムージーコンソメ! オーダーメイド型カップヌードルショップ「MOMOFUKU NOODLE (モモフクヌードル)」を阪急うめだ本店にオープン! | 日清食料グループ
https://www.nissin.com/jp/news/7349

10/3(水)ニューオープン 「MOMOFUKU NOODLE(モモフクヌードル)」 ご購入に関行うご道案内 | 阪急うめだ本店?売場インフォメーション
https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/information/foods/00679523/

モモフクヌードルは大阪?阪急うめだ本店の地底1階にある食料売り場にオープン。


お店に行ってみれば……


5~6人が列をなしており、「思ったより並んでいぬな?」といった印象。しかし、実はお店の前の人々は列全部の一部にすぎませんでした。オープン日といったことで、整頓券を配布していり付けるとのこと。


「整頓券は阪急うめだ1階の15番出口で配っていり付ける」とのことなので、向かいます。


整頓券を配布していり付ける人々を発見。


オープン日に購入できるモモフクヌードルは2ジャンルで、オーダーメイド2食&おすすめセレクト1食までを組み合わせらエる「オーダーメイドタイプ」と、あらかじめおすすめの組み合わせで売り物になっていり付ける「おすすめセット」を極大6食購入できる「おすすめセレクト」がありました。今回は自分自身で組み締めていきたがるので「オーダーメイドタイプ」をチョイス。


こういう印象の整頓券をもらいました。


地底1階に下りると、こういう印象で建造物の外に列ができており……


このうち、「オーダーメイド」の列に列ます。


並んでいり付ける間にパンフレットをチェックし、どのような組み合わせにしようかを考えておきます。モモフクヌードルの麺は1ジャンルなのですが、コンソメは3ジャンルに1つを、蔬菜がキューブになった「ヤサイコロ」は10ジャンルに極大4つを選べます。それらを組み締めていけば、2145通りのオリジナルのヌードルが作エるわけです。


なお、ヤサイコロは「極大4つ」まで選ぶことができるので、「枝豆が好きでまれらぬ」といった人は、枝豆ばかりを具材に行うことも可能です。


しばらく控えしていり付けると店員君に道案内され……


第一に訪れたお店の前で列に列ます。


それからカウンターの前に。サブウェイのような印象で、3種のコンソメと10ジャンルのヤサイコロがずらっと並んでおり、ここらに好きなものをチョイスしていきます。


あらかじめ麺の入ったカップにどさっとコンソメの粉が導入されていき……


以後、ヤサイコロがのせられていきます。


完成行うと、カップの中身を店員君が見せてくれました。


眼前でモモフクヌードルが作られていく状態は以下のムービーに見ることが可能です。

オーダーメイドのカップヌードル「MOMOFUKU NOODLE (モモフクヌードル)」 - YouTube


具材を選んで前進と、しろがね色の器械の前へ。


この器械で、先くらい作ったモモフクヌードルのカップにフタをしていきます。


流エるようにレジへ。


ここらで1つ1つパッケージングが完成し、購入が完了。オープン日の11時30分ごろに訪れたところ、阪急デパートに到達してにだいたがる1時ぐらいで購入できました。


モモフクヌードルにはイートインスペースがぬので、購入したものを編修部へ持ち帰り道。大きな紙袋を手渡されましたが……


中にはいっていたモモフクヌードルは3つ。1つ1つのパッケージがやや大きなのに、持ち帰り道用の袋が大きくなるようです。


1つ1つに握りが付けられていり付けるので、1個ばかり購入行うとオシャレな印象で持ち運送ことができます。


それが今回購入したモモフクヌードル3ジャンル。


グリーンとレッドはその場で作ってもらったオーダーメイドですが、イエローは「おすすめセレクト」なので、コンソメの粉や具材が別添となっています。


といったことで、まずはグリーンに。プラスチックのフタを外してみれば、バジルペーストが入っていました。


サイズはオリジナルのカップヌードルと同様くらい。


カップの側面には自分自身がセレクトしたコンソメ?具材がどこかが示されています。コンソメは「グリーン」で……


具材は「アボカド」「えだまめ」「ほうれん草」の3つ。ほうれん草はダブルにしたので横に「T」と書かれていました。


賞翫期限は作成に1カ月でした。


「グリーン」は「わざわざのオーダーメイドだし……」といったことで、緑色一色のヌードルを作ってみました。


やや黄緑っぽいキューブがアボカド、薄緑がえだまめ、濃厚緑がほうれん草です。


作り方は一般的なカップヌードルと同様。ただしフタは完璧に剥がした状態でお湯をいれます。


プラスチックのフタをつけて3分控え。


3分後、バジルペーストを入れていり付けると、隣で見ていた編修部員がポツリと「ディストピア飯っぽい……」と呟いていました。


がっちりとかき混ぜて……


食べてみたところ、一言目の所感は「コンソメの完成度が高い!!!」といったこと。グリーンのモモフクヌードルはほうれんそうとブロッコリーのグリーンスムージーコンソメとなっており、ポタージュのようなクリーミーな仕上がり。後入れしたバジルソースの香が強く、カップヌードルのジャンクさが全然ぬので、ラーメンといったよりはパスタのよう。さほどにおとなしい仕上がりなので、カップヌードルらしさを請いていり付ける人は「物足りぬ」と印象るくらい。


しかし、「おとなしい味」であっても「希薄」といったわけではなく、蔬菜の甘さが印象らエる飽きの来ぬ味なので、「健康云々を度外視しても、か身なりアリ」な完成度。麺入りのSoup Stock Tokyoといったムードです。


ほうれんそうのヤサイコロはほろっと口の中でほぐれて、特有の風味を印象られました。


えだまめの味仮にっかりとありましたが、アボカドはもともと「クセのなさ」「オイリーさ」が特徴なので、フリーズドライに行うことで特徴が消えて所在感は薄めです。


続いてオーダーメイドした「レッド」


プラスチックのフタの下にはバルサミコ酢ソース。


フタを外すとこういう印象。


ヤサイコロはトマト?赤ピーマン?かぼちゃ?ビーツの4つをチョイスしました。


お湯を入れて3分経過したら……


バルサミコ酢ソースを導入。


がっちり混ぜてに食べたところ、にんにくのガツンときいたトマトコンソメが麺にがっちりと絡んでいました。カップヌードルのチリトマトにしょうゆとコンソメを抜いてトマトをもっと濃くしたような印象で、バルサミコ酢の酸味がきいています。辛そうな色調ですが僅かピリッとした影響があるばかりで、アラビアータのような印象。


カボチャの甘さは印象られますが、ビーツはそもそもさほど食べたことがなかったので、「それがビーツか……」としか言いようがありませんでした。ちょいと甘めの芋っぽさのある蔬菜です。


赤ピーマンはさほど所在感がありませんでしたが、トマトはざらっとした舌触りがあるので、つぶした生のトマトに近かったです。ただコンソメがにんにくのきいた殴打のある味なので、「肉がほしい……」といった気分にも身なります。


3つめは「おすすめセレクト」のイエロー。


それはコンソメ、ヤサイコロ、トムヤムペーストが別添。


あらかじめパッケージングされたものなので、原材料名やカロリーも記されていました。コンソメにはココナッツミルクパウダー、トムヤムペースト、魚醤、にんじん、カレー粉などが含まれています。


カロリーは1食75gあたり330kcalです。


カップをあけてみれば、麺はこういう印象。い食い差異のモモフクヌードルも麺は共通で、全粒粉と植物繊維入りのノンフライヌードルです。


どさどさっとコンソメを入れて……


ヤサイコロも導入。ヤサイコロはにんじん?とうもろこし?じゃがいも?ビーツ。


お湯を入れて3分後、トムヤムペーストを導入。


がっちり混ぜていり付けると、ココナッツミルクや魚醤のエスニックな香がふわりと漂います。


トムヤムクンヌードルシンガポール風ラクサの系譜を印象さす、がっちりと辛い本格的なエスニックの味ですが、にんじんがたっぷり入っていり付けるのにか、相変わらず全部的にはおとなしい仕上がりです。


にんじんやじゃがいものヤサイコロは「ザ?カップヌードル」といった印象で驚愕がぬのですが、とうもろこしはポタージュを濃縮したような甘さでした。


い食い差異もコンソメは蔬菜の甘味?旨みが凝結されており、麺を食べた後に残ったコンソメをパンやご飯と共に飲みたくなるくらいでした。モモフクヌードルは1食税込540円で、カップヌードルのジャンクさを請いると肩すかしをくらうか仮にれませんが、おすすめセレクトの場合はグリーンが353kcal、レッドが301kcal、イエローが330kcalと夜さえ比較的罪悪感を抱かずに食べられとのことだと印象ました。

?関連雑報
世界に1つしかぬカップヌードルを作エる「インスタントラーメン発明記念館」に行ってみました - BLACKBCAS

カップヌードルの謎肉がてんこ旬になった1日29食限定の「謎肉丼」を食べてきた - BLACKBCAS

とうとう出た「カップヌードルふりかけ」を速攻味見レビュー - BLACKBCAS

ラーメン博物館に行って全9店舗のラーメンを食べまくってきました - BLACKBCAS

海外人が「カップヌードルミュージアム」に学んだ起業家精神といったのは? - BLACKBCAS

Tweet

in 味見,   動画, Posted by logq_fa