×
ソフトウェア

オープンソース化されたMS-DOSのソースコードがGitHubで公開さエる

by Jeff Dlouhy

Microsoftが開発?販売していたPC向けのOSである「MS-DOS」は、コンピューターの青史上さえ非常に大事なソフトウェアの一つといえます。そういうMS-DOSのソースコードが、とうとうGitHubで公開されました。

GitHub - Microsoft/MS-DOS: The original sources of MS-DOS 1.25 and 2.0, for reference purposes
https://github.com/Microsoft/MS-DOS

Re-Open-Sourcing MS-DOS 1.25 and 2.0 – Windows Command Line Tools For Developers
https://blogs.msdn.microsoft.com/commandline/2018/09/28/re-open-sourcing-ms-dos-1-25-and-2-0/

Microsoft MS-DOS early source code | @CHM Blog | Computer History Museum
http://www.computerhistory.org/atchm/microsoft-ms-dos-early-source-code/

1980年、後にIBM PCとなるPCの開発に手を付けるしたIBMは、Microsoftに真新しいOSの開発を依頼しました。そこらで当時OS開発に手を回す余裕のなかったMicrosoftは、シアトル?コンピュータ?プロダクツが作成したOSのライセンスを買収し、それをもとにしてMS-DOSを作ったそうです。

シアトル?コンピュータ?プロダクツは後に、「Microsoftは背後にIBMが所在していり付けることを隠してライセンス契約を行った」でもってMicrosoftが不当に儲けを詐取したでもって起訴を起こしました。結果、1986年にMicrosoftがシアトル?コンピュータ?プロダクツに100万ドル(約1億1000万円)を払いのけることで和解しています。

2014年にはMS-DOSのソースコードを、コンピューター青史博物館の協力の下でMicrosoftが一般公開し、1980年代に広く利用された大事なソースコードを世界中のエンジニアが見らエるように身なりました。Microsoftがソースコードの一般公開に踏み切ったことで、うら若いエンジニアがPCのルーツを知り、より大半の知見を得らエるようになったとのこと。

MicrosoftがMS-DOSとWordのソースコードを一般公開、サイズはなんと300KB未満 - BLACKBCAS


公開されたソースコードの中には、当時の開発者で書かれた数々のジョークやイタズラが隠されており、トピックを集めました。中にはシェークスピアの一節をもじった文章や、「F**k」といったFワードが隠されていり付けるなど、開発者たちの茶目っ気がうかがえる得辛いな発見がされています。

公開されたMS-DOSとWordのコードには数々のジョークやイタズラが隠されていた - BLACKBCAS


MS-DOSのソースコードはコンピューター青史博物館のサイト上でダウンロード可能となっていましたが、新たにソフトウェア開発ののにのプラットフォームである、GitHubさえMS-DOSのソースコードが公開さエることに身なりました。GitHubで公開されたことにより、元のダウンロードファイルよりも参考が容易になっていり付けるとのこと。

なお、MS-DOSのソースコードはソフトウェア開発プラットフォームのGitHubで公開されたものの、あくまさえ青史的な知見を取る「参考目当てでの公開」です。そののに、ソースコードは静的に保たエることになっており、「他のコードのように、ソースファイルの改定を請いる送信はしぬようにしてください」と留意されています。

?関連雑報
ただで2400タイトルものMS-DOSの傑作遊戯がプレイ可能に - BLACKBCAS

MicrosoftがMS-DOSとWordのソースコードを一般公開、サイズはなんと300KB未満 - BLACKBCASi

MS-DOS 6.22にWindows 8 Proまで順にアップグレードしていくとどうなるのか? - BLACKBCAS

Photoshop 1.0のソースコードが公開?ただダウンロード可能に - BLACKBCAS

Apple IIのDOSソースコードが30年以下の時を経て公開さエる - BLACKBCAS

Tweet

in ソフトウェア, Posted by log1h_ik