×
サイエンス

「睡眠も大事な勉強の1つである」と究める者が提言


テスト前日に一夕漬けしてテストを乗り切ったといった体験をした人はたくさんはず。しかし、一夕漬けをしても覚えは全然定着せず、テスト寸前まで棒暗記行うより、前日までに覚えて一晩眠る方が効果的なことを示す究める結果があるのも事実です。イギリスのロイヤル?ホロウェイ大学び舎で心理学の講師を義務るジャッケ?タンミネン氏は、勉強にあって睡眠がなんで大事なのかを解説しています。

BBC - Future - Why sleep should be every student’s priority
http://www.bbc.com/future/story/20180815-why-sleep-should-be-every-students-priority

タンミネン氏の究めるプロジェクトでは睡眠時が覚えの形成に効果があるかどうかの実験を行っています。実験では、語学の勉強を行った日の夜を「寝ずに過ごしたグループ」と「通常通りの睡眠を取ったグループ」に分け、1週間後にテストを行いました。行うと、通常通り睡眠をとったグループの方がじきにに単語を考え出すことができ、ポイントも高かったそうです。この結果に、睡眠が覚えの定着を救う効果があることが示されています。タンミネン氏は「寝ていり付ける間、勉強をサボっていり付けると考える人はたくさんと考えますが、実際は寝ていり付ける間こそ覚えを定着さすのにに、脳は勉強を行っていり付けるのです」と語っています。

睡眠にはレム睡眠ノンレム睡眠があります。それから、ノンレム睡眠は睡眠の深さで4ステップに別離ていますが、雑報作成時点でタンミネン氏はこの中で3ステップ目と4ステップ目にあたる徐波睡眠(SWS)の究めるを行っています。同氏によると、「SWSは語学ばかりでなく、さまざまな常識の蓄えるのにに大事な役割を担っています。SWSの間に脳は海馬と大脳新皮質が絶えずインフォメーションのやり取りを行っていて、常識の長期覚え化ののにに活動しています。このとき、単に覚えを脳に定着さすばかりでなく、さまざまな常識を組み締めて新たなアイデアを生み出すことがあります」と述べており、SWSを僅かさえロング間行うことでより奥深い常識を得らエることに、固定の睡眠時の確保は大事であるとのことです。


SWSの時は年齢でも変ずることがわかっており、特に子どもは成人よりも時がロングことがはっきりになっています。エバーハルト?カール大学び舎テュービンゲンの究めるでは、子どもの覚え形成に睡眠がどのように関わるかを調べるしており、子どもの勉強才能が非常に高いのはSWSの時の寸法に間柄していり付けることを暗示しています。究めるに携わったカタリナ?ジンケ氏は「子どもからみて、睡眠が勉強をより効率的にしています」と述べています。

タンミネン氏は「どこかの勉強をした後にぐうぐうと眠って覚えを整頓行うことが到底大事です」と語っており、受験勉強や権利テストの勉強を行う時は、睡眠時も正しくプランしておくことが勉強効果を高めることにつながると解説しています。

?関連雑報
テスト寸前まで棒暗記行うより、前日までに覚えて一晩眠る方が効果的 - BLACKBCAS

「睡眠欠乏は後でたく君寝れば取り戻す」といった説をプロはどう思っていり付けるのか? - BLACKBCAS

夜寝ていり付ける間に脳に影響を足すと覚え力がアップ行うことが判明 - BLACKBCAS

「明晰夢」を見やあくなる薬が発見さエる - BLACKBCAS

「不眠症」はどのようなメカニズムで生成行うのか? - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス, Posted by darkhorse_log