×
動画

「カンフーシネマ」といったのは一体どういうジャンルのシネマなのか?


中国拳法を主体としたアクションシネマは「カンフーシネマ」と呼ばれ、世界的人気を自慢ジャンルです。しかし、一口に「カンフーシネマ」といってもその流儀は多種多様で、厳密な定義は困難もの。「カンフーシネマ」といったのは一体どういうものなのかにつき、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のキュレーターであるラ=フランセス?フイ氏が具体例を示しつつムービーで解説しています。

The Grandmaster of Kung Fu Films: Lau Kar-leung | HOW TO SEE Martial Arts Films - YouTube


33歳といった若さで没するも今なお世界的人気を自慢ブルース?リーや……


60歳を超えてなおアクションシネマに演じる行うジャッキー?チェンなど、「カンフーシネマ」で活躍行うアクションスターは大半います。しかし中国アクションシネマを一口に「カンフーシネマ」と定義行うのは困難ものがあります。


中国の武芸シネマは大雑把に二つに分けられます。一つは「武侠シネマ」と呼ばエるジャンルです。「武侠」といったのは「武芸」と「騎士道」を組み合わせた意義を持つ言語です。


侠女 第一部:チンルー砦の戦い/第二部:最後の法力」「大酔侠」など武侠シネマでしばしば知らエる作は、どれも古代中国を描いた時世劇の因子を含蓄、剣を用いた大立ち回りがアクションの目玉と身なります。


劇中で繰り広げらエる戦いは事実的ではなく、ファンタジー因子にあふれていて、「リアルであるか」といったよりも「いかに美しく、見栄えが行う戦いを行うか」が大事視されます。


そののに、やたらとハイキックが多用されたり……


スーパーマン的な才能でジャンプしたり、飛びかかったりします。ジャンプは人離れした高さで、重力を印象させぬような飛び方を見せます。


2000年に公開された「グリーン?デスティニー」では、「侠女 第一部:チンルー砦の戦い/第二部:最後の法力」に出てきた竹林のバトルシーンがオマージュされ、竹の上にフワッと飛び乗り、そのままバトルを行うシーンが描かれます。


中国武芸シネマのもはや一つのジャンルが「カンフーシネマ」です。カンフーといったのは「功夫」と書き、中国南部で使わエる広東語で「訓練?技能」を意義します。


武侠シネマと異身なり、リアルな中国武術を取り入れたアクションが特徴で、スーパーマン的な才能が登場行うのではなく、登場人物の肉体を駆使して繰り広げらエる格闘アクションがメインに身なります。


そもそも「カンフーシネマ」といったジャンルが急生長したのは、ブルース?リー主演の「燃えよドラゴン」「死亡遊戯」が世界的に大安打したことがバックにあります。中国の武芸を使ったリアルな格闘を主軸に据え置いたアクションシネマは欧米さえ斬新な所在で、それらのシネマを類別行うのにに「カンフーシネマ」といったジャンルが出身たとさえ由緒ています。


しかし、ブルースリーがシネマで使っていたのは中国武術ではありません。あくまさえ「詠春拳」をベースに、柔術?空手?ボクシング?テコンドーを組み合わせたオリジナルの武術です。例えば「ドラゴンへの道」でチャック?ノリスとの死闘で見すステップは完璧に近代ボクシングのものです。


ジャッキー?チェンはもともと京劇の俳優でもって幼稚頃に修業を積んでおり、その一端で中国武術を体得していました。京劇俳優の修業で得た俊敏さと柔軟さを生かし、70年代は大半の中国武芸シネマに演じるしました。


やがて、彼のアクションは中国武術よりも、スタントマンも使ってコミカルで派手なものとなっていきます。


そうした中で、実存の中国武術を題材にしたシネマを請いる声も大きく身なりました。そののに、1970年代後半のカンフーシネマでは、「洪家拳」の達人だった「黄飛鴻」といった実存の武術家をモデルにしたシネマが数大半作られました。


例えば、1979年に公開された「マッドクンフー?猿拳」での戦いを見るとわかるとおり、腰を落でもって地べたをはうような低い態度で攻めるを繰り出すのに、見栄えの行う武侠シネマのアクションといったのは全然差異ます。


再び、1976年に公開された以下のシネマ「ワンス?アポン?ア?タイム ヒーロー少林拳」は黄飛鴻をあるじ公に描いたカンフーシネマです。このシネマをディレクターしたラウ?カーリャン氏は、黄飛鴻の直門弟を父に持ち、自身も洪家拳の使い手でした。


ラウ氏はディレクターばかりではなく、武術アドバイザーでもっても活躍していて、初期カンフーシネマの立俳優でもって高い評価を受けています。


ラウ氏は「体と心の規律でもって用いらエる中国武術」の全部的な美しさをシネマで表わすしたがると考えていました。


ラウ氏がディレクターした作の中でその最たる作が1978年に公開された「少林寺三十六房」です。


「少林寺三十六房」はただ中国武術を使って戦うシネマではなく、その上映時の大半を武術を習得行うのにの訓練に費やしています。


シテを演じるリュー?チャーフィーは、少林拳の技能を習得行うのににさまざまな仕掛け室で訓練を行います。


こうした訓練シーンはドキュメンタリーを見ていり付けるようなセンスを生みます。


さらにラウ氏はこのシネマの中で、儒教に基づいた師弟間柄を描いています。師匠は拳法の技能を伝えるばかりではなく、門弟の倫理心の育成も行います


再び、中国武術の動きそのものをがっちりと見すのにに、半ば隔に遠間隔のショットでがっちりとアクションを映します。再び、カメラを後に引っ張って動きを出し、観衆にわかりやすい画像を作ろうと心構えています。


「カンフーシネマ」といったジャンルは、リアルなアクションを追求し出身た中国特有のシネマジャンルの一つです。近代でこそブルース?リ-やジャッキー?チェンが代表的なスターでもって扱われています。しかしフイ氏は、実存行う中国武術をメインにしつつ、見やすさや精神的テーマにも重きを置いて「カンフーシネマ」を支えたラウ?カーリャン氏こそカンフーシネマの重鎮であると、高く評価しています。

?関連雑報
アクションシネマは「ボーン」シリーズの影響でダメになったといった力説 - BLACKBCAS

シネマの「狂気」は精神障害の見方をどのように変えていったのか? - BLACKBCAS

ジャッキー?チェンこそが世界三大コメディ王の是な後継者である訳 - BLACKBCAS

ジャッキー?チェンが格闘技のコツをちょいんばかり示してくエるQ&Aムービー - BLACKBCAS

カンフーの目にもとまらぬ動きを可視化行うとこうなる - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   シネマ, Posted by log1i_yk