×
メモ

Microsoftの市価全額がGoogleを上回り「世界第3位の公企業」に返り開花


2018年5月29日時点でMicrosoftの市価全額が7490億ドル(約81兆5000億円)に達し、Googleの親カンパニーであるAlphabetの市価全額を約100億ドル(約1兆円)上回って約3年ぶりに世界第3位の公企業に返り咲いたことがはっきりに身なりました。

Microsoft passes Alphabet by market cap
https://www.cnbc.com/2018/05/29/microsoft-passes-alphabet-by-market-cap.html

Microsoft is now more valuable than Google - The Verge
https://www.theverge.com/2018/5/30/17408254/microsoft-google-alphabet-market-cap-value

Microsoftは、2017年5月に約1年間でAlphabetの5倍以下の儲けを上げることに成功しています。この結果、2018年5月29日時点でMicrosoftの市価全額は7490億ドル(約81兆5000億円)に到達。Alphabetの市価全額である7390億ドル(約80兆5000億円)を約100億ドル(約1兆円)上回ったことで、MicrosoftはApple、Amazonに続いて、世界で3番目に市価全額の高い公企業に返り咲きました。

Microsoftは2014年にサティア?ナデラ氏がCEOに就任して以来、その株価は倍増ししました。株価を大きく高めることになった取り組みの1つが、Windowsを目玉に置いたビジネスにの脱却です。ナデラ氏はMicrosoftで高い売上を誇ってきたWindows部門などに直属していたエンジニアをクラウドやAIなどの他部門に移しており、この効果が儲けの向上に結び付いていり付けると考えられています。

By Microsoft

2018年5月29日時点で市価全額トップのAppleは9230億ドル(約100兆円)、2位のAmazonが7820億ドル(約85兆円)となっており、Microsoftがそれを追っていり付ける状況です。しかし、AppleはiPhoneの売上ばかりで収益の約6割、Googleに至っては広告所得ばかりで収益の約9割と1つの事業領分の収益に依存していり付ける現状にあり、それらを大きく伸ばすことが困難状況にあります。Microsoftは、2018年現在でタブレットデバイスのSurfaceと遊戯部門で約35%、クラウドで約30%、Microsoft Officeなどで約30%の収益を上げており、収益を生み出す事業領分を複数持っていり付けるのに、未来も継続して生長できる蓋然性を秘めています。

一部のアナ名簿は、Microsoftのクラウド関連部門が未来数年間で収益を倍増しさす蓋然性があると見込んでおり、市価全額が1兆ドル(約109兆円)に到達行う蓋然性が高いと考えています。

?関連雑報
AI?金融?小売り業など各方面のエグゼクティブが予測行う「2018年に起こるであろう18のこと」 - BLACKBCAS

GoProの買収をXiaomiが検討中と報じらエる - BLACKBCAS

儲かるオンラインビジネスのアイデアを生み出すのにに参考に身なりそうな31の実例 - BLACKBCAS

「Amazonさエる」など造語が生誕行うくらい恐怖らエるAmazonの悪夢のような底なしの欲望 - BLACKBCAS

スタートアップ公企業が陥りがちな「ビッグディールの罠」といったのは? - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse_log