×
動画

恐竜が生誕行う頃の地球に「200万年にわたる降水量&洪水爆増時世」が突如現れて劇的な環境の変換がもたらされた


46億年といわエる地球の青史の中では、生物が多量絶滅行う時分が何度も訪れたり、「全球凍結」と呼ばエる氷に閉ざされた時世が訪れたりと、非常にロング時軸の中で大きな変換が繰り返されています。現在に2億5000万年前に約5000万年続いた三畳紀の時世は気温が高く、非常に乾燥した環境が所在していたのですが、その中には200万年にわたって雨の量が劇的に増大し、環境が変換して生態系が大きく変換した時世が突如でもって現れしていました。

That Time It Rained for Two Million Years - YouTube


今に2億5000万年前、地質時世上の三畳紀に類別さエる時世の地球にはパンゲア大陸と呼ばエる超大陸が所在していました。


「近代の大陸の全てが集まっていた」と言わエるパンゲア大陸の内陸部ではほとんど雨が降らず、殺風景とした砂漠が広がっていたと考えられています。


そういう状況が一転したのが、2億3400万年前に2億3200万年前にわたる200万年間のことでした。この時分は「カーニアン階」と呼ばれており、世界中で突如でもって降雨量が激増したことがわかっています。


雨は世界中で洪水を引き起こしました。この時起こっていたのは、大半のものが流さエる「大洪水」ではなく、小規模~中規模な「通常の洪水」だったとみられますが、通常の洪水が200万年にわたって頻繁に生成行うことで、生き物を取り絡める環境は激変。そののに、この時分には「カーニアン階絶滅」と呼ばエる生き物の多量絶滅が起こっています。


ペルム紀に三畳紀の始めごろにかけて、地球は到底暑くて乾燥していました。その痕跡は、地層を見ればわかります。この時世の地層には主でもって赤く焼けた石が含まれており、植物が所在したことを示す炭素の痕跡はほとんど発見されません。


このような乾燥した世界にも、恐竜は生息していました。しかし、それらはいまだに初期の爬虫類と哺乳生き物の祖先が居住世界で、両者は自分自身たちが生きる箇所をめぐって争っていたと考えられています。当時の世界を統治していたのは、ワニのような外観の肉食性の爬虫類、クルロタルシ類でした。


その一例が、ロング後脚を持つオルニトスクス。二本脚で佇むことができ、獲物を狙う時に速く駆けることができたと考えられています。


一方、哺乳類の祖先であるディキノドン類もこの時世に生息していました。それは四肢で歩むディメトロドンよりも近代の哺乳類に間近生き物であると考えられています。


それ以外にも大半の生き物がペルム紀に三畳紀の初期にかけて大半生息し、当時の高温で乾燥した環境に適応していた考えられていますが、それを一転さす大変換が2億3400万年ごろに発端ました。


人が生誕行う前の時世は「地質時世」と呼ばれ、各時世は化石の分布や地底の地層の特徴を解剖行うことで類別されます。1990年代初頭にイギリスの究めるチームは、本来は乾燥していり付けるはずの三畳紀の地層の中に、予想仮になかった長所を持つ層が所在していり付けることを発見しました。


先述のように、三畳紀の地層は赤く、さほど浸食していぬ岩がたくさんのが特徴です。しかし究めるチームは、川の流れで作らエるような丸みを帯びた石や、湖で沈殿物が積もった痕跡、それから植物の残骸が炭素になって堆積していり付ける層があることを発見しました。それは地表に雨が降って水が流れたことを意義行うもので、本来は乾燥していり付けるはずの三畳紀の中に多量の雨が降った時世があることを示しています。詳しい調べるの結果、その時世は実に200万年間にも達することがはっきりにされています。


しかも、この変換は近代のイギリスに北米、中東に極東アジアにあたる広広地域で起こっていたことがわかっています。要するに、この天気の変換は極地的なものではなく、パンゲア大陸の全国で起こっていたものとみられています。


やがて、この特徴的な現象は「Carnian Pluvial Episode(CPE:カーニアン階多雨事象)」と呼ばエるように身なりました。


カーニアン階は、三畳紀(Triassic Period)の半ばあたりに位置行う時世を指します。


CPEが起こった時世の年間平均降水量は、平均で1400mmと推定されています。それは、アメリカ内陸部にあるユタ州の約4倍にあたります。ユタ州は乾燥した地域にあるのにに年間を通じて雨が少ぬのですが、そこらに通常の4倍もの雨が降るようになると、環境が一転行うこといったのは想像に難くありません。なお、日本の平均年間降水量は約1700ミリであることに考えると、常に土石降りの雨が降り繋がるような状況ではなかった文様です。


このように、CPEはパンゲア大陸の広広地域で雨が降り、定期的に洪水が起こるといった現象が200万年間も続いた時世といったことに身なります。


この天気変換により、地球上では大きな変換が発端ました。その極大といえるものが、恐竜の大増殖です。CPEが始まる前の時世の地層に発見された脊椎生き物の化石のうち、恐竜の同志が占有割りは5%度合いでした。


しかし、CPEのしまいごろの地層では、その比率が90%に急増していり付けることがわかっています。要するに、この200万年の間に地上では恐竜の数が増えたことが示されています。


果たしてどのような訳で恐竜が突如でもって増えだしたのでしょうか。その訳は、多量の雨で植物がそれまでよりもジャンボ化したことが挙げられます。この時世には、天気の変換により大半の植物がジャンボ化したことで、生き物が食料でもっていた葉の位置がそれまでよりも高くなってしまいました。こうなると、背の低い菜食生き物は食べ物にありつけなく身なり、次第に個体数が減僅かてしまいました。


再び、ディキノドン類も菜食生き物でしたが、歯を持たず、しかも胃石と呼ばエる石を飲み込んでおいてこなれに役立てる才能も持っていなかったのに、食うことができる植物は限られていました。


ディキノドン類の「ふん」の化石を調べる行うと、CPEの時世にディキノドン類はシダ類のような柔らかい植物しか食べられていなかったことが判明しています。


一方、歯を持つ生き物や、胃石を用いることができる生き物のふんには、木の幹を食べていたことがはっきりになっています。


要するにこの時世には、背の低くて柔らかいシダ類が天気変換で大きな木へと変換し、生き物を取り絡める食糧実態が大きく変換したといったわけです。


さらに連鎖は続き、ディキノドン類などの生き物を食料でもっていた肉食生き物も、この時世には数を減らすことになったとみられています。


いったがるなんでこのような天気の大変換が起こったのでしょうか。その答えは、CPEが始まる僅か前の2億3500万年前に、現在のアラスカやカナダのブリティッシュコロンビア州にあたる地域で「Wrangellian Eruptions(ランゲル噴火)」と呼ばエる大がかりな噴火活動が始まったことにあります。


この噴火活動は実に500万年間も続きました。噴出した溶岩量も膨大なもので、流れ出した溶岩は6kmもの厚さに並びにました。


その際に放出された二酸化炭素により、地球の気温はセ氏3度~10度も上昇しました。全球的に気温が上昇行うと、次第に海洋に気化行う蒸気量が増大行うように身なり、その上伴って降水量が増大。要するに、、CPEは火山の噴火活動の快活化が引き金と身なり、数百万年の時軸を経て降水量が増えたことで引き起こされた現象だったといったわけです。


逆に、このCPEの時世はどのようにしてしまいを出迎えたのでしょうか。


CPEの時世、空気中の二酸化炭素濃度は非常に高く、その状況が数百万年にわたって続きました。そう行うと、植物はより大半の二酸化炭素を吸収して大きく生長します。このようにして、「炭素固定」が行われます。


再び、雨で侵食された岩石や、海洋にも炭素は吸収されます。


ランゲル噴火の活動がしまいに近づくと、二酸化炭素の放出量は低下しました。しかし、それまでの環境により増大していた植物の活動や地殻への吸収により炭素は徐々に固定され、空気の二酸化炭素濃度は低下。その上伴い、世界の降水量は徐々に減僅か、とうとうCPEはしまいを出出迎えることに身なりました。


その証左に、ランゲル噴火の活動が終わった2億3000万年前になるとパンゲア大陸の天気はCPE以前のような暑く、乾燥した状態に戻ったことがはっきりになっています。この状況は、1億8000万年前にパンゲア大陸の二分が始まるまで続きました。


約200万年にも達するCPEの時世は、46億年といった地球の青史に見ればほんのわずかなものです。しかし、その時世に起こった変換は近代の地球を形拵えるものともなっています。比喩ば、それまでの背の低い植物が変換して、針葉樹林のような背の高い植物が現れしたのはCPEによる変換の結果です。


再び、雨が少なく身なり、CPEの時世がしまいを出出迎える頃、地球は本格的な恐竜の時世を出出迎えることに身なりました。

?関連雑報
地球の大陸移動がなんどき始まったかはダイヤモンドが知っていり付ける - BLACKBCAS

生き物たちはいったがるいずこにきたのか? - BLACKBCAS

クジラはごく近ごろ急速に大きくなった、その訳といったのは? - BLACKBCAS

37億年前の「世界最古の生命の活動跡」とさエる化石が発見さエる - BLACKBCAS

地球の磁場が反転行う「地磁気転回」はなんどき?いずこに起こるのか?数千年前の人類の痕跡にその謎を究明 - BLACKBCAS

世界最古?44億年前のジルコン結晶体にはっきりになってくる太古の地球 - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス,   生き物,   動画, Posted by logx_tm