×
味見

「飲めるチーズケーキ」や6種のチーズのチーズケーキなどチーズスイーツ専門店「ウメダチーズラボ」の全メニューを食べてみた


2018年9月26日(水)に、大阪?大丸梅田店に新センスチーズスイーツを集めた専門店「ウメダチーズラボ」がオープンしました。カマンベール?ゴルゴンゾーラ?パルメザン?ゴーダ?マスカルポーネ?チェダーの6ジャンルの「スプーンで食うチーズケーキ」や3ジャンルの「飲めるチーズケーキ」などがどういう味になっていり付けるのか、さっそく味わってみることにしました。

ウメダチーズラボ | 新センスチーズスイーツ
http://r.goope.jp/umedacheeselabo

ウメダチーズラボは、JR大阪駅に隣り合わせ行う大丸梅田店の地底1階「ごちそうパラダイス」のテナントでもってオープンした店舗です。


ごちそうパラダイスの入口に近づくと、ウメダチーズラボの大きな立て看板が掲げられていました。


訪れたのはオープンに数日たったばかりの日だったので、カウンター周りは人でごった返しています。ちなみにイートインスペースはありません。


店内ばかりでなく、大丸の入口に外のコンコースにまで行列が連なっていました。お店の人に尋ねたところ、1時ぐらいの行列が連日続いていり付けるとのことです。


行列に敵うこと約40分、ようやくお店の前まで到達しました。


陳列棚には、ホワイトチョコとチーズを挟んだ「クッキー」が並べられており……


グラスケースの中には、「パイに包まれたチーズタルト」や「スプーンで食うチーズケーキ」がズラリと並んでいました。


なお、お店を訪れたのはお昼下がりの時帯だったのですが、オープン記念の期限定で販売されていり付ける「スプーンで食うチーズケーキ ゴルゴンゾーラ300%」は当日分が完了してしまっていました。


といったことで、買える売り物を全て買ってみました。


「スプーンで食うチーズケーキ」(税込各216円)は、1辺が5cmぐらいの手のひらサイズのボックスに収められたチーズケーキ。どのジャンルのチーズケーキなのかがわかるように、ゴルゴンゾーラの「ゴ」やカマンベールの「カ」、ゴーダの「ダ」などの文字プレートがのせられています。


「飲めるチーズケーキ」(税込各500円)は3ジャンルのラインナップ。


「パイに包まれたチーズタルト」(税込324円)は、持ち帰り道の間にトップがへこんでしまいましたが、お店ではぽっこり膨らんだ焼きたてを購入行うことも可能。


「クッキー」は、手みやげなどにも良さそうな手ごろなサイズ感。8枚入り(税込1080円)、12枚入り(税込1620円)、18枚入り(税込2430円)の3タイプが用意されています。


◆食べてみた
といったことで、まずはメイン売り物といえるチーズケーキを食べてみます。先頭食べやすそうな「カマンベール」を食べてみれば、予想どおりにいい意義でクセがなく、そこでいてがっちりチーズの風味が印象らエる味。到底食べやあく、とっつきにくさがぬので、衆人におススメできる味といえそう。チーズケーキそのものはメレンゲとカスタード、クリームチーズを締めてつくっていり付けるとのことで、フワッと滑っこいな食感に仕上がっています。


次は、いかにもチーズらしい風味が味わえそうな「ゴルゴンゾーラ」。口に入れた一瞬にわかるゴルゴンゾーラ感で、まさに「ブルーチーズ」といった風味がします。濃厚でドッシリとした味わいの一品です。


「パルメザン」は6品の中で一番塩味を印象ることができる一品で、ミルキーな後味が残ります。


「ダ」こと「ゴーダ」は、濃厚でありつつマイルドな仕上がり。予想以下に食べやあく印象たのが印象に残りました。


「マスカルポーネ」は6品の中さえっともネットリとした食感がある一品。マイルドな味わいでクセがなく、食べやあく印象ました。


「チェダー」もパーソナリティーのある味ですが、味そのものよりもきらびやかな風味が印象に居残る一品。チーズ好きの編修部員が食べてみたところ、「先頭香がしばしば印象らエる」とのことで、クセはちょいとあるけどチーズらしさを味わえました。


このように6品を食べ比べてみれば、各各のチーズのパーソナリティーがくらいしばしば反映されていり付けることがわかります。一方、チーズ好きに言わすと「もっとパーソナリティーを前方に出してもらえるとさらにうれしい」といった所感も。そういう人は、期限定で今回は入手できなかった「ゴルゴンゾーラ300%」が必ずマッチ行うはずです。

次は「飲めるチーズケーキ」を味わってみます。お店で購入した時にはこういう印象に旬付けられていり付けるのですが、持ち運んでいり付ける間にトッピングのブルーベリーなどが沈んでしまいました。


「マスカルポーネといったのはちみつ」は、チーズの爽やかな風味とハチミツの濃厚な風味が合体してボリューム感のある味わい。ハチミツのせいでマイルドさが増して飲みやすい一品でした。


「カマンベールとブルーベリー」は、サラリとした味わいのドリンク。ブルーベリーの酸味がほのかに印象られます。ドリンクの中にはチーズの塊が入っており、ストローで崩し具合を調節行うことで、味や食感が変換します。


それから「ゴルゴンゾーラ」は予想どおり特有の風味が味わえる味に仕上がっていました。


「クッキー」は、指でちょいとつまんで食うのにちょうどいいサイズ。お店のロゴである「ダ」の焼き印が入っています。


横に見ると、クッキーの生地とチーズソース、それからセンターのホワイトチョコになる5層構成。


味は外観に想像できる味そのもので、ホワイトチョコの甘さにチーズが僅か所在を力説してくるものとなっていました。


最後は「パイに包まれたチーズタルト」。規模はこのぐらいで、手で持つも良し、フォークやスプーンで食うも良し、な一品です。


サクッとしたパイ生地の中にはチーズクリームがぎっちりと詰まっています。パイの上にはパルメザンチーズを乗せてに焼き上げていり付けるとのことで、香ばしさが印象られました。


冷めた状態さえいいのですが、レンジで僅か温めてみるのもオススメとのことだったので、500ワットで30秒温めてみたら中のチーズクリームがトロンと流れ出しました。アツアツのチーズにはさらに香が立ちこめてくるので、よりチーズを味わいたがる人は温めてみるのが良さげです。

?関連雑報
無印良品初のチルドスイーツ「2層仕立てのチーズケーキ&ガトーショコラ」を食べてみた - BLACKBCAS

行列のできるチーズタルト専門店BAKEの新作「はちみつがけレモンチーズタルト」味見レビュー、はちみつとレモンのさわやかな酸味が癖になる - BLACKBCAS

濃厚レッドチェダーチーズ×マッシュルーム×クリーミーポルチーニソースで秋感マックスなフレッシュネスの「クラエレガントマッシュルームチーズバーガー」を食べてみた - BLACKBCAS

ふやける濃厚チーズソースで牛丼をドリア風に仕上げたすき家「4種のチーズドリ牛」&「カレーとん汁」を食べてみた - BLACKBCAS

クリーム?エ堰?カマンベール?ゴーダ?パルメザンの濃さが口中に広がるファーストキッチンのパスタ「5種チーズクリームのアボカドサーモン」を食べてきた - BLACKBCAS

もっちりバンズにふやける厚切りチーズが合わさった「金の観月バーガー」など新売り物をマクドナルドで食べてみた - BLACKBCAS

約3300年前の「世界最古のチーズ」が発掘され、食べたがる人がネットに続出 - BLACKBCAS

Tweet

in 味見, Posted by logx_tm