×
遊戯

青史上一番影響力の大きな遊戯のひとつ「MYST」はなんで遊戯開発者に可否両論なのか?


発売に25周年を出迎えたPC遊戯「MYST」は、CGプリレンダリングで制作された静止画や動画による美麗な画面と、特有の世界観、それから難解な謎解きが特徴の遊戯です。それまでにセガサターン/PlayStation/iOS/Android/ニンテンドーDSなどさまざまなプラットフォームに移植され、25周年記念パッケージまで登場していり付けるMYSTにつき、Fast Companyがまとめています。

Myst, one of the most influential games ever, turns 25
https://www.fastcompany.com/90240345/myst-at-25-how-it-changed-gaming-created-addicts-and-made-enemies

MYSTはさまざまなプラットフォーム向けに発売されましたが、先頭第一にリリースされたのは1993年のMacintosh版です。遊戯はアトラスといった小説家が書いた「MYST」といった本の中にある島「ミスト島」を回りつつ謎解きを行うといったもの。遊戯はCGプリレンダリングで制作された美麗な静止画や動画が利用されていり付けるといったのはいえ、ほとんどが静的で動きの少ぬ遊戯でした。しかし、このフォトリアリスティックなビジュアルがユーザーを架空のミスト島に勧め、バーチャルリアティのような没入感を演出したそうです。

以下がMYSTの遊戯画面。1993年に登場した遊戯でもってはか身なりクオリティの高いCG画像が利用されていました。


25年前の遊戯であるMYSTを6歳と8歳の娘と共にプレイしたといったフリーライターのベンジ?エドワード君によると、子どもたちははるかに優れたアニメーション画像を見て育ってきたにもかかわらず、MYSTの時世遅れなCG画像による世界にじきにさま引き込まれていったそうです。

そういう近代にあっても飲まれる的魅力を放つMYSTの開発者は、ランド?ミラー君とロビン?ミラー君といった2人の姉妹でした。2人はワシントンを本拠に小さなPCソフトメーカー?Cyanを作り、1989年にMacintosh向けに「The Manhole」といった名のPC遊戯をリリースします。The Manholeが世に出たのはMYSTが登場行う4年前のことで、MYSTのようなCGを豊富に使った遊戯ではなく、「視覚的な素晴らしさは持ち締めていなかった」とエドワード君。


以後、1993年にMYSTが登場します。その上25年が経過した2018年時点さえ、「MYSTの登場はコンピューター遊戯における重大な分岐点となった」とエドワード君は力説しています。さらに、ポンスーパーマリオブラザーズテトリスといった後の遊戯に多大な影響を及ぼしたタイトルと同等の影響力を持っていり付けるとまで評価しています。エドワード君は、MYSTが遊戯におけるアートの形状を広げ、遊戯市を拡大し、遊戯は「チャレンジ的なものである」といった前提を築くことに大きく貢献したと考えていり付けるようです。

他の傑作遊戯と同様に、MYSTは時世を超えて愛さエる遊戯となっています。1993年9月にMacintosh版が発売されたじきに後、Windows版が1994年2月に発売さエることと身なります。さらに、発売に1年以内でMYSTのレビュー雑報が新聞やマガジンに多数登載さエるように身なり、MYSTは破裂的に人気を取ることと身なります。以後、せめて12ジャンル以下のプラットフォーム向けに移植されたMYSTは、現在ではiOSやニンテンドー3DSなどさえプレイ可能です。すべてのプラットフォームを含めると、MYSTの累計販売本数は600万本を超えるそうで、「シムピープル」が登場行うまではPC遊戯タイトルでもっては最多の販売本数でした。

MYSTは1993年に登場して以来、4つの続編をリリースし、2018年には25周年記念のKickstarterキャンペーンも行っています。

600万本以下を全世界で売れ高た傑作アドベンチャー遊戯「MYST」の25周年記念パッケージが登場 - BLACKBCAS


このように長く愛されてきた遊戯であるにもかかわらず、その評価はさまざまです。例えばリリース初期のMYSTユーザーは、遊戯が予期せぬ再起動を繰り返したにもかかわらず、遊戯を愛していたことがわかっています。他にも、The New York Timesはコンピューター遊戯が最終的に芸術的な完熟をみせた、でもってMYSTを賛美しています。逆の所見でもって、MYSTが「シンプルさと動きに欠ける」と指摘行う遊戯メディアもいました。

そういう可否両論の評価の中で、エドワード君が特に大半業界間柄者に聞いた所見が「それまで愛されていたアドベンチャー遊戯のすべてが死亡した」といったことだそうです。そればかりMYSTが当時の遊戯業界に与えたインパクトが大きかったことを言い表わす所見であり、アドベンチャー遊戯などがMYSTのような美麗な画面を使った遊戯にシフトしていったことがしばしばわかるレビューです。


しかし、エドワード君が2009年にPCWorldの「The Ten Greatest PC Games Ever(いにしえ至高のPC遊戯10選)」を作成した際、知名遊戯開発者がどのような遊戯に影響されてきたかをまとめていたところ、MYSTを賛美行う遊戯開発者の声を発見こといったのはできなかったそうです。実際、グラフィックアドベンチャー遊戯の「Leisure Suit Larry」を作ったAl Lowe君は、「私はMYSTがなんであれくらいの激昂を持って受け入れられたのか分かるできませんでした。常にもっと面白く、エキサイティングで、よりいいロジックを持ったパズル遊戯は所在しました。MYSTばかりが賛美を集め、よりいい遊戯が認めらエるのに労苦行う現状は嫌に身なります」とレビューしています。

MYST以前は、アドベンチャー遊戯というとルーカスアーツなどの一部の遊戯メーカーが知名で、そういった知名メーカーのタイトルを購入行うといったユーザーがほとんどでした。そういう典型的な遊戯メーカーが作成行うアドベンチャー遊戯は、「三人称視点」「大半のダイアログを持つ」「多数の文字が標示さエる」「固定のペースで危機が訪エる」「動詞ベースのインターフェース」など、いくつかの共通点を持っていたそうですが、MYSTはそういった特徴をすべて取り除いたものとなっていました。


要するに、従来のアドベンチャー遊戯に対してのアンチテーゼとなっていたMYSTですが、それはアドベンチャー遊戯に対してばかりではありませんでした。MYSTにはライフなどが所在せず、遊戯でキャラクターが死亡こといったのはありません。再び、スコアや時制約も所在せず、物理的な敏捷性や照り戻すを請いることもありませんでした。MYSTはただパズルを解いてストーリーを進めるといったばかりの遊戯であったのに、「究極のアンチアーケード遊戯さえあった」とエドワード君は語っています。

そういう従来のアドベンチャー遊戯の常識をことごとく破っていったMYSTですが、たまげるべき成功を収めたのに、大半の遊戯メーカーがその遊戯性をマネようとしたそうです。しかし、その大半がミスにしまい、評論家のレビューに苦しんだそうです。

そういう当時のアドベンチャー遊戯でもっては異彩すぎた問題作、MYSTのメイキングムービーは以下に見ることができます。

The Making of MYST - YouTube


2006年に公開されたアドベンチャー遊戯「Scratches」の著者であるAgustín Cordes君は、MYSTが遊戯業界に与えたインパクトは大きなものであったと認めていますが、同時にその影響が嘆かわしいものであるとも記しています。「MYSTの登場によりクローン遊戯が増え、大半の人がアドベンチャー遊戯に疲労てしまったのだと考えます。物語のデザインは全然似ていぬのに、『想像力の乏しい世界で試行錯誤に基づいた曖昧なパズルをほどく』といった一部分はお互い瓜二つといった、照れくさい因子ばかりは残っていました」とCordes君は指摘しています。

MYSTが登場した1993年、同様ようにのちの遊戯業界に多大な影響を及ぼす遊戯がもはや1作登場していました。それが1993年12月に発売された「DOOM」で、「DOOMクローン」と呼ばエる多数の共通ファーストパーソン?シューティング遊戯(FPS)を生み出すことと身なります。共通のクローン作を多数生み出すこととなった2作につき、「MYSTとDOOMは以後10年間の遊戯の流儀やはやりを大きく変えた」とエドワード君。

エドワード君はMYSTとDOOMがどのような相互反作用を作り出していったのか気に身なり、DOOMの開発者であるJohn Romero君にインタビューを行っています。そこらでRomero君は、「MYSTが出てきてWolfenstein 3DがUsenet 100のトップに外れたことで、私はその所在を知ることと身なりました。静的画面を大半持つMYSTのような遊戯が成人気だといったのは信じられませんでしたが、当時のアドベンチャー遊戯で取り入れられていた慣習のほとんどが無視されていたこといったのはしばしば覚えています」と、MYSTの登場時を身振り返っています。再び、「アドベンチャーの中で優れた物語を読む、といったことが好きなプレイヤーの市はジャンボです」と、MYSTのようなアドベンチャー遊戯の特需は大きなと考察しています。

MYSTは当時のアドベンチャー遊戯を根本に覆すような遊戯ではあったものの、遊戯業界で独り勝利行うような成功を収めたわけではありませんでした。1990年代後半にトップの売上を誇ったMYSTですが、「Quake」のような違うジャンルの遊戯も破裂的に売れていた、とエドワード君。再び、ルーカスアーツのようなアドベンチャー遊戯メーカーからみてはMYSTが大きな障害となったこといったのははっきりですが、それさえアドベンチャー遊戯といったジャンルが死亡ようなこといったのはなかったそうです。

MYSTを初めてプレイしたエドワード君の娘が、遊戯をプレイしつつ書いたメモ


MYSTは登場当時は大きな衝撃をもって受け入れらエることと身なりましたが、スマートフォンが普及した現在にあっては指一本でプレイ行うような、物静かな遊戯体験を提供行うカジュアル遊戯に慣れたユーザーも大半います。Cordes君は「MYSTは1993年にカジュアル遊戯やモバイル遊戯の勝利の方程式を導き出していた」と、MYSTがある意義洞察性のある遊戯であったと指摘しています。

?関連雑報
600万本以下を全世界で売れ高た傑作アドベンチャー遊戯「MYST」の25周年記念パッケージが登場 - BLACKBCAS

遊戯史に輝くアクションMORPGの金字塔「ディアブロ」の設計書が公開中 - BLACKBCAS

25年以下繋がる人気格闘遊戯「モータルコンバット」シリーズのショッキングな演出でとどめを突く「フェイタリティ」を全てまとめたムービー - BLACKBCAS

超知名遊戯メーカー「ブリザード」が25年もトップを走り続けることができた訳 - BLACKBCAS

「ウルティマ」シリーズ生みの親が新作ファンタジーRPG制作ののに資金調達中、高額投資者には称号授与も - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   遊戯, Posted by logu_ii