×
サイエンス

「女性科学究が少ぬ」と言わエるなかで女性究める者が統治的な科学究めるの方面がある

by 4339272

コンピューターサイエンスの学位を取得行う女性は全部のわずか18%にとどまり、科学やテクノロジーなどの方面に前進女性の少なさが指摘されています。科学究めるさえ基本的には女性究める者よりも男性究める者が多勢を占有のですが、行動神経内分泌学は「女性究める者が過半数である」といった珍しい方面であり、なんでこのような転回が起こっていり付けるのかを心理学博士号を持つニコール?バラン氏が記しています。

How Women Overcame Discrimination to Dominate This Scientific Field
http://nautil.us/issue/63/horizons/how-women-came-to-dominate-neuroendocrinology

科学?技能?工学?数学を指差す「STEM」の学術方面における女性の割りは、全部でもって34.4%にとどまることが2015年に報告されています。大半のSTEM方面で男性の究める者が多数を占めており、生物学に関連した博士号は男性よりも女性が取得行う割りがたくさんにも関わらず、同方面における女性の助教授はわずか18%となっています。

一方、このような趨向が当てはまらぬのが、行動神経内分泌学の方面です。行動神経内分泌学では女性教授の割りが全部の58%で、過半数を占めています。性差の究めるを行う体系(OSSD)の年度ミーティングでは登壇者の70%が女性で、再びクラブの代表も女性究める者が義務ていり付けるとのこと。

しかし行動神経内分泌学も、第一に女性究める者が多数所在行う方面だったわけではありません。1965年に「West Coast Sex Meetings」と呼ばエる行動神経内分泌学のミーティングがスタートしたとき、究める者は大体男性だったといいます。再び著名な生き物行動学究であるフランク?A?ビーチ氏すら女性蔑視を隠そうともせず、「ラボに卵巣を入エることいったのはぬ」と宣言していました。


ビーチ氏の態度は、当時の女性に対行うハラスメントや差別処遇を表徴しています。当時の男性究める者の大半が女性に対してハラスメントを行ったり、女性を避けたり行うことがあったとのこと。雇用を受け持ち行う男性教授の中には「女性のキャリアに投資行うのは金のムダ」だと信じていり付ける人も大半いたそうです。ビーチ氏が受け持ちした数少ぬ女性生徒のうちの1人であるLeonore Tiefer氏は「女性は仕事を辞めて婚姻し、子どもを産み落とすものと考えられていましたに」と語っています。Tiefer氏がジョンズ?ホプキンズ大学び舎でアメリカ官立衛生究める所の博士究める員のポジションに応募した時には、公然と「女性は雇わぬ」と言われたそうです。

行動神経内分泌学は生物の繁殖や子育て、発展、社会的つながりなどのメカニズムを分かるしようと行う方面であり、女性の人生との関わりが奥深い学術方面です。しかし、女性の人生と深く関わる中身が究めるされていり付けることいったのは、行動神経内分泌学に女性究める者が増えることとなった「もと」といったよりも、「結果」であるとのこと。

それは、初期の行動神経内分泌学でフォーカスが当てられていたのがもっぱら「種付け」であったことにもわかります。女性究める者が増大し、究める中身が変わりだしたのは、ジョゼフィーン?ボール氏といった女性究める者がテストステロンエストロゲンといったホルモンが勉強?スペースナビゲーション?覚えといった認知に大きく影響行うことを示したにだとみられています。ボール氏の究めるで、それまで種付けに当てられていたフォーカスが、「子育て」「社会的つながり」「発展」といったより一般的な一部分にぶつかるようになっていったのです。


by Pexels

例えば、インディアナ大学び舎の教授でありキンゼイ?インスティテュート代表のスー?カーター氏は、神経系におけるオキシトシンが社会的つながりの中で大事な役割を果たしていり付けることを示しましたが、カーター氏は出産を契機でもってオキシトシンの究めるをスタートさせています。カーター氏が究めるを行うまでオキシトシンが脳にインパクトを授けるといったのは誰も考えていなかったことにも、「女性が参入行うことで現在の行動神経内分泌学が作られた」といえるわけです。

女性の数が増えると、行動神経内分泌学には女性究める者を歓迎行う文明が作られていき、「女性が男性と平等に扱わエる」といった環境に大半の究める者が魅力を印象るように身なりました。

それから、女性究める者と共に活躍したダニエル?S?レアーマン氏のようなフェミニストの所在も忘エるべきではありません。当時、ドイツの行動学究であるコンラート?ローレンツ氏は「人の行動は本能的?生来的?遺伝的なものである」といった力説を行っていましたが、レアーマン氏はこの考えを評論し、「人の行動は複雑であり、生物学的因子と環境の相互反作用で作らエる」と力説しました。レアーマン氏は科学究めるで初めて、2人の人の相互反作用が互いの行動やホルモンを変えるといったことを示しました。


レアーマン氏は、自分自身の究めるで「母親や介護者でもっての役割と女性との結びつき」が本能的なものであると行う科学的是化を減らすと分かるしていました。それは、レアーマン氏がオスとメスが平等に子育てを行うアフリカジュズカケバトの究めるを行っていたことにもみてとれます。

再びレアーマン氏は能動的に女性究める者を雇い入れ、仕事に対して平等に賃金が払わエるように尽力しました。女性究める者のメンタリングにも力を入れており、レアーマン氏のもとで、数大半の女性究める者が活躍行うことに身なりました。レアーマン氏の示し子で行動神経内分泌学学会(SBN)の代表を義務るコロンビア大学び舎の心理学究ラエ?シルバー氏は「ダニーは男性が支援さエるのと同様に、女性のキャリアが支援さエるよう、尽力していました。当時、それはありふれたことではありませんでした」と語っています。レアーマン氏が死去行う2カ月前に、合衆国教育法第9編で「合衆国の補助金や助成を受ける教育機関での性差別を禁じること」が定められました。その上よって女性差別を公言していたビーチ氏でさえも、女性究める者を受け入れざるをえなくなったわけです。

by geralt

このように、複数の因子が絡み出あうことにより、行動神経内分泌学の文明は変換してきました。科学方面での女性に対行う位置向上の動きは2018年現在さえ続いています。近年、SBNやOSSDのメンバーは実践方針を取ることが大半、生物医療の方面にあって性差における効果の差異を解剖行うことを請いるようNIHにポリシー改定を要請しました。ポリシーが改定されたことで、女性の健康を促進行うことができたとのこと。

再び、レアーマン氏のアイデアを受け継ぎ、ジェンダーやセクシュアリティといった考え方がホルモンに影響を授ける蓋然性につきも究めるが行われています。なお、この究めるを行っていり付けるサリヴァン?アンダーズ氏は、当て擦りにも「Frank A. Beach Young Investigator Award(フランク?A?ビーチ若手究める勧奨賞)」を受賞していり付けるとのことです。

?関連雑報
両性平等が実現さエるくらい、女性は科学や数学の道を選ばなくなるといった究める結果 - BLACKBCAS

「女性は男性よりも情を表に出す」といった特徴は実際なのか? - BLACKBCAS

「アメリカで一番優れた若き科学究」に選ばれた11歳の少女は水の鉛汚染を平易に検知できるキットを開発 - BLACKBCAS

「女性の認知機能は生理によるホルモンの変換に影響を受けぬ」と行う究める結果が公表さエる - BLACKBCAS

生理の血で点検行う新型医療システム開発の裏手 - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス, Posted by logq_fa