×
遊戯

24年間成就不能とされていた「DOOM 2」のシークレットを自力で成就行う猛者が登場


1994年にid Softwareに発売されたファーストパーソン?シューティング遊戯(FPS)「DOOM 2」で、大半の人がチャレンジ行うも24年にわたって成就できなかった隠し因子がとうとう成就され、トピックとなっています。

Doom II's final secret is found after 24 years | Rock, Paper, Shotgun
https://www.rockpapershotgun.com/2018/08/31/after-24-years-doom-iis-final-secret-has-been-found/


「DOOM 2」はマップ上にさまざな通路や室が隠されていて、ステージ攻略の際にそれらを発見?侵入行うことでシークレットの成就率が上がり、ステージクリア後の評価が上るといったシステムとなっています。

今回到達されたシークレットは、MS-DOS版「DOOM 2」のマップレベル15「Industrial Zone(手工業地帯)」にあるセクター147です。通常は「シークレットセクターに体の目玉が侵入していり付ける」「プレイヤーがシークレットセクターと同様高さにいり付ける」といった二つの条件を満たすとシークレット成就と身なります。しかし、このセクター147はテレポーターと隣り合わせしてしまっており、足を踏み入れようと行うとどうしてもテレポートパッドが作動して上の階へ移動してしまいます。そののに、セクター147はチートコードを使ったプレイでなければ成就できず、通常プレイでの成就は不能とされていました。

実際にシークレットを発見したZero Master氏によるプレイムービーは以下に見ることができ、セクター147の攻略は2分頃に始めます。


Zero Master氏がシークレット成就行うのにに利用したのが、敵を召喚行う才能を持つ「Pain Elemental」といった、浮遊行う丸い敵です。


辺りにいたPain Elemental以外の敵は絶滅させ、Pain Elementalばかりを小突きつつセクターの近くまで移動させます。


向かった先にあるのは頭蓋骨で構成された階梯。


階梯途上の舞踏場で、Pain Elementalがやってくるまで控え。


実は舞踏場の壁には隠し扉(画像右端)があり、この奥にテレポーターとシークレットセクターが所在しています。


ギリギリのところで控えしていり付けると……


Pain Elementalがやってきました。


Pain Elementalが敵を召喚した一瞬、体が後方へノックバックし、シークレット成就の文字が画面中央に標示されました。


役目が済んだPain Elementalはショットガンでさっさと撃墜されました。


Zero Master氏がセクター147を通常プレイで成就した話は、束の間に「DOOM 2」のファンの間でトピックと身なりました。それから、id Softwareの設置者で「DOOM」シリーズの開発者さえあるジョン?ロメロ氏がTwitterで、Zero Master氏の偉業をたたえました。


再び、ジョン?ロメロ氏は「このシークレットセクターは発見行うのは平易ですが侵入行うこといったのはできず、敵に押し込めらエる方法でしかこのシークレットセクターは成就できません」と解説していて、24年間成就不能と由緒てきたセクター147のマップ設定がデザインミスではなく積もり的だった蓋然性も暗示しています。

?関連雑報
「DOOM 2」の新版フロッピーを言い伝えの遊戯開発者ジョン?ロメロがeBayに出品して価格高騰 - BLACKBCAS

「ポルシェ911の操る」でDOOMをプレイ行うムービー - BLACKBCAS

「FPSの生みの親」ジョン?カーマック氏が語るスティーブ?ジョブズの考え出といったのは? - BLACKBCAS

遊戯「DOOM」のBGMに獣の数字「666」と五芒星が隠されていたことが判明 - BLACKBCAS

加工頭脳がFPS遊戯「Doom」の遊戯画面を見てバトル行うデスマッチ「Visual Doom AI Competition」 - BLACKBCAS

「Fallout 4」と「DOOM」のVR版をBethesdaが公表、対応機種と発売時分が明かさエる - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   遊戯, Posted by log1i_yk