メモ

テロよりも怖い「1日10人以下を殺す」インドの穴問題といったのは?


インドでは1日約10人が地べたにあいた穴がもとで亡くなっています。1日約10人の人々を殺してしまう穴といったのはどういうものなのか、イギリスのThe Guardianがこの穴に迫っています。

How Difficult Is It to Keep Our Roads Pothole Free? Here's the Answer in 3 Steps
https://www.thebetterindia.com/152644/pothole-free-roads-safety-india/

'More deadly than terrorism': potholes responsible for killing 10 people a day in India | World news | The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2018/jul/25/more-deadly-than-terrorism-potholes-responsible-for-killing-10-people-a-day-in-india

インドのマンスク?マンダヴィヤ道路局長官は「2017年に道路にあいた穴がもとで生成した交通アクシデントの死者は3597人、手負い者が2万5000人に上る」と語っています。インドでは道路の至るところに奥深い穴が開いており、それがもととなって大きな交通アクシデントが頻発していり付けるとのことです。

By Infrogmation of New Orleans

このアクシデントは2018年時点さえ頻発しており、2018年7月9日にはムンバイに居住女性がスクーターで道路を走行中、穴にスクーターの車輪が入ってしまったことで、バランスを失い転覆。この女性は隣の車線に投げ出されてしまい、その車線を走行していたバスにひかれて死亡してしまうといった痛ましいアクシデントが生成しました。

穴による交通アクシデントは、穴に入らなくても起きることがあります。実際、ほとんどの車やバイクはアクシデントを起こしたくぬので、穴を避けようと事前にハンドルを裁つなどの対応を行いますが、この身動きが衝突アクシデントなどを引き引き起こすもとにもなっています。

このような大半のアクシデントの契機となってしまう穴は、インドの道路工務がもとでできていり付けると言われています。2018年時点でインドは道路網の整備に力を入れており、至るところで道路工務を行っています。しかし、その実態は質より量を優先しており、道路の品柄は良くありません。こののに、雨期などで豪雨が降ると道路にはひび割れや穴があいてしまうことがたくさんそうです。


2018年7月9日に起きた女性の死亡アクシデントの審判にあって、審判官は「テロよりも大半の人が、『穴』で死亡していり付けることいったのは大きな問題です」と述べており、インドの道路工務の現状を強く批判しています。再び、デリー交通教育組合のロフィット?バルジャ氏は「先頭の決着策は道路間柄者を他殺罪で告発行うことです」と語り、穴による交通アクシデントをなくすには道路工務のあり方を一に見繕う必須があると指摘しています。

?関連雑報
メキシコで大統領選中に130人以下の政家?出馬者が殺さエる - BLACKBCAS

「心臓病やガンによる病没よりも他殺やテロに民衆はより高い関心を示していり付ける」といった力説 - BLACKBCAS

他殺現地に残された「結び目」にロープのプロが犯人を導くまで、結び目に犯人の何がわかるのか? - BLACKBCAS

トロントのゲイ?コミュニティーを震撼させた永続殺第三者事件はなんで止められなかったのか? - BLACKBCAS

トウモロコシ目玉の食暮らしでハムスターが子殺しを行うように - BLACKBCAS

?関連コンテンツ

Tweet

in 乗り物,   メモ, Posted by darkhorse_log